ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

プロフィール

熊画像Author:とよぴ~(プロフィール詳細
妻と2人の子どもの賑やかな4人家族です。
証券外務員の資格を持っていますが、仕事は関係ない物流関係。
バランスファンドによるコツコツ投資という、もっとも投資から距離をおいた投資スタイルでプライベートを充実♪
しかし!記事更新が楽しく、ブログ書くためにバランスファンドにした疑惑も浮上中(;´∀`)

スポンサーリンク

記事一覧

SBI証券のiDeCo(セレクトプラン)にeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を追加するべき

地球 グリーン 緑

2018年11月1日(木)よりSBI証券のiDeCoでセレクトプランの受付が開始されます。
SBI証券のiDeCo(セレクトプラン)は商品ラインナップの面で現状のiDeCoで最強の取扱金融機関と言ってもよいでしょう。

 参考  SBI証券のiDeCoに新プラン(セレクトプラン)が誕生!現行(オリジナルプラン)の顧客は選択を迫られる結果に

既存の顧客に提供している商品ラインナップの「オリジナルプラン」と、厳選された日本国内のベストな商品を取り揃えた「セレクトプラン」の2本立てとなったのですから、「セレクトプラン」は魅力度ではライバル他社に負けない競争力を維持し続ける必要があります。

» 記事の続きを読む

関連記事

つみたてNISAの移管手続 非課税口座開設届出書を楽天証券に提出!

2018-10-17.jpg

2019年から楽天証券で「つみたてNISA」をクレジットカード決済で積立投資していこうと考えているので、現在積立投資しているSBI証券から楽天証券へ移管する必要があります。

 参考  つみたてNISAの移管手続 まずはコールセンターに移管の連絡

コールセンターに来年からのつみたてNISA移管の手続きを連絡すると「金融商品取引業者等変更届出書」が届きます。
「金融商品取引業者等変更届出書」に「提出年月日」「氏名」を書いて返信すると「非課税管理勘定廃止通知書」が交付されます。
ここまでが前回の話

前回記事から5日経過した今日に「非課税管理勘定廃止通知書」が届きましたので、早速残りの作業を進めました。

SBI証券→楽天証券に限らず現在利用しているネット証券から来年は他社の「つみたてNISA」に変更したい人にとっては基本的に同じような手順となるのでブログにて記録しておきます。

» 記事の続きを読む

関連記事

松井証券がポイントサービスを開始!クレジットカード利用で貯まるポイントから投信購入も可能に

クレジットカード クレカ

松井証券は、2018年10月下旬から、「松井証券ポイント」を導入します。
それと同じくジャックスと提携してクレジットカード「MATSUI SECURITIES CARD」も発行します。

ポイントサービスの導入およびクレジットカードの発行について ~ポイントによる投資信託の購入に対応~|プレスリリース(PDF)
ポイントサービスの導入とクレジットカードの発行について | 松井証券

» 記事の続きを読む

関連記事

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の登場!日本を含む全世界株式の決定版が2018年10月31日設定

地球 グリーン 緑

ついに…ついに日本を含む全世界株式インデックスの大本命とも言うべき投資信託が登場します!

その名もeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

『eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』の設定について|プレスリリース(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

主要インデックスファンドの成績 2018年7月~9月

グラフ 電卓 比較表

各運用会社のインデックスファンドが充実してきた昨今、どれも同じベンチマークに連動しているので、どれがインデックスファンドとして良い運用をしているのかわからないこともしばしば。

「マンスリーレポート」や「月報」を見れば、ベンチマークとの差異の少なさから優秀なインデックスファンドを調べることができますが、そもそも各社が公開している「マンスリーレポート」や「月報」に記載されているベンチマークの数値すらバラバラで困ることもあります。

そこで各運用会社の主要インデックスファンドのリターンを「ベンチマークが配当込み指数」で「少数2位まで記載しているファンド」のベンチマークをもとに完全比較してみました。
※MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)は少数2位が見つかりません

» 記事の続きを読む

関連記事

マネックス資産設計ファンドの信託報酬引き下げとiDeCo採用&指定運用方法に選定

2018-10-12.png
画像元 マネックス証券

「マネックス資産設計ファンド」シリーズ(育成型・隔月分配型・エボリューション)の信託報酬が2018年10月12日から引下げられました。

さらにマネックス資産設計ファンド<育成型> についてはマネックス証券のiDeCoでも選定されて指定運用方法に適しているものとして採用されました。

信託報酬引き下げ! マネックス資産設計ファンド|マネックス証券

» 記事の続きを読む

関連記事

つみたてNISAの移管手続 まずはコールセンターに移管の連絡

2018-10-11.jpg

2019年から楽天証券で「つみたてNISA」をクレジットカード決済で積立投資していこうと考えているので、現在積立投資しているSBI証券から楽天証券へ移管する必要があります。

 参考  楽天証券口座の使い方は積立投資のほったらかし運用とポイント消費で投資を楽しむ

まだすべての移管作業は終了していませんが、SBI証券→楽天証券に限らず現在利用しているネット証券から来年は他社の「つみたてNISA」に変更したい人にとっては基本的に同じような手順となるのでブログにて記録しておきます。

» 記事の続きを読む

関連記事

水筒コーヒー生活をはじめました

水筒 帽子 芝生

節約ネタです。

いままで仕事では麦茶を水筒に入れて弁当の生活をしてきたのですが、麦茶だけでは味気ないので、もう一本コーヒー用に水筒を持つようになりました。

» 記事の続きを読む

関連記事

一括投資VS分散投資 8資産均等型バランスファンドの1年比較(2018年9月)

論争 夫婦 言い争い 戦争

毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。

実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにしました。

毎月確認していく企画で、長期的に何勝何敗になるのかチェックしていきます。

» 記事の続きを読む

関連記事

一括投資VS分散投資 先進国株式インデックスの1年比較(2018年9月)

論争 夫婦 言い争い 戦争

毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。

実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにしました。

毎月確認していく企画で、長期的に何勝何敗になるのかチェックしていきます。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます