最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

スマホからiDeCoの時代。KDDI(au)がKDDIアセットマネジメントを設立!

スマホ スマートフォンを持つ手

携帯電話の大手キャリア3社の一角であるau(KDDI)が、大和証券グループと手を組んでiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入するようです。

KDDIと大和証券、スマホで資産運用 若年層取り込み|朝日新聞
KDDI、大和証券と新会社 スマホアプリで資産運用|SankeiBiz

» 記事の続きを読む

SBI証券の投資信託が積立設定金額100億円を突破しました!

コツコツ 積立 積み上げる

SBI証券の投資信託が月間の積立設定金額100億円を突破しました!

【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額100億円突破のお知らせ |SBI証券

» 記事の続きを読む

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の信託報酬が対抗値下げで0.209%へ!

eMAXIS Slim

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の信託報酬が0.21%→0.209%に値下げです。
2018年2月27日から新しい運用管理費用(信託報酬)が適用されます。

これは2018年2月13日に新規設定される<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)の信託報酬0.209%と並ぶ対抗値下げとなります。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ページに2018年02月01日のプレスリリースで書かれていました。

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信

» 記事の続きを読む

松井証券がiDeCoを2018年3月下旬からサービス開始予定!

2018-01-29-2.png

松井証券が2018年3月下旬から個人型確定拠出年金「iDeCo」の取扱いを開始します。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の取扱いが始まります!~2018年3月下旬より~|松井証券
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の取扱開始について~2018年3月下旬よりサービス開始予定~(PDF)

内容を見てみると、かなり練りに練った中身で投資家を第一に考えたプランだと感じました。

» 記事の続きを読む

楽天市場の受取先指定に郵便局が追加!問題は受け取り時間か!?

2018-01-29.png

ITmedia NEWSによると楽天市場での買い物の受取先に郵便局が可能になったようです。

楽天市場で注文した商品、全国の郵便局で受け取り可能に|ITmedia NEWS

» 記事の続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の結果発表!楽天VTが栄冠に輝く!

result2017a.gif
画像元 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の結果が発表されました!

今年は「つみたてNISA」が開始される2018年に向けて、様々な低コストインデックスファンドが誕生しましたので、例年になく順位の予想がつきにくいものと感じていましたが、結果を見ると「なるほど~!」と唸るようなランキングとなりました。

» 記事の続きを読む

つみたてNISA対応ファンドならアジアに輸出できるクオリティーかもという話

環境 新緑と地球儀

アジア地域ファンド・パスポートという言葉を日本経済新聞で知りました。

日本、オーストラリア、韓国、ニュージーランド、タイの5か国が当初の参加国(フィリピンやシンガポールにも呼びかけ)で、国や地域をまたがって投資信託を相互に販売することを簡単するための制度のようです。

 参考  投信 5カ国で規格統一 金融庁、韓国・タイなどと 売買しやすく|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

eMaxis Slim 先進国株式インデックスが0.189%→0.1095%と信託報酬を大幅に引き下げ!

eMAXIS Slim

三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slim 先進国株式インデックス」が、2018年1月30日に0.189%→0.1095%と信託報酬を大幅に引き下げることになりました!
※信託報酬は税抜き表示

2017年も終わろうとするいまになって、とんでもないビッグニュースです!

 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

内外二重課税の状態が排除されるか!?公募投資信託等の内外二重課税の調整

歓喜 おーっ! 喜び

金融庁の平成30年度税制改正の要望項目に、公募投資信託等の内外二重課税の調整があります。

これが実現されれば海外株式や海外REIT(不動産投資信託)に投資する投資信託にとって、投資信託が投資している外国株式の配当等に対して課税される外国税が控除されるかもしれません!

 参考  平成30年度税制改正について-税制改正大綱における金融庁関係の主要項目-(PDF)

» 記事の続きを読む

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)が設定されました

シンプル バランス 和食 定食

SBI証券でSBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)が設定されました。
株式40%、債券40%、不動産投資信託証券(REIT)20%を基本組入比率 として運用するノーロード(販売手数料無料)のバランスファンドです。
気になる運用管理費用(信託報酬)は後ほど。

 参考  SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)|三井住友トラスト・アセットマネジメント

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます