経済・景気動向のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:経済・景気動向

  • 2017/07/31経済・景気動向

    2017年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。新興国株式が+3.81%と好調であったことを筆頭に、株式アセットクラスがプラスになりました。6月マイナスだったJ-REITが7月プラスに、6月プラスだった外国REITが7月マイナスの結果になっているのを見ると、分散投資をすることでプラスとマイナスのアセットクラスの凸凹をうまいこと平滑化してくれていることを再確認できます。...

    記事を読む

  • 2017/06/30経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年7月をアップデートしました2017年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。国内債券が先月に引き続き低調のようです。先月に引き続きプラスを維持しているのは「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「先進国債券」「新興国債券」となりました。J-REITだけ-2%超を記録していますが、比較的堅調な1ヶ月でした。...

    記事を読む

  • 2017/06/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年6月をアップデートしました2017年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。国内債券と外国REITが下げましたが、全体的には堅調なパフォーマンスとなっています。先月に引き続き、北朝鮮のミサイルや核実験などで東アジアが緊迫していますが、いまのところ株式市場は特に影響は見受けられません。特に株式アセットクラスは先月の総プラスに続いて好調な印象です。新興国株式で3%超を記...

    記事を読む

  • 2017/04/28経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年5月をアップデートしました2017年4月の各アセットクラスのパフォーマンスです。結果はJ-REITを除いて、全てのアセットクラスで小幅ながらもプラスで終了しています。最近は北朝鮮のミサイルや核実験などで東アジアが緊迫していますが、いまのところ株式市場は特に影響は見受けられません。J-REITは2ヶ月連続の下落。先月は同じように下げていた外国REITは今月復調しました。特に大きな価格...

    記事を読む

  • 2017/04/01経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年4月をアップデートしました2017年3月の各アセットクラスのパフォーマンスです。2月はアセットクラス別で1位、2位のハイパフォーマンスだった「外国REIT」と「外国REIT・為替ヘッジ型」でしたが、今回は最低のパフォーマンス1位と2位を獲得です。そして特筆するべきは先月と同様に好調が続いている新興国株式アセットクラスです。特定のアセットクラスに張る投資手法だと当たれば大きいが外...

    記事を読む

  • 2017/02/28経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年3月をアップデートしました今月から記事タイトル名の「インデックス」を「アセットクラス」に変更しました。「先月の騰落率」「REITアセットクラス」の2点を追加しています。 参考  経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします先月も好調だった新興国株式は今月も引き続き堅調なパフォーマンス。全体的には±5%を超えるアセットクラスはな...

    記事を読む

  • 2017/02/27経済・景気動向

    毎月末もしくは月初に書いてきた「経済・景気動向」カテゴリの「各インデックスのパフォーマンス」ですが、不評だったらさっさと止めていた企画のつもりが(笑)、2013年から一定のアクセス数があり根強い人気となっています。おかげさまで自分にとっても、普段は相場をまったく気にしていない日々を送っていますが、表やグラフを作成するこの企画があるので簡単ながらもチェックできるようになりました。この経済・景気動向として...

    記事を読む

  • 2017/01/31経済・景気動向

    2017年1月は、月間で5%を超えるような特に大きな値動きをしたアセットクラスはありません。強いて言えば新興国株式が先月に引き続き好調だったようです。トランプ大統領が就任されて、株式市場の今後の動向は不透明ですが、そもそも株価の行く末は短期的には不透明なものと考えていればするべきことはシンプルなものです。 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 国内株式19333193670.18%外国株式2265722573-0.37%外国...

    記事を読む

  • 2016/12/30経済・景気動向

    2016年の各インデックスのパフォーマンスを振り返ってみると、円高が進んでいましたが11月頃から年末に向けて急激な円安が進みました。まさに「行って来い」の1年です。国内株式と先進国債券の成績は不調に終わり、ヘッジ外株やヘッジ外債などヘッジなし資産より比較的低リスクな資産が好調な成績を収めています。新興国株式が他の株式アセットクラスよりもプラスになったのは、2015年の成績(-14.79%)がブッチギリで悪かった反動...

    記事を読む

  • 2016/12/30経済・景気動向

    各インデックスのパフォーマンス2017年1月をアップデートしました過去13年間で12月は10回も上昇すると言われるほど年末の株式市場は好調になりやすい時期らしいのですが、2016年12月もまた国内・先進国・新興国の株式はプラスに終わりました。…とは言え、12月だけ株式市場に参戦すれば高確率で勝てるのかと考えるのは短絡的です。12月が高確率で勝てるという根拠は薄いですし、毎年12月だけ参加~売り抜くには売買コストがかさみま...

    記事を読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年7月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年7月

2017年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。
新興国株式が+3.81%と好調であったことを筆頭に、株式アセットクラスがプラスになりました。

6月マイナスだったJ-REITが7月プラスに、6月プラスだった外国REITが7月マイナスの結果になっているのを見ると、分散投資をすることでプラスとマイナスのアセットクラスの凸凹をうまいこと平滑化してくれていることを再確認できます。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年6月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年6月


2017年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。
国内債券が先月に引き続き低調のようです。

先月に引き続きプラスを維持しているのは「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「先進国債券」「新興国債券」となりました。

J-REITだけ-2%超を記録していますが、比較的堅調な1ヶ月でした。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年5月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年5月


2017年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。
国内債券と外国REITが下げましたが、全体的には堅調なパフォーマンスとなっています。

先月に引き続き、北朝鮮のミサイルや核実験などで東アジアが緊迫していますが、いまのところ株式市場は特に影響は見受けられません。

特に株式アセットクラスは先月の総プラスに続いて好調な印象です。
新興国株式で3%超を記録しましたが、比較的平穏としていた1ヶ月でした。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年4月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年4月


2017年4月の各アセットクラスのパフォーマンスです。
結果はJ-REITを除いて、全てのアセットクラスで小幅ながらもプラスで終了しています。

最近は北朝鮮のミサイルや核実験などで東アジアが緊迫していますが、いまのところ株式市場は特に影響は見受けられません。

J-REITは2ヶ月連続の下落。先月は同じように下げていた外国REITは今月復調しました。
特に大きな価格変動もなく比較的平穏としていた1ヶ月でした。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式19421196651.26%
外国株式23214233630.64%
外国株式H14364145131.04%
新興国株式13135132390.79%
国内債券11182112340.47%
外国債券14371144520.56%
外国債券H10981110310.46%
新興国債券12453124720.15%
新興国債券H12884130381.20%
J-REIT2248021981-2.22%
外国REIT23406237701.56%
外国REIT・H13398136942.21%

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年3月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年3月


2017年3月の各アセットクラスのパフォーマンスです。

2月はアセットクラス別で1位、2位のハイパフォーマンスだった「外国REIT」と「外国REIT・為替ヘッジ型」でしたが、今回は最低のパフォーマンス1位と2位を獲得です。

そして特筆するべきは先月と同様に好調が続いている新興国株式アセットクラスです。
特定のアセットクラスに張る投資手法だと当たれば大きいが外れてしまうと損失もまた大きい。

販売されているもの全部を買うべきということではありませんが、投資するアセットクラスを分散して保有していくのがベターであるとブログ記事を作るたびに学んでいます。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式1954419421-0.63
外国株式23004232140.91
外国株式H14228143640.96
新興国株式12813131352.51
国内債券1120111182-0.17
外国債券1437414371-0.02
外国債券H1101010981-0.26
新興国債券12259124531.58
新興国債券H12828128840.44
J-REIT2295522480-2.07
外国REIT2411823406-2.95
外国REIT・H1379513398-2.88

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年2月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年2月


今月から記事タイトル名の「インデックス」を「アセットクラス」に変更しました。
「先月の騰落率」「REITアセットクラス」の2点を追加しています。

 参考  経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします

先月も好調だった新興国株式は今月も引き続き堅調なパフォーマンス。
全体的には±5%を超えるアセットクラスはなかったので平穏な1ヶ月になりました。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式19367195440.91
外国株式22573230041.91
外国株式H13783142283.23
新興国株式12557128132.04
国内債券11170112010.28
外国債券1445714374-0.57
外国債券H10903110100.98
新興国債券12072122591.55
新興国債券H12583128281.95
J-REIT2316722955-0.92
外国REIT23293241183.54
外国REIT・H13191137954.58

