1万円札束の上に小さなビジネスマン

日本人のためのピケティ入門を読みました。

700ページもある原典を思いっきり要約しているので、ピケティの『21世紀の資本』をどこまで理解できているのか、甚だ疑問ではありますが、『日本人のためのピケティ入門』を読んで思いついた感想なんてものを書いてみます。

結論としては水瀬ケンイチさんのピケティの教えのメリットをもっとも簡単に享受する方法(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)とほぼ同じ結果でしたので、違った視点で書いています。

» 記事の続きを読む