S&P500のタグ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

タグ:S&P500

  • 2018/08/22投資信託・ETF

    大和証券投資信託委託のiFreeシリーズに「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス」が登場します。新ファンドのお知らせ【iFreeレバレッジ S&P500】|プレスリリース(PDF)新ファンドのお知らせ【iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス】 |プレスリリース(PDF)以前にGPIFの基本ポートフォリオに連動する「iFree 年金バランス」を紹介しましたが、同日2018年8月31日に設定されるファンドでS&P500のレバ...

    記事を読む

  • 2017/08/30投資信託・ETF

    「iFree S&P500 インデックス」明日(2017年8月31日)から新規設定されます。アウターガイさんをはじめとした投信ブロガーのEDINET情報から知りました。 参考  大和証券投資信託委託がiFreeシリーズに先進国株式(為替ヘッジあり)とS&P500指数連動型の2本を追加:バリュートラスト 参考  iFree S&P500 インデックスが信託報酬年率0.243%で登場予定:投信で手堅くlay-up!iFree公式ページからのプレスリリース...

    記事を読む

  • 2017/03/23投資戦略

    栄枯盛衰。時代の変化とともに新たな業種が生まれては消えていきます。自分が子どもの頃には、スマホどころかケータイもPHSもポケベルも身近にはなく、駅前やコンビニには公衆電話がありテレホンカードを使って電話していたことを思い出します。音楽を聴くといったらCDをレンタルビデオ屋で借りてきて、ハイポジまたはメタルのカセットテープに入れて聴いていました。ミニディスク(MD)が出た当時は「時代が変わったなぁ~」と思...

    記事を読む

iFreeレバレッジ S&P500、iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスが2018年8月31日に登場

iFreeインデックスシリーズ 450px

大和証券投資信託委託のiFreeシリーズに「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス」が登場します。

新ファンドのお知らせ【iFreeレバレッジ S&P500】|プレスリリース(PDF)
新ファンドのお知らせ【iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス】 |プレスリリース(PDF)

以前にGPIFの基本ポートフォリオに連動する「iFree 年金バランス」を紹介しましたが、同日2018年8月31日に設定されるファンドでS&P500のレバレッジ型はもちろん、NASDAQ100指数を投資対象としたインデックスファンドもいままで例がない新商品です。

» 記事の続きを読む

関連記事

iFree S&P500 インデックスが登場します

iFreeインデックスシリーズ 450px

「iFree S&P500 インデックス」明日(2017年8月31日)から新規設定されます。
アウターガイさんをはじめとした投信ブロガーのEDINET情報から知りました。

 参考  大和証券投資信託委託がiFreeシリーズに先進国株式(為替ヘッジあり)とS&P500指数連動型の2本を追加:バリュートラスト
 参考  iFree S&P500 インデックスが信託報酬年率0.243%で登場予定:投信で手堅くlay-up!

iFree公式ページからのプレスリリースはありません。
今夜か明日には公開されている…はずです^^;


追記(2017年8月31日)販売会社にマネックス証券が確認できました!
 参考  iFree S&P500インデックス取扱販売会社 / 大和証券投資信託委託株式会社

» 記事の続きを読む

関連記事

10年間で株式上位銘柄はどのように変化したのかを日米で確認してみた

虫めがね 検索 調査 分析

栄枯盛衰。時代の変化とともに新たな業種が生まれては消えていきます。

自分が子どもの頃には、スマホどころかケータイもPHSもポケベルも身近にはなく、駅前やコンビニには公衆電話がありテレホンカードを使って電話していたことを思い出します。

音楽を聴くといったらCDをレンタルビデオ屋で借りてきて、ハイポジまたはメタルのカセットテープに入れて聴いていました。
ミニディスク(MD)が出た当時は「時代が変わったなぁ~」と思いふけったものです。

生活が変われば、その時代を彩った会社だって移り変わるはず。
10年間という短い期間ですが、米国株式の「S&P500」と日本株式の「TOPIX」の上位10銘柄にどのような変化があったのかを調べてみました。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます