引下げのタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:引下げ

  • 2017/09/05投信ニュース

    大和証券投資信託委託の「iFreeシリーズ」の信託報酬引下げの報道が日本経済新聞にありましたが、さっそくプレスリリースでもアップされました! 参考  iFree運用管理費用(信託報酬率)の引き下げについて - 大和証券投資信託委託(PDF)これだけでもビッグニュースなのですが、さらに同日のうちにアセットマネジメントOneの「たわらノーロードシリーズ」の信託報酬引下げがプレスリリースでアップされたのです! ...

    記事を読む

  • 2017/03/11投信ニュース

    日本における長期投資の元祖とも呼んでも過言ではないセゾン投信が運用する「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と、アクティブファンドの「セゾン資産形成の達人ファンド」の2ファンドの信託報酬(運用管理費用)が0.01%引下げられることになりました!それと直販系投信であるセゾン投信の顧客口座数が12万口座を突破したこともホームページで報告されています。(セゾン投信プレスリリースより)セゾン投信 2 本...

    記事を読む

  • 2017/02/09投信ニュース

    三菱UFJ国際投信が運用するeMAXISシリーズの国内外株式と債券の4本の信託報酬を、常に業界最低水準にする方針を固めました。 参考  三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低」に|日本経済新聞 三菱UFJ国際投信は株式などで運用する投信4本の運用手数料(信託報酬)を業界最低とする方針を固めた。ライバル各社が対抗して手数料を下げても、連動して「常に最低」を実現する。個人投資家のメリットは大きく...

    記事を読む

「iFree」「たわらノーロード」つみたてNISAスタートに向けて信託報酬の引下げが進む!

争い 戦い 競う アヒル

大和証券投資信託委託の「iFreeシリーズ」の信託報酬引下げの報道が日本経済新聞にありましたが、さっそくプレスリリースでもアップされました!

 参考  iFree運用管理費用(信託報酬率)の引き下げについて - 大和証券投資信託委託(PDF)

これだけでもビッグニュースなのですが、さらに同日のうちにアセットマネジメントOneの「たわらノーロードシリーズ」の信託報酬引下げがプレスリリースでアップされたのです!

 参考  「たわらノーロード」の信託報酬を一部引き下げ - アセットマネジメントOne(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

セゾン投信2ファンドの信託報酬引き下げと12万口座突破のお知らせ

セゾン投信

日本における長期投資の元祖とも呼んでも過言ではないセゾン投信が運用する「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と、アクティブファンドの「セゾン資産形成の達人ファンド」の2ファンドの信託報酬(運用管理費用)が0.01%引下げられることになりました!

それと直販系投信であるセゾン投信の顧客口座数が12万口座を突破したこともホームページで報告されています。

(セゾン投信プレスリリースより)
セゾン投信 2 本のファンド 運用管理費用(信託報酬)引き下げのお知らせ|2017/03/10(PDF)
セゾン投信の顧客口座数が12万口座を突破しました!|2017/03/09(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

eMAXISシリーズ4本(国内外株式&債券)の信託報酬を常に業界最低水準にする方針に!

炎とガスマスク 争い

三菱UFJ国際投信が運用するeMAXISシリーズの国内外株式と債券の4本の信託報酬を、常に業界最低水準にする方針を固めました。

 参考  三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低」に|日本経済新聞

 三菱UFJ国際投信は株式などで運用する投信4本の運用手数料(信託報酬)を業界最低とする方針を固めた。ライバル各社が対抗して手数料を下げても、連動して「常に最低」を実現する。個人投資家のメリットは大きく、投信の運用方針や実績に応じた選択肢が広がりそうだ。

 対象はインターネット専用投信「eMAXIS」シリーズのうち4本。国内外の株式、債券で市場平均並みの収益を狙う「パッシブ型」投信だ。

三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低」に:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます