為替ヘッジのタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


タグ:為替ヘッジ

為替ヘッジのタグが付いた記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

2017-01-05 投資信託・ETF
野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズに「Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族」と「Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型」が登場します。正確にはFunds-iフォーカスシリーズになるので、コア投資となりうる既存インデックスファンドシリーズではなく、よりサテライト投資よりな性格の位置付けってところでしょうか。Funds-iサイトのお知らせでも2016年12月28日付けで掲載されていますが、詳細は書かれてい...

記事を読む

2016-09-16 投資信託・ETF
コスト革命のインデックスファンドの中心のひとつであるDIAMアセットマネジメントの「たわらノーロード」シリーズに先進国株式と先進国債券の為替ヘッジ型が登場することになりました!EDINET情報ですが速報でアウターガイさんと水瀬ケンイチさんがブログで紹介されています。たわらノーロードに為替ヘッジありの先進国株式・先進国債券が追加EDINETの有価証券届出書によると、DIAMが2016年10月3日付で、たわらノーロードシリーズ...

記事を読む

2016-09-01 経済・景気動向
 参考  各インデックスのパフォーマンス2016年9月をアップデートしました今月は為替ヘッジされたインデックスファンドの成績がよかったのが印象的な月でした。他にも「国内債券」がパフォーマンスで最下位というのは珍しいかもしれません。…とは言っても-0.99%なのですから最上位の「新興国債券・為替ヘッジ型」の1.95%との差をみても3%の範囲内ですので、今月はボラティリティの非常に低い1ヶ月でした。 アセットクラ...

記事を読む

Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族(為替ヘッジあり・なし)が登場します

Funds-iシリーズ(ファンズアイ)

野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズに「Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族」と「Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型」が登場します。

正確にはFunds-iフォーカスシリーズになるので、コア投資となりうる既存インデックスファンドシリーズではなく、よりサテライト投資よりな性格の位置付けってところでしょうか。

Funds-iサイトのお知らせでも2016年12月28日付けで掲載されていますが、詳細は書かれていませんので、アウターガイさんと同様にEDINETから調べてみました。

 参考  野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)|お知らせ|2016年|2017年1月10日、「Funds-iフォーカスシリーズ」として「米国株式配当貴族」「米国株式配当貴族・為替ヘッジ型」を新規に設定|野村アセットマネジメント
 参考  Funds-iに米国株式配当貴族指数連動型インデックスファンド2本が追加|バリュートラスト

» 記事の続きを読む

関連記事

たわらノーロードシリーズに先進国株式と先進国債券の為替ヘッジ型が登場!アセットマネジメントOneに社名も変わるよ

たわらノーロード

コスト革命のインデックスファンドの中心のひとつであるDIAMアセットマネジメントの「たわらノーロード」シリーズに先進国株式と先進国債券の為替ヘッジ型が登場することになりました!

EDINET情報ですが速報でアウターガイさんと水瀬ケンイチさんがブログで紹介されています。

たわらノーロードに為替ヘッジありの先進国株式・先進国債券が追加
EDINETの有価証券届出書によると、DIAMが2016年10月3日付で、たわらノーロードシリーズに新規ファンド2本を追加します。

低コスト・インデックスファンド「たわらノーロード」シリーズに先進国株式と先進国債券の<為替ヘッジあり>が追加 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
低コスト・インデックスファンド「たわらノーロード」シリーズに、先進国株式と先進国債券の<為替ヘッジあり>が追加になるという有価証券届出書がEDINETに掲載されています。

» 記事の続きを読む

関連記事

各インデックスのパフォーマンス2016年8月

各インデックスのパフォーマンス2016年8月

 参考  各インデックスのパフォーマンス2016年9月をアップデートしました

今月は為替ヘッジされたインデックスファンドの成績がよかったのが印象的な月でした。
他にも「国内債券」がパフォーマンスで最下位というのは珍しいかもしれません。

…とは言っても-0.99%なのですから最上位の「新興国債券・為替ヘッジ型」の1.95%との差をみても3%の範囲内ですので、今月はボラティリティの非常に低い1ヶ月でした。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式16699167830.50%
外国株式1969119618-0.37%
外国株式H13047131320.65%
新興国株式11031112041.57%
国内債券1152611412-0.99%
外国債券1420214092-0.77%
外国債券H11528115470.16%
新興国債券1130911305-0.04%
新興国債券H12995132491.95%

毎度のことながら、今月は特に子どもの夏休みやリオ五輪などもあり、ふり返ってみても株式市場をチェックすることが皆無だったように感じます。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます