投資信託環境のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:投資信託環境

  • 2015/07/11投資信託ニュース

    世界25カ国の投信市場を評価するレポートを、米国のモーニングスターが発表しています。日本の評価を前回(2013年)の「C」から「C-」に一段階引き下げた。今回で3回連続の引き下げとなり、「C-」は25カ国中、イタリアと並んで下から2番目に低い評価となる(図表1)。日本は“投信後進国”!?グローバル調査下位の理由より引用特に高コストと情報開示の分野で、世界標準から大きく評価をさげています。...

    記事を読む

  • 2015/04/20投資信託ニュース

    モーニングスターによると、株式投信の純資産総額が80兆2795億円と80兆円の大台を突破して、インデックスファンドが占める割合は20兆856億円と25%まで育ってきたようです。(3月の投信協会概況)これは喜ばしいことで、日本に限って言えばアクティブリスクを取らない大半のアクティブファンドは駆逐されるべきであり、比較すると低コストなインデックスファンドが50%以上のシェアをとってもよいでしょう。...

    記事を読む

世界25カ国の投信市場評価(2015年)で日本は24位 下には中国のみ

体調不良 悪い

世界25カ国の投信市場を評価するレポートを、米国のモーニングスターが発表しています。

日本の評価を前回(2013年)の「C」から「C-」に一段階引き下げた。今回で3回連続の引き下げとなり、「C-」は25カ国中、イタリアと並んで下から2番目に低い評価となる(図表1)。


特に高コストと情報開示の分野で、世界標準から大きく評価をさげています。

» 記事の続きを読む

関連記事

株式投信のインデックス比率は多いほど良い(日本限定)

実験 試験 比較

モーニングスターによると、株式投信の純資産総額が80兆2795億円と80兆円の大台を突破して、インデックスファンドが占める割合は20兆856億円と25%まで育ってきたようです。(3月の投信協会概況

これは喜ばしいことで、日本に限って言えばアクティブリスクを取らない大半のアクティブファンドは駆逐されるべきであり、比較すると低コストなインデックスファンドが50%以上のシェアをとってもよいでしょう。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます