人気記事ランキングのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:人気記事ランキング

2017年5月 人気記事ランキング ポイントで投信を購入できるサービスが話題になりました

グッドポーズ 喜び 感謝

2017年5月は16本の記事を投稿しました。

3・4月に引き続きeMAXIS Slimシリーズが話題となりました。
4月はeMAXIS Slimシリーズのバランスファンド「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が発表されたことが話題になりましたが
今回は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の投資記録にアクセスをいただきました。

他にランキングで注目するところは、楽天証券が発表した買い物で貯まる「楽天スーパーポイント」で投資信託を購入できるサービスの発表も大きな話題となりました。
関東で暑い日が続いていたので、2年前に書いた100均ショップのグッズで涼しくなる小技が再びランクインしています。

» 記事の続きを読む

2017年4月 人気記事ランキング eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の登場が話題になりました

eMAXIS Slim

2017年4月は16本の記事を投稿しました。

3月はeMAXIS Slimシリーズが話題となりましたが、4月はeMAXIS Slimシリーズのバランスファンド「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が発表されたことが話題になりました

eMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドは4本の設定なので、8資産均等型の残りの新興国やREITについては今後リリースされていくのかが注目されます。

他にはネット証券の投資信託ランキングなど新シリーズを始めてみました。
ニーズがありそうなら定期ネタにしていこうかと考えています。

» 記事の続きを読む

2017年3月 人気記事ランキング iFree8資産バランスのSBI証券iDeCo登場が話題になりました

iFreeインデックスシリーズ 450px

2017年3月は16本のブログ記事を書きました。

先月に引き続き「ひふみ投信」の記事にアクセスを集めましたが、アクセスランキング第1位はiFree8資産バランスがSBI証券のiDeCo口座にて登場したことが注目となりました。

iFree8資産バランスはもっとも低コストなバランスファンドで、iDeCo(個人型DC)の投資信託としても、まったく遜色のないコスト水準となっています。

SBI証券のiDeCo口座では、SBI資産設計オープン(スゴ6)やターゲットイヤー型ファンドなどはありましたが、最近のコスト革命をキッカケにした保有コストの低さに注目したファンドは皆無だったので大注目のファンドと言えます。

» 記事の続きを読む

2017年2月 人気記事ランキング ひふみ投信のカンブリア宮殿とeMAXIS Slim登場が話題になりました

ひふみ投信 ためて、ふやして、進化する。

2017年3月 人気記事ランキングをアップデートしました

2017年2月は15本の記事を投稿しました。

その中でアクセスを集めたのが、カンブリア宮殿で登場した「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんと、日本経済新聞の情報から話題になり活発に議論されていたeMAXIS Slimシリーズの記事でした。

このブログでは「ほったらかし投資」を最重要視しているので、「ひふみ投信」のような個人投資家との対話を重視する直販系アクティブファンドを取り上げることは少ないのですが、日本国内の投資信託の中では頭ひとつふたつ抜けた存在であることは認めざるを得ません。

それと普段は投資信託を運用する会社がテレビで特集されることも稀ですので、そういう意味でもカンブリア宮殿は楽しく視聴させていただきました。

業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドとしてeMAXIS Slimシリーズが発表されましたが、eMAXISで積み立ててきた投資家には既存のファンドの信託報酬が引き下げられずに、新規設定のファンドが登場したので複雑な感情を抱いた人も多数…。

それでも業界最低水準を約束されたインデックスファンドですので、今後の純資産残高がどのように伸びていくのかは注目です。

他にはランキング外も含めると時期的に確定申告の話題もアクセスされています。

» 記事の続きを読む

2017年1月 人気記事ランキング 読者からの質問への回答が1位獲得!

読書 まったり時間

2017年2月 人気記事ランキングをアップデートしました

今月はいままでになく珍しい現象が起こりました。

最近、資産運用に興味をもった投資初心者からTwitterで相談をされた時のブログ記事が月間で一番アクセスをいただけました!

やはり読者あってのブログだと再認識♪

なんでもかんでも質問に応えているわけではありませんが、相手が誠実であることや、わからないポイントがわかるところまでは自身で学んできていること…感覚的な話ですが何らかのヒントになってくれればいいなと思える人にはなるべく回答しています。

まぁ…回答を返信メールではなくブログ記事にしているのは珍しいことでしたが、アクセス数のて手応えを見ると初心者向けのQ&Aみたいな記事には一定の需要があるのかな。

新たな発見でした(^^)

それと「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」関連として上位ファンドに対しての検索流入や授賞式の話題そのものもアクセスランキングの上位に目立っています。

» 記事の続きを読む

2016年12月 人気記事ランキング 振り返ると年末っぽい記事ばかり

大丈夫 ばっちり グー

2016年の人気記事ランキングも公開しています
2017年1月 人気記事ランキングをアップデートしました

2016年12月は師走で忙しかった影響から、記事本数が15本…ほとんど大晦日近くの年末に集中していたので、月中はパソコンにも触れられない日々が続きました。

そんな中でも、「忙しいけど資産運用は大丈夫」や「年末だからポートフォリオの見直し・シンプル化」、「来年イベントに向けてのみんなの意見をください」など、この時期ならではの内容が上位に目立っていました。

» 記事の続きを読む

2016年の人気記事ランキング 長期になるほど新着より検索流入が強い傾向

集計 ビジネス まとめ

もうすぐ2016年も終わりになりますので、当ブログの年間ランキングを調べてみました。
毎月公開している人気記事ランキングと違い、年間のように長期になるほど新着記事よりも何年も前に書いていた古い記事が検索されて読まれている印象です。

なので、年間ランキングを集計してみると、昨年も一昨年も上位でランクインされていた記事が今年も入っていることが非常に多いです。

» 記事の続きを読む

2016年11月 人気記事ランキング 松井証券の投資信託(投信工房)が話題になりました

要望 問い合わせ リクエスト


2016年11月は、久しぶりに20本ものブログ記事を作成できました。

師走に入り、年末は忙しくなると予想できますので今月は減るかもしれませんが、自分含め投信ブロガー及び訪問してくださる投資クラスタさんは健康に注意して師走を乗り越えましょう♪

11月は松井証券が投資信託販売を再開したことが話題になりましたが、ランキングでも2本が入っていますので、松井証券に関心が高い人は潜在的に多くいるような気がします。

…他社でもリバランス積立できないかなぁ~。

Google Analyticsによるアクセス解析を参考にしています
 参考  Google Analyticsによるアクセス解析の説明と注意点

» 記事の続きを読む

2016年10月 人気記事ランキング <購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬引き下げが話題となりました

ニッセイAMから信託報酬0.29%(税抜)のTOPIXインデックスファンド登場

2016年11月 人気記事ランキングをアップデートしました
2016年の人気記事ランキングも公開しています

2016年10月は<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬引き下げが話題となりました。

昨年の今頃に引き続き2年連続で保有コストである信託報酬を引き下げて、業界最安値の看板を取り戻した<購入・換金手数料なし>シリーズはスゴいとしか言いようがない!

純資産残高も順調に積み上がることで採算が合ってくるような良い循環となりますように♪

Google Analyticsによるアクセス解析を参考にしています
 参考  Google Analyticsによるアクセス解析の説明と注意点

» 記事の続きを読む

2016年9月 人気記事ランキング iDeCo誕生でiDeCo向け低コスト投信競争に拍車がかかりました

老夫婦 年金 散歩

2016年10月 人気記事ランキングをアップデートしました
2016年の人気記事ランキングも公開しています

2016年9月は以前から公募されていた個人型確定拠出年金の愛称が『iDeCo』に決定!

楽天証券のiDeCoのラインナップが発表されたことにより、楽天証券とSBI証券によるiDeCo向け低コスト投信競争に拍車がかかりました。

楽天証券ではセゾン投信の2ファンド
SBI証券ではひふみ年金

低コストなインデックスファンドだけでなく直販系投信の取り組みもありお気に入りのアクティブファンドの有無でiDeCoの口座を選択する人もいることでしょう。

個人的にはインデックスファンドを基本にしてるのでiDeCo向け投信でアクティブファンドを選んでいませんが、アクティブファンドの充実も国内投信の活性化と正常化には必要不可欠ですので、似非インデックスではない本物志向のアクティブファンドには陰ながら応援しています。

2016年9月はiDeCoという愛称の誕生とともに直販投信がiDeCo向けに続々と販路拡大していたことも国内の投資信託にとって歴史的な瞬間だったのかもしれません。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます