指数のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:指数

  • 2017/06/24経済・その他ニュース

    MSCI新興国株式指数に中国A株を採用するとのニュースがありました。ロイターによると、中国の大型株222銘柄をMSCI新興国株指数に0.73%組み入れられます。中国A株の組入れは、2018年5月と8月の2段階で進められるとのこと。 参考  中国A株をMSCIエマージング・マーケット指数に組み入れへ | 東証マネ部! 参考  MSCI新興国株指数、中国株組み入れへ | ロイター 参考  MSCI、中国A株を新興国...

    記事を読む

  • 2016/06/05投資信託・ETF

    ETFの有価証券報告書や届出書には対象指数の使用料が明記されているのがわかったので、主要な株式指数がどの程度のライセンス料となっているのかをEDINETから調べてみました。 参考  対象指数の使用料(ライセンス料)は一律料金ではなかったという話やはり興味をもつのはニッチな指数ではなく日頃お世話になっているメジャーどころです。海外株式指数でもっとも利用されている「MSCIコクサイインデックス(円換算ベ...

    記事を読む

  • 2016/05/31投資信託・ETF

    同じ指数でもファンドによっては対象指数の使用料が違うという話。※マニアックすぎてスイマセンm(_ _)m今月は「設備・人材投資」をテーマにしたETFが2本ほど上場しましたが、来月もまた「設備・人材投資」をテーマにしたETFが2016年6月9日に2本ほど上場するようです。(モーニングスター新設ファンド情報より)iシェアーズ JPX/S&P 設備・人材投資ETF(信託報酬税抜0.19% ブラックロック・ジャパン)DIAM ETF JPX/S&P 設備・人材投資...

    記事を読む

MSCI新興国株式指数に2018年から中国A株が組み入れられます

英字新聞 ニュース お知らせ

MSCI新興国株式指数に中国A株を採用するとのニュースがありました。
ロイターによると、中国の大型株222銘柄をMSCI新興国株指数に0.73%組み入れられます。
中国A株の組入れは、2018年5月と8月の2段階で進められるとのこと。

 参考  中国A株をMSCIエマージング・マーケット指数に組み入れへ | 東証マネ部!
 参考  MSCI新興国株指数、中国株組み入れへ | ロイター
 参考  MSCI、中国A株を新興国指数に採用 市場開放進んだと判断:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

関連記事

各対象指数の使用料(ライセンス料)を見るとライセンス費用が年々割高に感じてくる

ライセンス 運転免許証

ETFの有価証券報告書や届出書には対象指数の使用料が明記されているのがわかったので、主要な株式指数がどの程度のライセンス料となっているのかをEDINETから調べてみました。

 参考  対象指数の使用料(ライセンス料)は一律料金ではなかったという話

やはり興味をもつのはニッチな指数ではなく日頃お世話になっているメジャーどころです。

海外株式指数でもっとも利用されている「MSCIコクサイインデックス(円換算ベース)」に連動する【1550】「MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(信託報酬0.25%程度)はこんな感じ。

対象指数についての商標(これに類する商標を含みます。)の使用料(信託財産の純資産総額に年0.05%(上限)を乗じて得た額)は、毎計算期末または信託終了のとき信託財産から支払うことができるものとします。

MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信

» 記事の続きを読む

関連記事

対象指数の使用料(ライセンス料)は一律料金ではなかったという話

お金・賃金・マネー

同じ指数でもファンドによっては対象指数の使用料が違うという話。
※マニアックすぎてスイマセンm(_ _)m

今月は「設備・人材投資」をテーマにしたETFが2本ほど上場しましたが、来月もまた「設備・人材投資」をテーマにしたETFが2016年6月9日に2本ほど上場するようです。

(モーニングスター新設ファンド情報より)
iシェアーズ JPX/S&P 設備・人材投資ETF(信託報酬税抜0.19% ブラックロック・ジャパン)
DIAM ETF JPX/S&P 設備・人材投資指数(信託報酬税抜0.165% DIAMアセットマネジメント)
※信託報酬がモーニングスターとEDINET情報で違うのは何故…。

以前の記事「設備・人材投資ETF」を購入する日銀ってJPX日経400(高ROE)と矛盾してないか!?でも書いたように、個人投資家がこのETFを積極的に購入する理由はないでしょう。

ETFの詳細についても特に書くことはないのですが、EDINET情報を見ていたら同じ指数「JPX/S&P 設備・人材投資指数」に連動するETF(上場投資信託)なのですが、対象指数の使用料(ライセンス料)に違いがありました。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます