事業主は65歳までの安定した雇用を確保するためにいずれかの選択をしています

  • 継続雇用制度の導入
  • 定年年齢の65歳への引上げ
  • 定年制の廃止

日本では65歳で定年を向かえる会社が多数で定年制を廃止を選択しているのは3%程度に過ぎません
2006年の電通の調査によれば男性の77%が定年後も組織で働くことを望み(75%は定年前に働いていた企業を希望)、働くことを希望した者のうち、フルタイム希望者が47%、パート・アルバイト希望者が40%となっている。
2007年団塊世代退職市場攻略に向けた調査レポート「退職後のリアル・ライフ Ⅱ」より
働きたい社員←→定年退職の職場のギャップが存在しています

» 記事の続きを読む

関連記事