» 記事の続きを読む

経済・景気動向としてウォッチしていたFunds-iのパフォーマンスをリニューアルします

シフトチェンジ 変更

毎月末もしくは月初に書いてきた「経済・景気動向」カテゴリの「各インデックスのパフォーマンス」ですが、不評だったらさっさと止めていた企画のつもりが(笑)、2013年から一定のアクセス数があり根強い人気となっています。

おかげさまで自分にとっても、普段は相場をまったく気にしていない日々を送っていますが、表やグラフを作成するこの企画があるので簡単ながらもチェックできるようになりました。

この経済・景気動向としてウォッチしていた「各インデックスのパフォーマンス」を次回からは「アセットクラスのパフォーマンス」と名称を変えて内容をリニューアルします。

» 記事の続きを読む

各インデックスのパフォーマンス2017年1月

アセットクラスのパフォーマンス2017年1月

各インデックスのパフォーマンス2017年1月

2017年1月は、月間で5%を超えるような特に大きな値動きをしたアセットクラスはありません。
強いて言えば新興国株式が先月に引き続き好調だったようです。

トランプ大統領が就任されて、株式市場の今後の動向は不透明ですが、そもそも株価の行く末は短期的には不透明なものと考えていればするべきことはシンプルなものです。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式19333193670.18%
外国株式2265722573-0.37%
外国株式H13641137831.04%
新興国株式12114125573.66%
国内債券1123711170-0.60%
外国債券1481814457-2.44%
外国債券H1104110903-1.25%
新興国債券1213512072-0.52%
新興国債券H12443125831.13%

» 記事の続きを読む

2016年総括 上半期に低迷したものの下半期で復調した1年でした

各インデックスのパフォーマンス2016年総括

2016年の各インデックスのパフォーマンスを振り返ってみると、円高が進んでいましたが11月頃から年末に向けて急激な円安が進みました。まさに「行って来い」の1年です。

国内株式と先進国債券の成績は不調に終わり、ヘッジ外株やヘッジ外債などヘッジなし資産より比較的低リスクな資産が好調な成績を収めています。

新興国株式が他の株式アセットクラスよりもプラスになったのは、2015年の成績(-14.79%)がブッチギリで悪かった反動があったのかもしれませんね(;・∀・)

過去の年間総括2013年総括 国内株式および為替ヘッジなしリスク資産への投資が成功した1年でした
2014年総括 各インデックスはすべて上昇という脅威の結果
2015年総括 好調だった新興国が不振となった1年でした


 アセットクラス 2015年2016年 騰落率 
国内株式1935219333-0.10%
外国株式22091226572.56%
外国株式H12648136417.85%
新興国株式11505121145.29%
国内債券10956112372.56%
外国債券1548514818-4.31%
外国債券H10926110411.05%
新興国債券11700121353.72%
新興国債券H11650124436.81%

» 記事の続きを読む

各インデックスのパフォーマンス2016年12月

各インデックスのパフォーマンス2016年12月


過去13年間で12月は10回も上昇すると言われるほど年末の株式市場は好調になりやすい時期らしいのですが、2016年12月もまた国内・先進国・新興国の株式はプラスに終わりました。

…とは言え、12月だけ株式市場に参戦すれば高確率で勝てるのかと考えるのは短絡的です。
12月が高確率で勝てるという根拠は薄いですし、毎年12月だけ参加~売り抜くには売買コストがかさみます。(だから誰もが考えたとしても実行する人は滅多にいない)

12月に強いという経験則や法則、癖と言ったアノマリーは、(個人的には)数字遊びの結果論程度に見ていて参考にしたことはありません。

 アセットクラス  先月末   今月末  騰落率 
国内株式18690193333.44%
外国株式21323226576.26%
外国株式H13254136412.92%
新興国株式11688121143.64%
国内債券1130311237-0.58%
外国債券14377148183.07%
外国債券H1104611041-0.05%
新興国債券11496121355.56%
新興国債券H12348124430.77%

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます