MSCIのタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:MSCI

  • 2017/07/21投資戦略

    MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎるので、自分がいままで疑問に思ってきたことや調べてきた流れとともに記録しておきます。MSCI勉強会とは、東京証券取引所が主催でMSCI社の方にお話が伺う「MSCI勉強会セミナー」とのこと。こういうマニアックな集いが東京ではよく行われていて凄いなぁ~といつも感心しています。 参考  MSCI勉強会に参加 指数のライセンスフィーの仕組みを詳しく聞いてきました - イ...

    記事を読む

  • 2017/06/24経済・その他ニュース

    MSCI新興国株式指数に中国A株を採用するとのニュースがありました。ロイターによると、中国の大型株222銘柄をMSCI新興国株指数に0.73%組み入れられます。中国A株の組入れは、2018年5月と8月の2段階で進められるとのこと。 参考  中国A株をMSCIエマージング・マーケット指数に組み入れへ | 東証マネ部! 参考  MSCI新興国株指数、中国株組み入れへ | ロイター 参考  MSCI、中国A株を新興国...

    記事を読む

  • 2015/12/01経済・景気動向

    2015年11月はすべてのアセットクラスのボラティリティーが±2%以内に収まってて、方向性のない1ヶ月となりました。強いて言えば、新興国株式がジリジリと下がり続けています。先日の韓国がMSCI指数での新興国カテゴリから先進国入りを目指していたりと、新興国株式アセットは元気が無い状態が続いていますが、永遠に下がるものではありませんし、長期的な視野で投資している人にとっては、またとない投資機会が継続中なのかもしれま...

    記事を読む

MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎる件

ライセンス 運転免許証

MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎるので、自分がいままで疑問に思ってきたことや調べてきた流れとともに記録しておきます。

MSCI勉強会とは、東京証券取引所が主催でMSCI社の方にお話が伺う「MSCI勉強会セミナー」とのこと。こういうマニアックな集いが東京ではよく行われていて凄いなぁ~といつも感心しています。

 参考  MSCI勉強会に参加 指数のライセンスフィーの仕組みを詳しく聞いてきました - インデックス投資日記@川崎

» 記事の続きを読む

関連記事

MSCI新興国株式指数に2018年から中国A株が組み入れられます

英字新聞 ニュース お知らせ

MSCI新興国株式指数に中国A株を採用するとのニュースがありました。
ロイターによると、中国の大型株222銘柄をMSCI新興国株指数に0.73%組み入れられます。
中国A株の組入れは、2018年5月と8月の2段階で進められるとのこと。

 参考  中国A株をMSCIエマージング・マーケット指数に組み入れへ | 東証マネ部!
 参考  MSCI新興国株指数、中国株組み入れへ | ロイター
 参考  MSCI、中国A株を新興国指数に採用 市場開放進んだと判断:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

関連記事

各インデックスのパフォーマンス2015年11月

各インデックスのパフォーマンス2015年11月

2015年11月はすべてのアセットクラスのボラティリティーが±2%以内に収まってて、方向性のない1ヶ月となりました。

強いて言えば、新興国株式がジリジリと下がり続けています。
先日の韓国がMSCI指数での新興国カテゴリから先進国入りを目指していたりと、新興国株式アセットは元気が無い状態が続いていますが、永遠に下がるものではありませんし、長期的な視野で投資している人にとっては、またとない投資機会が継続中なのかもしれません。

(参考)時価総額だけでは先進国と呼ばれない 株式市場や通貨の国際化

 アセットクラス  先月末  今月末  騰落率 
国内株式19476197481.40%
外国株式22400226361.05%
外国株式H12751127980.37%
新興国株式1219912049-1.23%
国内債券1089810893-0.05%
外国債券1573015714-0.10%
外国債券H11011110270.15%
新興国債券12111121120.01%
新興国債券H11884118940.08%
※Funds-iシリーズの基準価額からデータを取得

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます