投資の話のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:投資の話

  • 2017/07/21投資戦略

    MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎるので、自分がいままで疑問に思ってきたことや調べてきた流れとともに記録しておきます。MSCI勉強会とは、東京証券取引所が主催でMSCI社の方にお話が伺う「MSCI勉強会セミナー」とのこと。こういうマニアックな集いが東京ではよく行われていて凄いなぁ~といつも感心しています。 参考  MSCI勉強会に参加 指数のライセンスフィーの仕組みを詳しく聞いてきました - イ...

    記事を読む

  • 2017/07/19投資戦略

    サブプライム・ショックから早いもので10年が経とうとしています。その後の10年間にリーマン・ショック、東日本大震災、ギリシャショック、英国のEU離脱問題…大きな暴落から小さな下げまで、いろんな局面を内包した10年間となっています。今だからこそ確認できること。本格的な大暴落が始まる前の2007年6月末〜10年間の各アセットクラスのリスクリターンを確認してみました。...

    記事を読む

  • 2017/07/16投資信託・ETF

    「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が登場します!「eMAXIS Slim」と言えば、業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドとして有名ですが、注目する信託報酬は年0.34%です。...

    記事を読む

  • 2017/07/15インデックスファンド比較

    各運用会社のインデックスファンドシリーズが充実してきた昨今、どれも同じベンチマークに連動しているので、どの投資信託がインデックスファンドとして良い運用をしているのかわからないこともしばしば。「マンスリーレポート」や「月報」を見れば、ベンチマークとの差異の少なさから優秀なインデックスファンドを調べることができますが、そもそも各社が公開している「マンスリーレポート」や「月報」に記載されているベンチマー...

    記事を読む

  • 2017/07/13投資信託・ETF

    たわらノーロードの専用サイトにある最新情報に「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」が設定されるとの情報がアップされました! 参考  低コストファンドシリーズのバランス型ファンド設定 -「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」-|AMOne(PDF)...

    記事を読む

  • 2017/07/11投資戦略

    全資産の10〜20%程度をリスク資産への投資に回しても、10%の下落程度で株価が気になって仕事どころじゃない人がいる。必要最低限の預貯金以外をすべて投資にまわして、半分以上の株価下落を体験しても平気な顔して投資し続ける人もいる。それは給与収入の違いによる余力であったり家庭持ちかフリーの違いによる違いであったり資産運用の経験値による違いであったり本などで得た知識の理解による違いであったり…様々です。リスク許...

    記事を読む

  • 2017/07/06投信ランキング

    2017年6月における各ネット証券の「売れ筋ランキング(購入金額)」「積立ランキング(設定件数)」、SBI証券の「iDeCoランキング(購入金額)」が出揃いました。 参考  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみましたランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位までNISAランキングは不採用(積立NISA開始されたらやるかも...

    記事を読む

  • 2017/06/30経済・景気動向

    2017年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。国内債券が先月に引き続き低調のようです。先月に引き続きプラスを維持しているのは「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「先進国債券」「新興国債券」となりました。J-REITだけ-2%超を記録していますが、比較的堅調な1ヶ月でした。...

    記事を読む

  • 2017/06/27投資信託・ETF

    投資信託で投資できる対象は株式や債券だけでなく不動産も定番です。不動産投資信託(REIT)として、国内の東京証券取引所をはじめ、世界中の株式市場でREITは上場されていて日々売買されています。世界中のREITをS&PグローバルREITインデックス指数として、指数に連動したインデックスファンドに投資することで世界各国の不動産投資信託証券に実質的に投資できます。...

    記事を読む

  • 2017/06/20投資信託・ETF

    日興アセットマネジメントの新ETF「上場アジアリート(1495)」 はフィーダーETFと呼ばれる今までの東証に上場してきたETFと違う形式です。 参考  ETFコラムNo.44 「資産運用、分散活用ツールとしての上場アジアリート(1495)」 |日興アセットマネジメントフィーダーETFの仕組みを知ると、なかなか面白いものでありました。フィーダーETFとはどのような仕組みか?そのメリットとデメリットを考えてみました。...

    記事を読む

MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎる件

ライセンス 運転免許証

MSCI勉強会に参加してきたkenzさんの情報が貴重過ぎるので、自分がいままで疑問に思ってきたことや調べてきた流れとともに記録しておきます。

MSCI勉強会とは、東京証券取引所が主催でMSCI社の方にお話が伺う「MSCI勉強会セミナー」とのこと。こういうマニアックな集いが東京ではよく行われていて凄いなぁ~といつも感心しています。

 参考  MSCI勉強会に参加 指数のライセンスフィーの仕組みを詳しく聞いてきました - インデックス投資日記@川崎

» 記事の続きを読む

サブプライム・ショック直前から10年経ちましたので当時から現在のリスク・リターンを確認

暴落 不景気 金融恐慌

サブプライム・ショックから早いもので10年が経とうとしています。

その後の10年間にリーマン・ショック、東日本大震災、ギリシャショック、英国のEU離脱問題…大きな暴落から小さな下げまで、いろんな局面を内包した10年間となっています。

今だからこそ確認できること。本格的な大暴落が始まる前の2007年6月末〜10年間の各アセットクラスのリスクリターンを確認してみました。

» 記事の続きを読む

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスが登場!信託報酬0.34%で業界最安値を自ら切り開く!

eMAXIS Slim

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が登場します!

「eMAXIS Slim」と言えば、業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドとして有名ですが、注目する信託報酬は年0.34%です。

» 記事の続きを読む

主要インデックスファンドの成績 2017年4~6月

完全比較 競馬新聞 赤ペン

各運用会社のインデックスファンドシリーズが充実してきた昨今、どれも同じベンチマークに連動しているので、どの投資信託がインデックスファンドとして良い運用をしているのかわからないこともしばしば。

「マンスリーレポート」や「月報」を見れば、ベンチマークとの差異の少なさから優秀なインデックスファンドを調べることができますが、そもそも各社が公開している「マンスリーレポート」や「月報」に記載されているベンチマークの数値すらバラバラで困ることもあります。

そこで各運用会社の主要インデックスファンドのリターンを「ベンチマークが配当込み指数」で「少数2位まで記載しているファンド」のベンチマークをもとに完全比較してみました。
※日経平均トータルリターンとMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)は少数2位が見つかりません

» 記事の続きを読む

たわらノーロード バランス(8資産均等型)「信託報酬0.22%」が2017年7月28日に設定されます

たわらノーロード

たわらノーロードの専用サイトにある最新情報に「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」が設定されるとの情報がアップされました!

 参考  低コストファンドシリーズのバランス型ファンド設定 -「たわらノーロード バランス(8資産均等型)」-|AMOne(PDF)

» 記事の続きを読む

リスク許容度は絶対的でも相対的でもなく個人的なこと

疑問 吹き出し 探す

全資産の10〜20%程度をリスク資産への投資に回しても、10%の下落程度で株価が気になって仕事どころじゃない人がいる。

必要最低限の預貯金以外をすべて投資にまわして、半分以上の株価下落を体験しても平気な顔して投資し続ける人もいる。

  • それは給与収入の違いによる余力であったり
  • 家庭持ちかフリーの違いによる違いであったり
  • 資産運用の経験値による違いであったり
  • 本などで得た知識の理解による違いであったり

…様々です。リスク許容度は人によります。

» 記事の続きを読む

ネット証券の投資信託ランキング(2017年6月)

表彰台 メダル 競争 ランキング

2017年6月における各ネット証券の「売れ筋ランキング(購入金額)」「積立ランキング(設定件数)」、SBI証券の「iDeCoランキング(購入金額)」が出揃いました。

 参考  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみました

  • ランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載
  • カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位まで
  • NISAランキングは不採用(積立NISA開始されたらやるかも)
  • iDeCo(個人型DC)は現在のところSBI証券のみのランキング表示

参考リンク:投資信託ランキングSBI証券 - ランキング
楽天証券 - ランキング
マネックス証券 - ランキング
カブドットコム証券 - ランキング
SBI証券(iDeCo) - ランキング

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年6月

各アセットクラスのパフォーマンス2017年6月

2017年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。
国内債券が先月に引き続き低調のようです。

先月に引き続きプラスを維持しているのは「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「先進国債券」「新興国債券」となりました。

J-REITだけ-2%超を記録していますが、比較的堅調な1ヶ月でした。

» 記事の続きを読む

グローバルREITインデックス投資で知っておきたい3ファンドの微妙な違い

高層ビル 不動産 REIT 都心

投資信託で投資できる対象は株式や債券だけでなく不動産も定番です。

不動産投資信託(REIT)として、国内の東京証券取引所をはじめ、世界中の株式市場でREITは上場されていて日々売買されています。

世界中のREITをS&PグローバルREITインデックス指数として、指数に連動したインデックスファンドに投資することで世界各国の不動産投資信託証券に実質的に投資できます。

» 記事の続きを読む

フィーダーETFとは何?そのメリットとデメリットを確認

付箋とメモ

日興アセットマネジメントの新ETF「上場アジアリート(1495)」 はフィーダーETFと呼ばれる今までの東証に上場してきたETFと違う形式です。

 参考  ETFコラムNo.44 「資産運用、分散活用ツールとしての上場アジアリート(1495)」 |日興アセットマネジメント

フィーダーETFの仕組みを知ると、なかなか面白いものでありました。
フィーダーETFとはどのような仕組みか?そのメリットとデメリットを考えてみました。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます