最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

eMaxis Slim 新興国株式インデックスが0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げ!

eMAXIS Slim

三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」が、12月13日に0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げることになりました!

 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』 信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

ニッセイ・インデックスパッケージは個性的なバランスファンド

ニッセイ・インデックスパッケージ

ニッセイアセットマネジメントからニッセイ・インデックスパッケージという4本のバランスファンドが、2017年11月17日から光世証券という販売会社から登場しています。

 参考  ニッセイ・インデックスパッケージの設定について - ニッセイアセットマネジメント(PDF)
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)【愛称:ファンドパック3】
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート)【愛称:ファンドパック5】
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)【愛称:ファンドパック7】
ニッセイ・インデックスパッケージ(国内・株式/リート/債券)【愛称:ファンドパック日本】

» 記事の続きを読む

EXE-iつみたてシリーズが登場!全世界株と新興国株式が脅威の超低コストを実現

EXE-i エグゼアイ

SBIアセットマネジメントのEXE-iシリーズが、全世界株(中小型含む)株式の「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」と、新興国株式の「EXE-iつみたて新興国株式ファンド」が12月6日に新規設定されることになりました!

アウターガイさんのブログで知りました。
 参考  SBIAMがEXE-iシリーズにつみたてNISA向けファンド2本を追加 - バリュートラスト

自分もさっそくEDINETで有価証券届出書を確認してみました。

» 記事の続きを読む

iDeCo掛金の年単位化が2018年からスタートします

iDeCo(イデコ)のロゴ

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、いままで毎月の引き落としで積立投資をしてきたのですが、2018年から「確定拠出年金の掛金の年単位化」がスタートするようです。

 参考  iDeCoの積み立て 毎月のほか「年単位」も可能に - NIKKEI STYLE
 参考  iDeCoの掛金全額所得控除、国基連が10月27日までに掛金払込証明書を発送 - モーニングスター

» 記事の続きを読む

eMaxis Slimシリーズの5ファンドの信託報酬引き下げで業界最低水準に並ぶ!

eMAXIS Slim

三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slimシリーズ」の5ファンドの運用コストである信託報酬を引き下げるとのプレスリリースがありました!

これにより0.001%差で低コスト首位に君臨していたニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」と並んで業界最低水準になりました。

 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票に先立ちノミネートファンドをピックアップ

虫めがね 検索 調査 分析

今年もあと2ヶ月ということで恒例の行事「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の公式サイトがオープンしています。



さて投票・・・の前に2017年はどんなETFや投資信託が新設されたり、既存ファンドにコスト引き下げなどのニュースがあったのか?忘れてしまうこともあるので過去のエントリーからチェック!

投票の対象は、2017年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)なので、必ずしも新しく登場したファンドだけではなく、自分が現在投資しているファンドに投票するのもアリです。

自分は投資ブログを書いていることもあり、「今年(2017年)を振り返る時にこのファンドは欠かせないな!」と感じたファンドに5票を配分しようかと思っています。

» 記事の続きを読む

SBI証券の確定拠出年金が投資信託残高1,000億円を突破しました!

ジェット風船 野球場 祝い

SBI証券の確定拠出年金のiDeCo(個人型)と企業型が投資信託残高1,000億円を突破しました!
自分も2014年から積立を開始していたので自分事のように嬉しいニュースです。

 参考  確定拠出年金の投資信託残高1,000億円突破のお知らせ(SBI証券)|ニュースリリース|SBIホールディングス

» 記事の続きを読む

松井証券の投信工房が機能拡大されて自動リバランスが可能になる!

松井証券 投信工房

松井証券の投資信託では「リバランス積立」という他社にはない独自のサービスの投信工房がありますが、機能拡大されて利便性が大きく向上します!

 参考  【投資信託】投信工房の機能拡充について~自動リバランス機能等でさらに便利に~ | 松井証券

たわら男爵さんの記事松井証券の自動リバランス機能は、ラップ以上バランスファンド以下(40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ)で知りました。

» 記事の続きを読む

iシェアーズの東証上場シリーズがリニューアル。保有者にとっては手痛い上場廃止に

ブラックロック・ジャパン

ブラックロック・ジャパンの東証ETF「iシェアーズ」が新たに生まれ変わるようです。
一見、リニューアルされて良くなるように感じてしまいますが、生まれ変わる(創造)ためには旧来のETFを撤退(破壊)しなくてはいけません。

「iシェアーズ」は7本の新規設定がありますが10本の上場廃止予定ETFもあります。

 参考  新たに生まれ変わったiシェアーズ東証上場シリーズ - BlackRock
 参考  監理銘柄(確認中)の指定:iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF-JDR(iBoxxドル建てLHYC)ほか9銘柄 - 日本取引所グループ

» 記事の続きを読む

三菱UFJ国際投信が低コスト投信のネット直販に参入!?

メガネ ニュース 新聞 報道

日本経済新聞によると、三菱UFJ国際投信がネット経由で投資信託を直接販売するようです。

三菱UFJ国際投信、ネット直販に参入:日本経済新聞
三菱UFJ国際投信は2018年度上半期にインターネット経由で投資信託を直接販売する。
手数料水準を抑え、若年層の資産形成をサポートする。
将来は投信を長期保有した顧客に手数料引き下げなどのメリットをつけることも検討する。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます