経済・その他ニュースのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


カテゴリ:経済・その他ニュース

経済・その他ニュースのカテゴリ記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

2017-04-09 経済・その他ニュース
ちょっと前の話ですが、厚生労働省の「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」の第1回が開催されたときに、「確定拠出年金の指定運用方法の選定基準」つまりはデフォルトファンドを低金利の預金に設定されないで、ターゲットイヤーファンドやバランスファンドといったリスク資産での投資を促すような話題がありました。確定拠出年金における運用の改善について(PDF)DC法改正におけるデフォルト商品の考察(PDF)日本でも貯蓄か...

記事を読む

2017-03-31 経済・その他ニュース
金融庁から正式な発表はまだありませんが、日本経済新聞によると積立NISA対象商品の条件を決めたとのこと。積み立てNISA、手数料ゼロ投信など対象:日本経済新聞金融庁は2018年に導入が決まっている積み立て型の少額投資非課税制度(NISA)の対象商品の条件を決めた。販売時に生じる手数料について公募株式投資信託はゼロ、上場投資信託(ETF)で1.25%以下のものに限る。...

記事を読む

2017-03-26 経済・その他ニュース
証券取引等監視委員会が株式会社みんなのクレジットを検査した結果、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたので、行政処分を行うよう勧告されたとのこと。 参考  株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会内容を見ると「ファンドの資金を会社の運用資金にまわしていた」、「ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充てられていた」、「白石代表がファンドの出資...

記事を読む

2016-12-07 経済・その他ニュース
NISA(少額投資非課税制度)に長期積立枠が創設されることを以前の記事で書きました。 参考  NISAに長期積立枠が検討されますが理想は課税期間は20年ではなく無期限化(2016-08-20)当時は、投資上限が60万円で非課税期間20年でしたが、最近の報道では非課税期間を10年に半減されていたので正直ガッカリしていたところでした。今回の報道では、投資上限こそ40万円と減額されましたが、非課税期間20年と戻されました...

記事を読む

2016-11-27 経済・その他ニュース
2017年から、個人型確定拠出年金の加入範囲が拡大されるiDeCo(イデコ)ですが、確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類があります。全額事業主負担の企業が掛金を支払う※企業型DCから、1428億円も運用されずに利子もつかないまま塩漬け状態になっていることがわかりました。※加入者(従業員)が掛金を上乗せできるマッチング拠出もあります確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく:朝日新聞デジタル企...

記事を読む

2016-11-21 経済・その他ニュース
2017年から加入範囲が拡大されて注目されているiDeCo(イデコ)ですが、新たに加入対象となる人は、今日(2016年11月21日)から事前受付が開始されます。 参考  個人型確定拠出年金の愛称iDeCoのロゴ決定及び加入拡大に伴う事前受付開始(11月21日)について |報道発表資料|厚生労働省 参考  平成29年1月以降新たに加入対象となる方の事前受付開始のお知らせ| 国民年金基金連合会(PDF)...

記事を読む

2016-11-09 経済・その他ニュース
共和党候補のドナルド・トランプ氏と民主党候補のヒラリー・クリントン氏による米大統領選があり、トランプ優勢になるにつれて株式市場は大きく乱高下したようです。 参考  市場にトランプショック、日経平均一時800円安|日本経済新聞定時定額積立(コツコツ投資)で国際分散投資をしている自分の「ほったらかし投資」にとっては、何も変化をすることはないのですが、短期投機家にとっては大きなイベントでしたのでお祭...

記事を読む

2016-09-22 経済・その他ニュース
金融庁のホームページで「金融行政方針」の進捗状況や実績等の評価を「金融レポート」として公開されています。森信親金融庁長官になってから金融庁が変わったとの話を見聞きします。「金融レポート」を拝見すると個人投資家目線での指摘も多く大変面白い内容でした。「主なポイント」よりも全体版のほうが業界の古い慣習にメスを入れていたりと鋭い指摘がありオススメです♪平成27事務年度 金融レポート(PDF:4,238KB)平成27事務...

記事を読む

2016-09-17 経済・その他ニュース
個人型確定拠出年金の愛称を厚生労働省が募集していて自分も応募していたのですが個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました!惜しくも自分が応募した「俺たちの美奈子」は落選しました(`;ω;´)個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました |報道発表資料|厚生労働省厚生労働省がオブザーバーとして参加している 確定拠出年金普及・推進協議会は、 個人型確定拠出年金の愛称を、「iDeCo...

記事を読む

2016-08-20 経済・その他ニュース
NISA(少額投資非課税制度)に長期積立枠の創設することを来年度の税制改正要望に盛り込むと金融庁は求めているようです。投資上限が年120万円で非課税期間は5年(現行)投資上限が60万円で非課税期間20年(今回の要望案)利用者はどちらかを選択する制度設計(併用は認めない)NISAに長期積立枠を創設、金融庁が月末要望へ=関係筋 | ロイター金融庁は、少額投資非課税制度(NISA)に長期積立枠を創設することを月末に公...

記事を読む

デフォルトファンドが変われば日本人の金融資産の割合は大きく変わる

年金 老夫婦

ちょっと前の話ですが、厚生労働省の「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」の第1回が開催されたときに、「確定拠出年金の指定運用方法の選定基準」つまりはデフォルトファンドを低金利の預金に設定されないで、ターゲットイヤーファンドやバランスファンドといったリスク資産での投資を促すような話題がありました。

確定拠出年金における運用の改善について(PDF)
DC法改正におけるデフォルト商品の考察(PDF)

日本でも貯蓄から資産形成の流れの中で、2018年6月にデフォルトファンドの基準が省令で示される。改正後はすぐさま米国の様にはならないまでも、バランスファンドやターゲットイヤーファンドなど定期預金以外の商品が指定される場合もあり、投資信託保有比率の大幅な拡大が予想される。

引用元:iDeCoでほったらかし運用?!「ターゲットイヤーファンド」の実力とは - モーニングスター


モーニングスターのコラムで思い出しました(;・∀・)

» 記事の続きを読む

積立NISAの対象商品にETFがあるけど積立に向いているの?

英字新聞 ニュース お知らせ

金融庁から正式な発表はまだありませんが、日本経済新聞によると積立NISA対象商品の条件を決めたとのこと。

積み立てNISA、手数料ゼロ投信など対象:日本経済新聞
金融庁は2018年に導入が決まっている積み立て型の少額投資非課税制度(NISA)の対象商品の条件を決めた。販売時に生じる手数料について公募株式投資信託はゼロ、上場投資信託(ETF)で1.25%以下のものに限る。

» 記事の続きを読む

みんながクレジットになっていた!やはり投資は伝統的資産に限ると再認識

ガーン 詐欺 動揺

証券取引等監視委員会が株式会社みんなのクレジットを検査した結果、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたので、行政処分を行うよう勧告されたとのこと。

 参考  株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

内容を見ると「ファンドの資金を会社の運用資金にまわしていた」、「ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充てられていた」、「白石代表がファンドの出資金を自身の借入れ返済等に使用した」、「(その結果?)毎月多額の損失を出し続け、累積赤字を増加させており債務超過の状態にあった」と信じられないような悪い詐欺のコンプリートです。

» 記事の続きを読む

紆余曲折を経て「積立NISA」は投資上限年40万円・非課税期間20年になりそう

英字新聞 ニュース お知らせ

NISA(少額投資非課税制度)に長期積立枠が創設されることを以前の記事で書きました。

 参考  NISAに長期積立枠が検討されますが理想は課税期間は20年ではなく無期限化(2016-08-20)

当時は、投資上限が60万円で非課税期間20年でしたが、最近の報道では非課税期間を10年に半減されていたので正直ガッカリしていたところでした。

今回の報道では、投資上限こそ40万円と減額されましたが、非課税期間20年と戻されました。

積み立て型NISA、20年非課税 年40万円上限:日本経済新聞
政府・与党は6日、少額投資非課税制度(NISA)について、20年の非課税期間で年間の投資上限を40万円とする積み立て型の新制度を設ける最終調整に入った。

» 記事の続きを読む

確定拠出年金1428億円塩漬け問題は国民年金基金連合会の怠慢!?

頭をかかえる 悩む 困る

2017年から、個人型確定拠出年金の加入範囲が拡大されるiDeCo(イデコ)ですが、確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類があります。

全額事業主負担の企業が掛金を支払う企業型DCから、1428億円も運用されずに利子もつかないまま塩漬け状態になっていることがわかりました。
※加入者(従業員)が掛金を上乗せできるマッチング拠出もあります

確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく:朝日新聞デジタル
企業が設けている確定拠出年金(DC、加入者約548万人)で、運用されずに放置されている年金の預かり資産が1400億円を超えていることが分かった。
※全文読むにはログイン(無料登録)が必要です

» 記事の続きを読む

短期投機家の売買によるトランプショックに右往左往する必要なし

トランプ ジョーカー

共和党候補のドナルド・トランプ氏と民主党候補のヒラリー・クリントン氏による米大統領選があり、トランプ優勢になるにつれて株式市場は大きく乱高下したようです。

 参考  市場にトランプショック、日経平均一時800円安|日本経済新聞

定時定額積立(コツコツ投資)で国際分散投資をしている自分の「ほったらかし投資」にとっては、何も変化をすることはないのですが、短期投機家にとっては大きなイベントでしたのでお祭りのような1日だったのではないでしょうか?

興味深いのは前引け時点の売買代金でETFが大活躍していたようです。

» 記事の続きを読む

金融処分庁から金融育成庁へ~森信親金融庁長官による改革を熱烈支持!

男なら背中でいいね!

金融庁のホームページで「金融行政方針」の進捗状況や実績等の評価を「金融レポート」として公開されています。

森信親金融庁長官になってから金融庁が変わったとの話を見聞きします。
「金融レポート」を拝見すると個人投資家目線での指摘も多く大変面白い内容でした。

「主なポイント」よりも全体版のほうが業界の古い慣習にメスを入れていたりと鋭い指摘がありオススメです♪

平成27事務年度 金融レポート(PDF:4,238KB)
平成27事務年度 金融レポートの主なポイント(PDF:566KB)

今回の金融レポートで投資家に有用な箇所をを山崎元さんが端的に解説されています。

金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3|山崎元のマルチスコープ|ダイヤモンド・オンライン
先般、金融庁から「平成27事務年度版 金融レポート」が発表された。森信親氏が長官に就任して以来、金融庁が従来のやや金融業界寄りの立ち位置を、顧客寄りに修正したこともあり、なかなか面白いレポートになっている。

» 記事の続きを読む

個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定!残念ながら「俺たちの美奈子」は落選しました

老夫婦 年金 散歩

個人型確定拠出年金の愛称を厚生労働省が募集していて自分も応募していたのですが個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました!

惜しくも自分が応募した「俺たちの美奈子」は落選しました(`;ω;´)

個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました |報道発表資料|厚生労働省
厚生労働省がオブザーバーとして参加している 確定拠出年金普及・推進協議会は、 個人型確定拠出年金の愛称を、「iDeCo(イデコ)」に決定しましたので、お知らせします。

» 記事の続きを読む

NISAに長期積立枠が検討されますが理想は課税期間は20年ではなく無期限化

ニュース 新聞 吉報

NISA(少額投資非課税制度)に長期積立枠の創設することを来年度の税制改正要望に盛り込むと金融庁は求めているようです。

  • 投資上限が年120万円で非課税期間は5年(現行)
  • 投資上限が60万円で非課税期間20年(今回の要望案)
  • 利用者はどちらかを選択する制度設計(併用は認めない)

NISAに長期積立枠を創設、金融庁が月末要望へ=関係筋 | ロイター

金融庁は、少額投資非課税制度(NISA)に長期積立枠を創設することを月末に公表する来年度の税制改正要望に盛り込む。関係筋が18日、明らかにした。

NISAに長期積立枠 政府、非課税20年軸に調整  :日本経済新聞

政府は利用が伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA)をテコ入れする。毎月少額を積み立てたい人のために新たな枠を設ける調整に入った。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます