国内債券のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


タグ:国内債券

国内債券のタグが付いた記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

2016-12-30 経済・景気動向
2016年の各インデックスのパフォーマンスを振り返ってみると、円高が進んでいましたが11月頃から年末に向けて急激な円安が進みました。まさに「行って来い」の1年です。国内株式と先進国債券の成績は不調に終わり、ヘッジ外株やヘッジ外債などヘッジなし資産より比較的低リスクな資産が好調な成績を収めています。新興国株式が他の株式アセットクラスよりもプラスになったのは、2015年の成績(-14.79%)がブッチギリで悪かった反動...

記事を読む

2016-09-01 経済・景気動向
 参考  各インデックスのパフォーマンス2016年9月をアップデートしました今月は為替ヘッジされたインデックスファンドの成績がよかったのが印象的な月でした。他にも「国内債券」がパフォーマンスで最下位というのは珍しいかもしれません。…とは言っても-0.99%なのですから最上位の「新興国債券・為替ヘッジ型」の1.95%との差をみても3%の範囲内ですので、今月はボラティリティの非常に低い1ヶ月でした。 アセットクラ...

記事を読む

2016-02-29 経済・景気動向
今月は国内株式が最大の下落でしたが、先進国・新興国も総じてマイナスとなっています。プラスとなっているのは国内債券およびヘッジ外債とヘッジ外株。今月は、日銀がマイナス金利を発表してから最初の計測月間だったので注目していましたが、リスク回避への動きが顕著だったように感じた2月でした。 参考  マイナス金利の時代がやってきた!…で何をするべきかまぁ…いまのところマイナス金利を発表したところで自身の投資スタイ...

記事を読む

2016年総括 上半期に低迷したものの下半期で復調した1年でした

各インデックスのパフォーマンス2016年総括

2016年の各インデックスのパフォーマンスを振り返ってみると、円高が進んでいましたが11月頃から年末に向けて急激な円安が進みました。まさに「行って来い」の1年です。

国内株式と先進国債券の成績は不調に終わり、ヘッジ外株やヘッジ外債などヘッジなし資産より比較的低リスクな資産が好調な成績を収めています。

新興国株式が他の株式アセットクラスよりもプラスになったのは、2015年の成績(-14.79%)がブッチギリで悪かった反動があったのかもしれませんね(;・∀・)

過去の年間総括2013年総括 国内株式および為替ヘッジなしリスク資産への投資が成功した1年でした
2014年総括 各インデックスはすべて上昇という脅威の結果
2015年総括 好調だった新興国が不振となった1年でした


 アセットクラス 2015年2016年 騰落率 
国内株式1935219333-0.10%
外国株式22091226572.56%
外国株式H12648136417.85%
新興国株式11505121145.29%
国内債券10956112372.56%
外国債券1548514818-4.31%
外国債券H10926110411.05%
新興国債券11700121353.72%
新興国債券H11650124436.81%

» 記事の続きを読む

関連記事

各インデックスのパフォーマンス2016年8月

各インデックスのパフォーマンス2016年8月

 参考  各インデックスのパフォーマンス2016年9月をアップデートしました

今月は為替ヘッジされたインデックスファンドの成績がよかったのが印象的な月でした。
他にも「国内債券」がパフォーマンスで最下位というのは珍しいかもしれません。

…とは言っても-0.99%なのですから最上位の「新興国債券・為替ヘッジ型」の1.95%との差をみても3%の範囲内ですので、今月はボラティリティの非常に低い1ヶ月でした。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式16699167830.50%
外国株式1969119618-0.37%
外国株式H13047131320.65%
新興国株式11031112041.57%
国内債券1152611412-0.99%
外国債券1420214092-0.77%
外国債券H11528115470.16%
新興国債券1130911305-0.04%
新興国債券H12995132491.95%

毎度のことながら、今月は特に子どもの夏休みやリオ五輪などもあり、ふり返ってみても株式市場をチェックすることが皆無だったように感じます。

» 記事の続きを読む

関連記事

各インデックスのパフォーマンス2016年2月

各インデックスのパフォーマンス2016年2月

今月は国内株式が最大の下落でしたが、先進国・新興国も総じてマイナスとなっています。
プラスとなっているのは国内債券およびヘッジ外債とヘッジ外株。

今月は、日銀がマイナス金利を発表してから最初の計測月間だったので注目していましたが、リスク回避への動きが顕著だったように感じた2月でした。

 参考  マイナス金利の時代がやってきた!…で何をするべきか

まぁ…いまのところマイナス金利を発表したところで自身の投資スタイルに変化が起こったのかというと『何も変わっていない』です。

ただ、投資スタイルが変わらないなりに、今まで保有していた国内債券については価格上昇の恩恵があったにせよ、今後の中長期国債の金利でもマイナスとなっている現状ではどうなっていくのか不透明ではあります。

主に国債で運用する国内債券インデックスファンドが新規販売を停止なんかしたら、再検討を余儀なくされますしね。

 アセットクラス  先月末  今月末  騰落率 
国内株式1790716225-9.39%
外国株式2012419278-4.20%
外国株式H11553117781.95%
新興国株式1042910021-3.91%
国内債券11089112741.67%
外国債券1572114906-5.18%
外国債券H11111112281.05%
新興国債券1152211003-4.50%
新興国債券H11683118711.61%

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます