2007年09月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2007年09月

2007年09月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
No Image

2007-09-28 日記
安い安いと思っていた株もここ最近の上昇でちょっとした警戒ゾーンに入ってきているんじゃないのでしょうか?朝、記事を書いているけれど今日のマーケット次第では来月以降の戦略を検討しなおしです。(インデックスファンドTSP以外に)・・・なんか投機家みたい(笑)これも自分の中では投資なんですけれどね。東証終値、396円48銭高の1万6832円...

記事を読む

No Image

2007-09-27 資産運用・投資
ヤバイ・・良書すぎてビックリしたのがホンネ。本のタイトルからして錬金術入門と書かれ文面も個性的で一見、胡散臭そうですが読みやすく内容は素晴らしい1冊です。錬金術≒資産運用≒裁定取引はじめは???と思うような人も読み終える頃には理解できるでしょう。まさかこのような本からポーターの「競争の戦略」をおさらい出来るとは思いもしませんでしたし大雑把な表現で説明されているけれどファイブフォース分析まで学べます。自...

記事を読む

No Image

2007-09-26 投資信託・ETF
先週末に海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入と言うビッグなニュースがあったのでダメもとですがメイン口座であるマネックス証券に質問をしてみました。◇お問い合せ内容◇バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ、海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入のニュースでインデックス系のブログではにぎわっています。早ければ10月にも認可がおりて販売の見通しですがマネックス証券では取り扱いの予定...

記事を読む

No Image

2007-09-25 投資信託・ETF
なかなか今月の残り資金を使い切る機会がなかったので今日あたりで購入してしまいました。購入した投信はインデックスファンドTSPまた来月にはいくらかを入金するでしょうがすぐに使い切るでしょう。ある程度、日経平均が復活するまではキャッシュポジションなんてモノは存在させませんよ...

記事を読む

No Image

2007-09-24 経済・その他ニュース
宅配便1位、シェア4割弱のヤマト運輸業界内での高ROEのカラクリが崩れ落ちそうです。ヤマト運輸でサービス残業 是正勧告宅配便大手の「ヤマト運輸」(本社・東京)が、大阪市内の2カ所の集配センターでドライバーにサービス残業(賃金未払い残業)をさせていたとして、大阪南労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが23日、分かった。 ヤマト運輸によると、ドライバーの勤務は専用の携帯端末の電源...

記事を読む

2007-09-23 投資信託・ETF
海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入するバークレイズ社ですが何でもかんでも欲しいわけではありませんよね?なにしろ提供数は合計62本になるみたいだし選ぶのに困る量です。22本の中で一番と思える1本を考えてみると・・・。iシェアーズ MSCI ワールドではないでしょうかねぇ?好みの問題とか投資のスタイル(個性)の違いもあるだろうから絶対的なモノでもありませんがたとえばiシェアーズ MSCI ワールドが東証...

記事を読む

No Image

2007-09-22 投資信託・ETF
インデックス投資系のブログではいっせいにこのニュースに食いついています。それほど海外ETFのビッグなニュースですから当然ですね?引用世界最大級の資産運用会社であり、上場投資信託(ETF)の分野で世界最大手のバークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ(以下、BGIグループ)は、海外市場のETFであるiシェアーズ・ファンドを計22本、日本において販売される外国投資法人・外国投資信託として新たに金融庁へ届出を行...

記事を読む

No Image

2007-09-22 個別株
ヤフーでこんな記事を見たG大阪「補強」より「育成」G大阪は浦和とは別路線で常勝クラブの道を突き進む。06年度のJ各クラブの経営状況開示を受け、佐野泉社長(63)は19日「浦和のように、やみくもに大きくはしない。今でも主力の顔ぶれを比べてもそん色ないから」と明言。巨大な経営規模を誇る浦和とは別路線で「2強時代」を維持していく方針を示した。 営業収入では断トツの約70億円を計上した浦和に対して、G大阪...

記事を読む

No Image

2007-09-20 外国人
人は個人では優れていても、集団になると凡人以下になることが実に多い「マネー・ゲーム」アダム・スミス(ペンネームで本名はジョージ・グッドマン...

記事を読む

No Image

2007-09-18 資産運用・投資
まずは21世紀の国富論読みましょうか?そして米国直輸入型のファイナンス理論と実際の現場で第一線を張るベンチャー・キャピタリストの違いを投資家は知るべきである。そもそも冷静に考えれば日本人ならば気付くべき疑問はあったはずでしょう。ROE重視の経営とは無駄な人材のリストラと利益のない事業の撤退・・・。研究開発の費用を計上できない企業に未来なんか描けるはずがないのだ。会社は株主のモノと言う感覚に日本人が...

記事を読む

No Image

2007-09-17 日記
買いの企業を見つけるには四季報や証券会社の投資情報もしくはEDINETなど財務諸表から入るひとは多いと思います。実際、大切なことだし間違っていないのですが例えば家族で過ごす休日にそんな作業をしていたら証券分析が自分の趣味であろうと子どもや奥さんはつまらないと気がします。だから最近は買い物やレジャーで感じた新しいアイデアを脳内に溜め込んで気が付いたときにインターネットで調べてみるって作業が多いです。...

記事を読む

No Image

2007-09-14 資産運用・投資
今日は株とは無関係のサッカー本です・・。この本では普段、オシム監督が会見では言わない心の奥にある提言や日本人観があますことなく書き綴られています。人によってはその提言の部分は批判や言い訳にさえ思うかもしれませんが日本を愛するオシム監督のひとつひとつは日本人の持つ特性をよく理解していて「なるほどなぁ~」っと読んでいてハッとさせられます。日本人より日本人のことを理解しているのかもしれないし世界を知ってい...

記事を読む

No Image

2007-09-13 経済・その他ニュース
こんなニュースを聞いたらマーケットも荒れるっつ~の!速報を聞いたときは食べていた唐揚げを噴いてしまった(笑)これは今後いいことなのか悪いことなのかは時間が経たないとわからないけれど恥ずべき首相だったと言う事実は残ってしまいます。そして選んだのは国民です。議員が選んだから違うと思ってはいけません。...

記事を読む

No Image

2007-09-12 日記
今日のマーケットは上がる可能性が高いでも実際に日経が吹き返したとしても本日限りの短期的な反発でしょう。上がる根拠は米国と似たような動きしか国内株はしていないからでホンネで言えば今日、日経が米国を追うように反発をしてみても自分は全然うれしくありません。国内にいる機関投資家や個人投資家は振り回されすぎなんじゃないでしょうか?もっと自分の国の企業をよくみてくれよって気がしてしまう。なんでサブプライムショ...

記事を読む

No Image

2007-09-11 個別株
今年の夏は暑かった!の一言に尽きますねぇ~そんな今年の夏に異様に儲かった業種、儲からなかった業種なんて言うのも当然あります。そういうのを考えるのって好きなんですよ。風が吹けば桶屋が儲かるって話。まず損をした筆頭はアパレル業界です。一番売りたい時期に今年は冷夏だと言われ、いざ夏本番では猛暑なのに陳列棚には秋物しか置いていないという往復ビンタ逆にアパレルでも通販のほうは駆け込み客がたくさん来たらしく去...

記事を読む

2007-09-07 経済・その他ニュース
この夏、一番の流行りは穴がたくさん空いたようなサンダル(?)のクロックスでしょうかね?テレビでもチラホラと紹介されていたし実際、商品は売れています。はじめはクロックスのブームなんて夏の暑い日が過ぎればおしまいかなと感じていたけれど近頃はブームで終わらないような気もします。これからクロックスで確実に流行りそうなのが穴の空いた部分に自分の好きなアクセサリーをつける(らしい)みたいです。この利益モデルは...

記事を読む

No Image

2007-09-06 日記
自分の給料日は10日なのですが今月のはじめから口座には今月分の入金を済ましていて今朝のアメリカ市場の状況を見て早速、資金の半分を使ってしまいました。今日のマーケットがどんな反応をしめしてくれるかわからないしそもそも昨日も日本株は反落しているので今日まで下げてくれるのかは微妙ですが下がって万歳上がって安心ってところです。...

記事を読む

No Image

2007-09-05 資産運用・投資
はじめて投資をする人のためのガイドブックとしてはそんなに悪い本ではありません。ただこの程度の基礎知識ならばインターネットを接続できる環境の人にとっては情報収集出来るだろうし監修がマネックス証券CEOの松本さんだけに紹介する商品がすべてマネックス証券に偏ったのが気にかかる面です。気になるところはゼロサムもしくはマイナスサムゲームなはずの株式投資において全員がプラスになる状態もあり得る(P.20)そこ...

記事を読む

No Image

2007-09-04 日記
今月は9月なので3月決算の企業は半期の決算セールをします。企業としては決算日に在庫を出来るだけなくしたいので消費者のコチラは決算日の目前にY電気や自動車ディーラーに足を運べばバリューなお買い物が出来るという訳ですね?ファンダメンタルズ分析をやった経験があってこそ理解できたのですが決算セールって何も決算日が近いから少しでも売上を上げるために安くても売りまくるのではなくて(中にはそんな会社もあるが)棚...

記事を読む

No Image

2007-09-03 投資信託・ETF
マネックス証券で金利を見てみると金利ダイワMRF0.444%日興MRF0.390%MHAM MMF0.323%と表示されています。ちなみにMHAMとは第一勧業アセットマネジメント株式会社(DKA)と富士投信投資顧問株式会社(FIMCO)が合併されたみずほ投信投資顧問株式会社です。さてMMFとMRFですが最近、MRFの金利の方が高いというねじれ現象が続いています。普通に考えればMMFの方がちょっとは金利が高...

記事を読む

No Image

2007-09-01 売買記録
ファンド先月比とよぴ~@カウンターゲーム-6.7TOPIX-5.7マネックス資産設計ファンド-2.4今月は下げまくりの1ヶ月でした。年初来では10%ほどやられていると思います。しばらくは何かを売ることはあまりないでしょうね?積み立てではないけれどコツコツと買い続けるのみです。...

記事を読む

いつの間にか株は警戒ゾーンへ突入!?

  •  投稿日:2007-09-28
  •  カテゴリ:日記
安い安いと思っていた株もここ最近の上昇でちょっとした警戒ゾーンに入ってきているんじゃないのでしょうか?
朝、記事を書いているけれど今日のマーケット次第では来月以降の戦略を検討しなおしです。(インデックスファンドTSP以外に)

・・・なんか投機家みたい(笑)これも自分の中では投資なんですけれどね。

東証終値、396円48銭高の1万6832円
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3「錬金術入門」篇

ヤバイ・・良書すぎてビックリしたのがホンネ。
本のタイトルからして錬金術入門と書かれ
文面も個性的で一見、胡散臭そうですが読みやすく内容は素晴らしい1冊です。

錬金術≒資産運用≒裁定取引

はじめは???と思うような人も読み終える頃には理解できるでしょう。
まさかこのような本からポーターの「競争の戦略」をおさらい出来るとは思いもしませんでしたし
大雑把な表現で説明されているけれどファイブフォース分析まで学べます。
自分は投資中級者以上かな?と自負する人にはオススメの1冊です。
世界の市場が連動(同じ方向に連鎖する)するアービトラージのメカニズムもこれを読むことでしっかりと理解できるでしょう。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

マネックス証券とiシェアーズ海外ETF

先週末に海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入と言う
ビッグなニュースがあったのでダメもとですがメイン口座であるマネックス証券に質問をしてみました。

◇お問い合せ内容◇
バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ、海外のiシェアーズ22
本を新たに日本市場に投入のニュースでインデックス系のブログではにぎわって
います。

早ければ10月にも認可がおりて販売の見通しですがマネックス証券では取り扱
いの予定はありますか?


◇回答内容◇
お問い合わせありがとうございます。
マネックス証券 コンタクトセンターのOOと申します。

大変恐れ入りますが、現在、当社ではご照会の海外ETFの取扱い予定は
ございません。
取扱いが決定いたしましたらホームページ上にてご案内申し上げます。
何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。

終わり


なんか海外モノの商品に対してバンガードと何か契約みたいなのあるんですかね~?
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

本日の買い付け投信

なかなか今月の残り資金を使い切る機会がなかったので今日あたりで購入してしまいました。購入した投信は

インデックスファンドTSP

また来月にはいくらかを入金するでしょうがすぐに使い切るでしょう。
ある程度、日経平均が復活するまではキャッシュポジションなんてモノは存在させませんよ
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ヤマト運輸のサービス残業

宅配便1位、シェア4割弱のヤマト運輸
業界内での高ROEのカラクリが崩れ落ちそうです。

ヤマト運輸でサービス残業 是正勧告

宅配便大手の「ヤマト運輸」(本社・東京)が、大阪市内の2カ所の集配センターでドライバーにサービス残業(賃金未払い残業)をさせていたとして、大阪南労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが23日、分かった。

 ヤマト運輸によると、ドライバーの勤務は専用の携帯端末の電源を入れると出勤、切ると退勤がそれぞれ記録される仕組みになっている。大阪市内の2カ所の集配センターは今年、同労基署から立ち入り調査を受け、ドライバーが端末起動前に荷物を入れたり、電源を切った後に後かたづけなどをしていたため、是正勧告を受けた。改善報告書を提出するよう求められている。

 同社は報告書を出した後、労基署の指示に従って未払い賃金を計算、支払うとしている。

 ヤマト運輸広報課では「是正勧告を受けたのは事実だが、詳しい時期はいえない。従業員がタイムスケジュール通りに業務を行わなかったためで、意図的にサービス残業をさせたのではない。2カ所の集配センター以外ではこうした事実はない」としている。

引用終わり


気になるのは最後にある広報課では「是正勧告を受けたのは事実だが、詳しい時期はいえない。従業員がタイムスケジュール通りに業務を行わなかったためで、意図的にサービス残業をさせたのではない。2カ所の集配センター以外ではこうした事実はない」と言う部分
今後、いろいろ暴かれていくと思いますが大阪だけでなく全国の集配センターも同様でしょう?
株価対策なのか投資家対策なのかどっちでもいいけれど高ROEの実現のために現場では辛い状況が続いている世知辛い時代です。
クロネコのセールスドライバーには正当な給料は当然払うべきだし
日本中にこう言うブラック企業は多いです。ほとんどと言っても過言ではないかも知れませんね?
日本の企業はアメリカの真似ではなくもっと自分の足元を見つめ直す時期に来ているのではないのか?
景気は回復したと言われるが実際の生活はなんら向上していないと言う国民のホンネを政府も企業も少しくらいは考えた方がいい!


・・・個人投資家ならヤマトHD売り・日通、佐川、西濃買い
もしくはヤマトHD売り・日経平均、TOPIX買いなどのアービトラージをする絶好の機会
これも(情報)格差の時代でしょう。
関連記事
 タグ
None

バークレイズのETFで欲しい1本

海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入するバークレイズ社ですが何でもかんでも欲しいわけではありませんよね?
なにしろ提供数は合計62本になるみたいだし選ぶのに困る量です。
22本の中で一番と思える1本を考えてみると・・・。

iシェアーズ MSCI ワールド

ではないでしょうかねぇ?好みの問題とか投資のスタイル(個性)の違いもあるだろうから絶対的なモノでもありませんが

たとえばiシェアーズ MSCI ワールドが東証に上場されたとします。
そうしたら自分なら今後はコレだけしか買わないでしょう。
iシェアーズ MSCI ワールド全力買いブログと変貌します(笑)
モーニングスターに新しいETFの情報はないので似た投資信託を探したらモルガン・S社のMSCIコクサイ・インデックス・ファンドがありました。
これもよく見るとノーロード(購入も解約も!)で信託報酬及び監査報酬(税込)が0.78%と知ってビックリの投資信託です。
ちなみに販売会社は東海東京証券・広島銀行・ソニー生命・ING生命・岡三証券とマニアックなのがもったいない(?)
TOPIXとの比較チャートはこちら


20070923071454.jpg

長期でみるとあまり変わらないように見えますが安定しています。
買い時としてはいつでもいいかもしれませんがETFを毎月購入できる人は稀だと思うのでタイミングも考慮すると
iシェアーズ MSCI ワールドは米ドルです。円高ドル安のときがいいでしょう。
・・ん?それがわかったら苦労しないって(汗)
株安(国内)の時には円高になります。
説明は省きますがどこかの株が大きく動いたらヘッジファンドが裁定取引をするのです。
日本の株が株安の時に買い出動するのがベスト!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

海外のiシェアーズ22本を新たに日本市場に投入

インデックス投資系のブログではいっせいにこのニュースに食いついています。
それほど海外ETFのビッグなニュースですから当然ですね?

引用
世界最大級の資産運用会社であり、上場投資信託(ETF)の分野で世界最大手のバークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ(以下、BGIグループ)は、海外市場のETFであるiシェアーズ・ファンドを計22本、日本において販売される外国投資法人・外国投資信託として新たに金融庁へ届出を行ったことをお知らせいたします。

引用終わり


金融庁へ届出を行ったところなので今はまだ受理されたわけでもないし販売日が具体的にいつなのかはサッパリわかりません(早ければ10月下旬と言う話もある)
それでも期待は膨らみます。受理されない理由もないでしょ?
個人的には証券会社を通じてではなく東京か大阪に上場してもらいたいところです。
マネックスが取り扱わないと自分にはまったく意味のないニュースですからね・・・。
とにかくこれで国際分散投資をする人にはひとつの完成型が出来上がると思います。パチパチパチ!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

Jリーグ各クラブの経営状況

  •  投稿日:2007-09-22
  •  カテゴリ:個別株
ヤフーでこんな記事を見た
G大阪「補強」より「育成」

G大阪は浦和とは別路線で常勝クラブの道を突き進む。06年度のJ各クラブの経営状況開示を受け、佐野泉社長(63)は19日「浦和のように、やみくもに大きくはしない。今でも主力の顔ぶれを比べてもそん色ないから」と明言。巨大な経営規模を誇る浦和とは別路線で「2強時代」を維持していく方針を示した。
 営業収入では断トツの約70億円を計上した浦和に対して、G大阪は半分以下の約33億円(J1で6位)。「将来的にも、30億円台から大きく変わらないだろう」と同社長。金額では大きく見劣りするが、実はしっかりもうけたデータもある。営業収入から営業費用を引いた「営業利益」の部門では、浦和を2000万円上回る2億4300万円とJトップに立った。
 その一因に人件費を約16億円に抑えている堅実さがある(浦和は約25億円)。大補強を繰り返す浦和に対抗し、同社長は「今後もユースからの昇格で底上げするのが基本方針」と別手法で強化を図る。東の浦和に、西のG大阪。180度違うカラーで日本最強クラブになる。

引用終わり


Jリーグのオフィシャルを見ると情報開示されていていつでもみれるようです。

Jリーグオフィシャルサイト

Jリーグが始まったころは想像もつかないかも知れませんが現在の勢力図は浦和・G大阪の2強時代です。
その2クラブはまったく別の経営方法で強豪になったのがわかります。
営業収入(売上)営業利益売上高営業利益率
浦和レッズ70億2.23億3.19%
ガンバ大阪33億2.43億7.36%

ちなみに浦和の場合、今年は日本代表クラブとしてアジア制覇・世界進出を目指している事情があるので選手を放出(売却)できないのです。
海外志向の選手も多いので一段落すれば営業利益率も向上するでしょう(人件費が下がる)
能力が高く年俸の安い若手選手が後ろで閊(つか)えている状況が現在の浦和だったりする・・・。
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ジョージ・グッドマンの言葉

  •  投稿日:2007-09-20
  •  カテゴリ:外国人

人は個人では優れていても、集団になると凡人以下になることが実に多い


「マネー・ゲーム」アダム・スミス(ペンネームで本名はジョージ・グッドマン

関連記事

21世紀の国富論

まずは21世紀の国富論読みましょうか?
そして米国直輸入型のファイナンス理論と実際の現場で第一線を張るベンチャー・キャピタリストの違いを投資家は知るべきである。
そもそも冷静に考えれば日本人ならば気付くべき疑問はあったはずでしょう。
ROE重視の経営とは無駄な人材のリストラと利益のない事業の撤退・・・。
研究開発の費用を計上できない企業に未来なんか描けるはずがないのだ。
会社は株主のモノと言う感覚に日本人が疑問を持てる今のうちに原点に帰結するべきで
日本の原点であり世界に誇れるストロングポイントはやはり「モノづくり」「技術」でしょう。
無駄は必ずしも無駄ではないし無駄は無意味でもないのである。
現在の経営の最先端を行くのならばMBAが必須なのかも知れないが
日本版MBAや日本的MBAなんて資格が完成出来れば案外、世界から評判を得るかもしれないし資本主義の新しいスタンダードを開ける可能性があると思う。
なぜならカイゼンは日本の専売特許だからである。
本の中のアイデアに新興市場(マザーズ・ヘラクレス・セントレックス・アンビシャス・Q-Board)は統一されるのに大賛成です。店頭市場のジャスダックも含めてもいいでしょう。
その場合に流動性の確保のためにもETFを設定すれば現状の欠点もいくつかは改善される気がします。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

家族サービスは経済を知るいい機会

  •  投稿日:2007-09-17
  •  カテゴリ:日記
買いの企業を見つけるには四季報や証券会社の投資情報もしくはEDINETなど財務諸表から入るひとは多いと思います。
実際、大切なことだし間違っていないのですが例えば家族で過ごす休日にそんな作業をしていたら証券分析が自分の趣味であろうと子どもや奥さんはつまらないと気がします。
だから最近は買い物やレジャーで感じた新しいアイデアを脳内に溜め込んで気が付いたときにインターネットで調べてみるって作業が多いです。
この連休にTDLに行ってみました。
ディズニーランドの園内で感じたことのひとつに
クロックスを履いている人が思っていた以上にたくさんいた!
全体の5%、子どもだけをみたら10%はいたはずです。
日曜日みたいな陽気なら9月の秋ごろでも春先でも履く利用者はいそうです。
以前にクロックスはいつまで流行るのか?を紹介した時は気付かなかったけれど
サンリオがクロックスの販売を手がけているようです。
(たまたまタグを見たときにサンリオの社名を見ただけで一部なのか全体なのかは不明ですが)
そんな風に商品や経済がどんな感じでまわりまわっているのかを休日に知るのも最近の生活のリズムになっています。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

日本人よ!

今日は株とは無関係のサッカー本です・・。

この本では普段、オシム監督が会見では言わない心の奥にある提言や日本人観があますことなく書き綴られています。
人によってはその提言の部分は批判や言い訳にさえ思うかもしれませんが日本を愛するオシム監督のひとつひとつは日本人の持つ特性をよく理解していて「なるほどなぁ~」っと読んでいてハッとさせられます。
日本人より日本人のことを理解しているのかもしれないし
世界を知っている人物だからこそ日本人の伸ばすべき長所やダメな短所を知っているのだと思う。
サッカーが好きな人、日本代表やJリーグを応援する人には一読すると
また違った見方でサッカーを見られるのではないでしょうか?

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

総理が国会をバックレた・・・。

こんなニュースを聞いたらマーケットも荒れるっつ~の!
速報を聞いたときは食べていた唐揚げを噴いてしまった(笑)
これは今後いいことなのか悪いことなのかは時間が経たないとわからないけれど
恥ずべき首相だったと言う事実は残ってしまいます。
そして選んだのは国民です。
議員が選んだから違うと思ってはいけません。
関連記事
 タグ
None

相場を読んでみる

  •  投稿日:2007-09-12
  •  カテゴリ:日記
今日のマーケットは上がる可能性が高い

でも実際に日経が吹き返したとしても本日限りの短期的な反発でしょう。
上がる根拠は米国と似たような動きしか国内株はしていないからでホンネで言えば今日、日経が米国を追うように反発をしてみても自分は全然うれしくありません。
国内にいる機関投資家や個人投資家は振り回されすぎなんじゃないでしょうか?
もっと自分の国の企業をよくみてくれよって気がしてしまう。
なんでサブプライムショックで下げた米国より日本株のほうが下げ幅が大きいのか・・・伝統的な日本人らしさかもしれませんが理解しきれません。
自分の取引履歴をマネックス口座から見てみたら6月6日以降は売りはありません。
この辺りからインデックスに比重を大きくした時期でもあってパフォーマンスもTOPIXに負けているけれど
今の時期に売りから入るのは長期的にみたらもったいないと断言できます。
給料からの追加資金がある限り随時、全力買いでOKだと思いますよ?
まぁ相場観は人それぞれでしょうが・・・。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

猛暑銘柄

  •  投稿日:2007-09-11
  •  カテゴリ:個別株
今年の夏は暑かった!の一言に尽きますねぇ~
そんな今年の夏に異様に儲かった業種、儲からなかった業種なんて言うのも当然あります。
そういうのを考えるのって好きなんですよ。風が吹けば桶屋が儲かるって話。
まず損をした筆頭はアパレル業界です。一番売りたい時期に今年は冷夏だと言われ、いざ夏本番では猛暑なのに陳列棚には秋物しか置いていないという往復ビンタ
逆にアパレルでも通販のほうは駆け込み客がたくさん来たらしく去年より売上が上がったみたい・・・。
もうかった方の意外な分野ではインスタントラーメン
そしてピザの宅配です。

もうかった理由を考えるのって面白くて飽きないですな?
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

クロックスはいつまで流行るのか?

この夏、一番の流行りは穴がたくさん空いたようなサンダル(?)のクロックスでしょうかね?
テレビでもチラホラと紹介されていたし実際、商品は売れています。
はじめはクロックスのブームなんて夏の暑い日が過ぎればおしまいかなと感じていたけれど近頃はブームで終わらないような気もします。
これからクロックスで確実に流行りそうなのが穴の空いた部分に自分の好きなアクセサリーをつける(らしい)みたいです。
この利益モデルはどこかで聞いたことあると思ったら・・・
・・・マテル社のバービー人形と同じですね?
ついでに言うとクロックス・ジャパンは急成長につき現在、大量(たぶん)の求人をしていた記憶があります。
まあ今後が気になる企業なのです。
クロックス・ジャパンは株式上場していませんがクロックスは米国のナスダック市場で上場しています。
クロックス

右肩上がりのきれいなチャートですね?満を持して日本上陸ってところでしょうか?
靴のなかの流行りで終わるのかひとつのカタチとして今後も続いていくのか楽しみです。
関連記事
 タグ
None

すでに全力買いですが

  •  投稿日:2007-09-06
  •  カテゴリ:日記
自分の給料日は10日なのですが今月のはじめから口座には今月分の入金を済ましていて
今朝のアメリカ市場の状況を見て早速、資金の半分を使ってしまいました。
今日のマーケットがどんな反応をしめしてくれるかわからないし
そもそも昨日も日本株は反落しているので今日まで下げてくれるのかは微妙ですが
下がって万歳
上がって安心ってところです。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

1万円からはじめる投資の本

はじめて投資をする人のためのガイドブックとしてはそんなに悪い本ではありません。
ただこの程度の基礎知識ならばインターネットを接続できる環境の人にとっては情報収集出来るだろうし
監修がマネックス証券CEOの松本さんだけに紹介する商品がすべてマネックス証券に偏ったのが気にかかる面です。
気になるところはゼロサムもしくはマイナスサムゲームなはずの株式投資において全員がプラスになる状態もあり得る(P.20)
そこにトヨタ自動車の右肩上がりのチャートを出して説明するがマーケットでは必ず売りと買いがあって成立する。
右肩上がりの部分では必ず売っている投資家も当然いるはずでそれが塩漬け
していた株の損切りなのか利益確定売りなのかは様々だけど
全員がプラスになるのは幻想でしょう。
それと初心者にははじめにゲームソフトのカブトレで練習するのを薦めているけれどこれも本当に必要なのかは疑問です。
ゲームソフトの中のマーケットと実際の金や感情がうごめく本物のマーケットでは難易度がまったく違う。
シミュレーションやバックテストは大切だけどそれは自分の投資に対する信念を補強するためにあるようなもの。
バーチャルのマーケットで上手く運用が出来ても有頂天にならないほうがいいし
文中でもここはしっかりと釘を刺すべきですね?

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

決算セール

  •  投稿日:2007-09-04
  •  カテゴリ:日記
今月は9月なので3月決算の企業は半期の決算セールをします。
企業としては決算日に在庫を出来るだけなくしたいので
消費者のコチラは決算日の目前にY電気や自動車ディーラーに足を運べばバリューなお買い物が出来るという訳ですね?
ファンダメンタルズ分析をやった経験があってこそ理解できたのですが
決算セールって何も決算日が近いから少しでも売上を上げるために安くても売りまくるのではなくて(中にはそんな会社もあるが)
棚卸資産をとにかく小さくする努力をしているのです。
在庫が少なければ投資家は高評価する生き物なので
企業は決算書をきれいにする努力をするのです。

だから決算月(決算日目前)に普段は買えない割高な商品を買うのはいい判断だと思います。
ひとつだけ要注意なのは不動産ですね?
もし3月決算の販売会社でマンション等の完成予定も3月なんて物件があっても買ってはいけない。
一生の買い物ですからね?突貫工事のリスクがあるのは避けたほうが賢明でしょう。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

逆転現象が続くMMFとMRF

マネックス証券で金利を見てみると
金利
ダイワMRF0.444%
日興MRF0.390%
MHAM MMF0.323%

と表示されています。
ちなみにMHAMとは第一勧業アセットマネジメント株式会社(DKA)と富士投信投資顧問株式会社(FIMCO)が合併されたみずほ投信投資顧問株式会社です。
さてMMFとMRFですが最近、MRFの金利の方が高いというねじれ現象が続いています。
普通に考えればMMFの方がちょっとは金利が高くなるのが当たり前の感覚なのだから現在は異常な事態であると言えます。
関係のない話だと政治でも衆議院は自民党が圧倒的で参議院では民主党が圧倒的というねじれ現象が起きています。
政治でもしばらくは落ち着きのない期間が長引くと思うので市場でも落ち着きのない期間は長引くのでしょうね?
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

2007年8月のパフォーマンス

ファンド先月比
とよぴ~@カウンターゲーム-6.7
TOPIX-5.7
マネックス資産設計ファンド-2.4



今月は下げまくりの1ヶ月でした。年初来では10%ほどやられていると思います。
しばらくは何かを売ることはあまりないでしょうね?
積み立てではないけれどコツコツと買い続けるのみです。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます