食料自給率とは自分達(農水省)にとって都合の良い自作自演のデータであることが本書を読むことでよくわかる

食料自給率の向上という一大キャンペーンを展開することで農業のことを真剣に考えているように見えるが
実際には農家のことや消費者のこと・・・国民の国益について考えてはいないのである

» 記事の続きを読む

関連記事