ポートフォリオのタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:ポートフォリオ

  • 2017/01/02投資信託・ETF

    画像元 世界経済インデックスファンド ポートフォリオの見直しについて(PDF)低コストなバランスファンドとして定評のある三井住友トラスト・アセットマネジメントの世界経済インデックスファンドは、現在の市場動向等を鑑み年1回組入比率の見直しをするのですが、昨年末にポートフォリオの見直しについてのレポートがでました。同じく三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するSMT インデックスバランス・オープンもポー...

    記事を読む

  • 2015/12/29売買記録

    明日で東証も大納会(だいのうかい)となり年内の取引が終了となります。2015年の自身の売買記録は…というと、何かしらのファンドを売却した記憶がありませんので、昨年に引き続き、買いこそ継続して積立投資してきましたが、売りはなかったのでポートフォリオ売買回転率がゼロのまま無回転で終了しました。(参考)2014年は売買回転率がゼロのまま無回転で終了しますポートフォリオ売買回転率(ぽーとふぉりおばいばいかいてんり...

    記事を読む

  • 2015/08/23経済・その他ニュース

    2015年8月31日にJPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが予定されています。今回のJPX400構成銘柄の銘柄入れ替えは、追加43・除外42となっています。400銘柄中の40銘柄超とは、均等配分されているポートフォリオの10%が変更となります。JPX日経インデックス400とは日本取引所グループによると資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力...

    記事を読む

世界経済インデックスファンドの基本組入比率が変更され前前回に戻りました

世界経済インデックスファンドの基本組入比率変更2016年12月末
画像元 世界経済インデックスファンド ポートフォリオの見直しについて(PDF)

低コストなバランスファンドとして定評のある三井住友トラスト・アセットマネジメントの世界経済インデックスファンドは、現在の市場動向等を鑑み年1回組入比率の見直しをするのですが、昨年末にポートフォリオの見直しについてのレポートがでました。

同じく三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するSMT インデックスバランス・オープンもポートフォリオの見直しについてのレポートがでています。

 参考  世界経済インデックスファンド/世界経済インデックスファンド(債券シフト型)/世界経済インデックスファンド(株式シフト型) ポートフォリオの見直しについて(PDF)
 参考  SMT インデックスバランス・オープン ポートフォリオの見直しについて(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

2015年も前年に引き続きポートフォリオ売買回転率がゼロのまま無回転で終了しました

無回転 シュート サッカー 日本代表

明日で東証も大納会(だいのうかい)となり年内の取引が終了となります。

2015年の自身の売買記録は…というと、何かしらのファンドを売却した記憶がありませんので、昨年に引き続き、買いこそ継続して積立投資してきましたが、売りはなかったのでポートフォリオ売買回転率がゼロのまま無回転で終了しました。

(参考)2014年は売買回転率がゼロのまま無回転で終了します

ポートフォリオ売買回転率(ぽーとふぉりおばいばいかいてんりつ)

主に株式などを組み入れたポートフォリオについて、その時価総額と一定期間の売買代金との比率を示す指標。

売買(売買代金)回転率は、売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、一般にこの値が高いほど売買が活発であり、低いほど組入証券の保有期間が長期化しているとされる。

投資信託においては、相対的にポートフォリオ売買回転率が低いファンドの方が運用コストを抑えられる面もある。


上記のポートフォリオ売買回転率という用語説明は、投資信託の中で運用されている銘柄の売買回転について書かれていますが、この記事では、ファンドを保有している自分自身のポートフォリオ全体の売買について書いています。

» 記事の続きを読む

関連記事

JPX400は月末に構成銘柄の10%(追加43除外42)が定期入替されます

模様替え 壁にペンキを塗る

2015年8月31日にJPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが予定されています。

今回のJPX400構成銘柄の銘柄入れ替えは、追加43・除外42となっています。
400銘柄中の40銘柄超とは、均等配分されているポートフォリオの10%が変更となります。

JPX日経インデックス400とは日本取引所グループによると

資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数を創生します。
これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図ります。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます