最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

トルコショックによる株価下落が起こっています(2018年8月)

イスタンブール トルコ

最近、トルコの話題をツイッターで見るのですが、どうやらトルコの通貨であるリラが急落して、日本を含めた世界各国で株価が下落しているようです。

トルコショック、株安広がる 大統領は利上げ否定|日本経済新聞
トルコリラ、なぜ売られる? 3つのポイント|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

米国フィデリティ 年間経費率0.00%のインデックスファンドで気になるポイントはないか考えてみた

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

カンさんのブログに世界初!米国フィデリティが、年間経費率ゼロの『インデックスファンド』2本を設定!という気になる記事がありました。

アメリカ株式市場を投資対象
フィデリティ ZERO トータルマーケット・インデックスファンド(FZROX)

米国以外の先進国、新興国の株式を投資対象
フィデリティ ZERO インターナショナル・インデックスファンド(FZILX)

この2本を保有すれば全世界株式インデックスファンドが保有コストが無料で投資できるという今までの常識では考えられないファンドが誕生したことになります。

経費率が無料には何か問題がないのか考えてみました。

» 記事の続きを読む

SBI証券のiDeCoファンド35本以下縛りの除外ファンド一覧が公開されました

リストラ 作業 分別

確定拠出年金の運用商品に関する基準が見直されて上限数が35本以下となりました。

SBI証券のiDeCoでは2018年8月10日時点で67の運用商品(投資信託や定期預金)がありますが、2023年までの猶予期間を前に除外する運用商品(予定)を公開しました。

アウターガイさんのブログで知りました。

運用方法の選定・提示に関する基準の見直しに伴う除外予定ファンドのご案内 |SBI証券
SBI証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の商品ラインナップを整理へ|バリュートラスト

» 記事の続きを読む

マーケットメイク制度がはじまり1ヶ月!出来高が増加して機能しているようです

東証 東京証券取引所 マーケット 市場

東証は「マーケットメイク制度」を2018年7月2日の導入したので、スタートして1ヶ月経過しました。
東証マネ部に制度開始前と開始後の比較検証コラムがあります。

ETFマーケットメイク制度スタート!制度開始後1か月間の検証|東証マネ部!

» 記事の続きを読む

JPX日経400は8月31日に構成銘柄の6.5%(追加26除外25)が定期入替されます

電車 車両 入替 交差

8月31日に毎年恒例JPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが予定されています。

2018年のJPX400構成銘柄の銘柄入れ替えは、追加26・除外25となっています。
400銘柄中の26銘柄とは、均等配分されているポートフォリオの6.5%が変更となります。

JPX日経400銘柄入れ替え 中小型も実施|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

国内株式に新しい株価指数は必要あるのか

京都 和の世界

京都大学と東京証券取引所は、TOPIXや日経平均株価、JPX日経400といった国内株式指数に、新たな株価指数を開発のための共同研究を進めているようです。

新指数開発に向けた共同研究開始に関するお知らせ|日本取引所グループ
投資研究教育ユニットと株式会社東京証券取引所は、新株価指数開発に向けた共同研究契約を締結しました。(2018年7月1日)|京都大学
投資できる株価指数がほしい|川北英隆のブログ

» 記事の続きを読む

カブドットコム証券のつみたてNISAが2018年8月サービス開始

2018-07-28-2.png

カブドットコム証券はいままで「つみたてNISA」に対応してきませんでしたが、来月8月1日からようやくサービスが開始されます。

口座開設の申込みはすでにスタートしています。

つみたてNISA|カブドットコム証券

» 記事の続きを読む

tsumiki証券(丸井グループによる証券会社)の詳細がみえてきました

2018-05-13.png

以前に注目していた丸井グループによる証券会社を設立ですが、取り扱い投資信託のラインナップなど詳細がみえてきました。

tsumiki証券(予定)はじまります~2018年9月 口座開設スタート~|プレスリリース(PDF)

» 記事の続きを読む

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)の低コスト海外ETFが登場!

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)の超低コスト海外ETF18本がマネックス証券とSBI証券から登場しました。
当然ながら楽天証券も追随してくることも予想されます。

話題の超低コストポートフォリオETFがついに日本へ|マネックス証券
米国ETF 超低コスト海外ETF(株式型・債券型)を含む合計18銘柄の取扱開始!(7/13~)|SBI証券

» 記事の続きを読む

eMAXIS Slimシリーズの3ファンドがニッセイに対抗して信託報酬を引き下げへ!

マラソン 競争

eMAXIS Slimシリーズの3ファンド(先進国株式・新興国株式・8資産均等型)の運用管理費用(信託報酬)が引き下げられることになりました。

現在、保有コストである運用管理費用の最安値インデックスファンドはeMAXIS Slimシリーズなのですが、7月13日、8月21日と相次いでライバルであるニッセイアセットマネジメントの購入・換金手数料なしシリーズが信託報酬引き下げを発表していることから対抗措置として引き下げます。

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信プレスリリース(PDF)

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます