暴落のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:暴落

  • 2017/07/11投資戦略

    全資産の10〜20%程度をリスク資産への投資に回しても、10%の下落程度で株価が気になって仕事どころじゃない人がいる。必要最低限の預貯金以外をすべて投資にまわして、半分以上の株価下落を体験しても平気な顔して投資し続ける人もいる。それは給与収入の違いによる余力であったり家庭持ちかフリーの違いによる違いであったり資産運用の経験値による違いであったり本などで得た知識の理解による違いであったり…様々です。リスク許...

    記事を読む

  • 2016/02/04人気記事ランキング

    2016年の人気記事ランキングも公開しています2016年は新興国株式を中心に大きく下げた1ヶ月となりました。(参考)各インデックスのパフォーマンス2016年1月1月ということで、もはや恒例となってきた感のある「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2015」の結果発表もありました!ランキング結果がどのようになったのか自分自身が興味津々です♪...

    記事を読む

  • 2016/01/30経済・景気動向

    2016年は年初から株式市場は大荒れで、リスク資産が大きく下げています。上記のパフォーマンスを見れば一目瞭然なのですが、債券↑株式↓↓という結果です。(参考)こんな暴落体験。投資初心者なら全力で一喜一憂して見るのもあり!?結果的に見れば株式資産に大きな比率を持っていた投資家や、近年の株価上昇によりポートフォリオにおける株式比率が大きいままリバランスなどの手入れをしなかった(したくなかった!?)投資家は元...

    記事を読む

リスク許容度は絶対的でも相対的でもなく個人的なこと

疑問 吹き出し 探す

全資産の10〜20%程度をリスク資産への投資に回しても、10%の下落程度で株価が気になって仕事どころじゃない人がいる。

必要最低限の預貯金以外をすべて投資にまわして、半分以上の株価下落を体験しても平気な顔して投資し続ける人もいる。

  • それは給与収入の違いによる余力であったり
  • 家庭持ちかフリーの違いによる違いであったり
  • 資産運用の経験値による違いであったり
  • 本などで得た知識の理解による違いであったり

…様々です。リスク許容度は人によります。

» 記事の続きを読む

関連記事

2016年1月 人気記事ランキング 新興国を中心に株式市場は暴落スタートとなりました

暴落 不景気 金融恐慌


2016年は新興国株式を中心に大きく下げた1ヶ月となりました。

(参考)各インデックスのパフォーマンス2016年1月


1月ということで、もはや恒例となってきた感のある「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2015」の結果発表もありました!

ランキング結果がどのようになったのか自分自身が興味津々です♪

» 記事の続きを読む

関連記事

各インデックスのパフォーマンス2016年1月

各インデックスのパフォーマンス2016年11月

2016年は年初から株式市場は大荒れで、リスク資産が大きく下げています。
上記のパフォーマンスを見れば一目瞭然なのですが、債券↑株式↓↓という結果です。

(参考)こんな暴落体験。投資初心者なら全力で一喜一憂して見るのもあり!?

結果的に見れば株式資産に大きな比率を持っていた投資家や、近年の株価上昇によりポートフォリオにおける株式比率が大きいままリバランスなどの手入れをしなかった(したくなかった!?)投資家は元通りになっているのかもしれません。

2016年1月の為替は行って来いの相場
画像元 米ドル/円|ヤフーファイナンス

個人的に興味深い結果となったのは外国債券(先進国債券)です。

各国が安全性資産と言われる債券にリスク回避したことによりプラスになることは想像できたのですが、為替市場では、比較的安全性資産と言われている『円』が買われているとの話を見聞きしていたので、てっきり円高により外国債券インデックスファンドの基準価額は下がっていると思っていました。

どうやら月末の数日で、急激な円安になっていたようです。

そして終わってみれば暴落と言われた2016年1月の株式は瞬間最大風速こそ大きなものでしたが、月間で確認してみると-10%もありませんでした。

 アセットクラス  先月末  今月末  騰落率 
国内株式1935217907-7.47%
外国株式2209120124-8.90%
外国株式H1264811553-8.66%
新興国株式1150510429-9.35%
国内債券10956110891.21%
外国債券15485157211.52%
外国債券H10926111111.69%
新興国債券11700115221.52%
新興国債券H11650116830.28%

もちろん来月以降がどのような相場環境になっているのかはわかりません。

神のみぞ知る「わからなないもの」をわかろうと努力するよりは、自分のできることを実行していくほうが健全です。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます