TPP参加で農林水産業保護派が揺れています
その主張は関税のかからない海外の輸入農産物に価格競争で負けてしまうのがザックリした理由
ただ関税をかけて国内の農家を保護してきたツケが現在の農家の高齢化による後継者問題や大きすぎる休耕地の問題となっているわけで保護されると変わろうとする意識が面倒臭くなり衰退していく最大の理由なのかもしれません

» 記事の続きを読む

関連記事