最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

VTを買う投信「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」これは期待大!

楽天投信投資顧問

楽天投信投資顧問が2017年9月29日付で、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のインデックスファンド2本を新規設定します。
販売会社は楽天証券で2017年10月13日から募集・販売等の取扱いを開始。

アウターガイさんのブログで知りました。

 参考  楽天投信投資顧問がVT(全世界株式)・VTI(全米株式)相当の超低コストインデックスファンド2本を新規設定|バリュートラスト

ソースはEDINETの有価証券届出書。自分も確認しました。

» 記事の続きを読む

マネックス証券のiDeCo詳細を発表!選択肢として申し分のない充実の内容

iDeCo(イデコ)のロゴ

マネックス証券もiDeCo(個人型DC)を9月下旬からサービス開始と以前に記事を書きましたが、いよいよプレスリリースが出ました!
内容を見ると後発なだけに、十分に吟味されたファンドのセレクトと運営管理手数料を無料という選択肢としては申し分のないサービスとなっています。

 参考  【iDeCo】運営管理手数料を完全無料に/商品を決定 | 最新情報 | マネックス証券

» 記事の続きを読む

「iFree」「たわらノーロード」つみたてNISAスタートに向けて信託報酬の引下げが進む!

争い 戦い 競う アヒル

大和証券投資信託委託の「iFreeシリーズ」の信託報酬引下げの報道が日本経済新聞にありましたが、さっそくプレスリリースでもアップされました!

 参考  iFree運用管理費用(信託報酬率)の引き下げについて - 大和証券投資信託委託(PDF)

これだけでもビッグニュースなのですが、さらに同日のうちにアセットマネジメントOneの「たわらノーロードシリーズ」の信託報酬引下げがプレスリリースでアップされたのです!

 参考  「たわらノーロード」の信託報酬を一部引き下げ - アセットマネジメントOne(PDF)

» 記事の続きを読む

つみたてNISAの対象ファンドが急ピッチで整備されています

ニュース 新聞 吉報

金融庁は、2018年1月から始まる「つみたてNISA」で、120本の投資信託が対象商品としての条件を満たしたと発表しました。(日本経済新聞)

 参考  つみたて NISA 対象商品に係る事前相談の結果について:平成29年8月30日金融庁(PDF)
 参考  積み立て型NISA、対象100本超:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

コスト革命は第2章へ!?国内株式アセットクラスの低コストリリースが相次ぐ

争い 戦い 競う アヒル

りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から新規設定されることはブログでも書きましたが、eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドでも書いたとおり三菱UFJ国際投信がはじめて信託報酬引下げのトリガーを引く模様です。

 参考  投信、運用手数料下げ競う りそな「最安」投入:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

SBI証券と楽天証券の国内株式(ETF含む)手数料10万円以下が無料になります!

炎とガスマスク 争い

SBI証券と楽天証券の国内株式手数料が10万円以下なら無料になります!
国内株式手数料ですので、東証に上場しているETF(上場投資信託)も無料になります。

 参考  【9/4(月)から!】 国内株式(アクティブプラン)の手数料を大幅に引き下げ!|SBI証券
 参考  国内株式手数料大幅値下げ!いちにち定額コース「10万円まで取引が無料(0円)!」(2017年9月1日約定分から)|楽天証券

ニュースリリースは日本経済新聞によるSBI証券の情報発表が先でしたが、楽天証券が即日追随!
その結果、三日天下にも至らずに両社の国内株式手数料が無料と業界最低ラインになりました。

» 記事の続きを読む

GPIFが国内上場企業の半数以上の大株主になりました

年金 老夫婦

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、日本の上場企業の半数以上にあたるほぼ2000社で、保有比率が上位10以内の大株主となったこと(日本経済新聞)。

 参考  GPIF、2000社の大株主 日本の上場企業の半数超 トヨタなど保有額増加:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

投資といえば低コストな投信積立の時代が来ています!

コツコツ 積立 積み上げる

日本経済新聞によると、SBI証券の投信積立が好調で、6月の投信積立による資金流入が約65億円に上り、大手の証券会社に匹敵する水準まで来ているとのこと。

 参考  SBI証券の投信積み立て、月間60億円強に:日本経済新聞

» 記事の続きを読む

GPIFが2016(平成28)年度運用状況を公表!好調な成績を維持しています

コツコツ 積立 積み上げる

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2016(平成28)年度運用状況を公表しました。

ねんきんつみたてきんかんりうんようどくりつぎょうせいほうじん…長いのでGPIF!

GPIFだと何が何だかわからないかもしれませんが、運用資産額が2016(平成28)年度時点で144兆9034億円と、世界一の資産規模をもつ日本の年金の運用を管理しているところです。

» 記事の続きを読む

イオン銀行がiDeCo(個人型DC)に参入!中身はSBI・楽天証券の2強と引けを取らない充実ぶり!

イオン銀行のiDeCo

いままで当ブログのiDeCo(個人型DC)と言えば、SBI証券楽天証券が中心でした。

今回紹介するイオン銀行のiDeCoは、SBI証券と楽天証券に引けを取らない…いや…SBI証券と楽天証券を凌駕するほどのポテンシャルを秘めているのではないか!という充実の内容なのです。

 参考  iDeCo(個人型確定拠出年金)|イオン銀行

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます