最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

MSCI新興国株式指数にサウジアラビアとアルゼンチンが追加(2019年6月~)

世界 国旗

Bloombergによると、MSCI新興国株式指数にサウジアラビアとアルゼンチンが組み入れられると発表されたようです。

MSCI新興国株式指数(MSCI エマージング・マーケット・インデックス)とは、新興国株式を投資対象とするの際にFTSE社と並んで有名な指数(ベンチマーク)で、日本の投資信託の多くでMSCI社の新興国株式指数が採用されています。

MSCI:サウジを新興市場指数に組み入れ-来年6月開始|Bloomberg

» 記事の続きを読む

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が2018年7月3日に登場!

米国 USA 星条旗

eMAXISホームページのお知らせにeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の新規設定についてのプレスリリースがありました!
eMAXIS SlimではなくeMAXISのホームページに記載されています、

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の設定について|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

インデックス投資ナイト2018の詳細が発表されました #インデックス投資ナイト

2018-06-08.png

2018年7月7日(土曜日)に開催される第11回目となる「インデックス投資ナイト2018」のプログラム内容が公式サイトから発表されました!

チケットの発売日は6月16日(土曜日)の12:00(正午)とのこと。

インデックス投資ナイト2018 プログラム内容のお知らせ |インデックス投資ナイト

昨年と同じ渋谷の東京カルチャーカルチャーなので150席くらい、キャパシティ的に今回のチケットも即日ソールドアウトの争奪戦となるのは間違いありません。

» 記事の続きを読む

企業型DCはデフォルトファンド選定の前にするべきことがある

妄想 伝える 気持ち

楽天証券iDeCoがデフォルトファンド(基本商品)を楽天・インデックス・バランス(DC年金)にすることを発表しましたが、これは個人型のiDeCoだけでなく、企業型確定拠出年金(企業型DC)でも元本確保型の定期預金からリスク資産であるターゲットイヤー型ファンドやバランスファンドへと掛け金が投資へと向かう方向で進んでいます。

やっていることは良いことなのかも知れないが、企業型DCの場合はデフォルトファンドを選定する前にするべきことがあるのではないか?という話です。

» 記事の続きを読む

楽天証券iDeCoのデフォルトファンド(基本商品)は楽天・インデックス・バランス(DC年金)に決まりました

握手 ビジネスマン 女性 決定

指定運用方法とは、確定拠出年金の加入者が口座を開設したものの掛金を指定しない場合に組み入れられる商品のこと。要はデフォルトファンド(基本商品)です。

2018年5月1日に法律が施行され「指定運用方法」の適用が開始されました。

楽天証券の指定運用方法は楽天・インデックス・バランス(DC年金)に決まり、初回掛金拠出日から約4か月経過しても楽天証券iDeCo口座をほったらかしで何も配分指定をしない場合は、楽天・インデックス・バランス(DC年金)の運用となります。

指定運用方法(掛金・移換資産の取扱い)に関するご案内|楽天証券

» 記事の続きを読む

いよいよMSCI新興国株式指数に2018年6月から中国A株が組み入れられます

四葉のクローバー 青空 未来

昨年、MSCI新興国株式指数に2018年から中国A株が組み入れられるとの報道がありましたが、いよいよ採用が来月6月1日と迫ってきました。

MSCIの中国A株採用、6月1日に迫る-年金などから資金流入期待|Bloomberg
MSCI、指数採用の中国A株の最終リストを公表|Bloomberg

» 記事の続きを読む

丸井グループが証券会社を設立!クレジットカード決済でポイント付与も!?

2018-05-13.png

丸井グループが“つみたて専門”の証券会社を設立するようです。
つみたてNISA対象投資信託をクレジットカード決済にて販売する証券会社を設立するとのこと。

丸井グループが“つみたて専門”の証券会社を設立します~10年後に100万人へサービスを提供、預かり資産残高1兆円をめざします~|プレスリリース(PDF)
丸井Gが積み立て専門の証券会社 顧客100万人、残高1兆円目指す|日本経済新聞
丸井グループ、証券業に進出。ミレニアル世代の「投資」に照準|Business Insider Japan

» 記事の続きを読む

1兆円ファンドはもういない。毎月分配型投資信託の資産減少が浮き彫りに!

表彰台 メダル 競争 ランキング

QUICK Money Worldに2017年末から現在(5月7日時点)の投資信託の純資産総額(残高)ランキングが掲載されていますが、2018年は株価の勢いが減退してきたこともあり1兆円ファンドが見当たらなくなりました。

三菱UFJ国際「グロソブ」の残高トップ10落ち 17年半の記録途切れる|QUICK Money World

» 記事の続きを読む

iDeCoの掛金を拠出金額上限まで積み立てている人は半分程度

コツコツ 積立 積み上げる

りそな銀行の確定拠出年金ページにあるコラムに、iDeCo利用者が毎月いくら掛金を拠出しているのかがわかる表がありましたので保存用メモとして残しておきます。

国民年金基金連合会が発表している平成28年3月末時点の情報です。

平均額はどのくらい? 個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金額|りそな銀行

» 記事の続きを読む

バンガードが3年ぶりに投資信託の直販を検討している模様

本当 嘘 実質

Bloombergによると、バンガード・グループが投資信託の直接販売を検討しているようです。

米バンガード、日本でファンド直販を検討-提携にも引き続き門戸開く|Bloomberg

記事タイトルに3年ぶりと書いたとおり、以前にもバンガード・インベストメンツ・ジャパンはノーロード投信(販売手数料無料)で直販や提携による日本での販路拡大をめざしていました。

 参考  バンガード 直販や提携による日本での販路拡大をめざす意向(2015/07/20作成)

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます