2008年08月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2008年08月

2008年08月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
No Image

2008-08-30 もの思いにふける
前回資産と費用に思うの続き費用だろうが資産だろうと利益が同じならばそれらは小さい額のほうが市場は評価されます米国型のROE至上主義ってところですね?負債を増加させるか資本を減少させれば財務レバレッジが効いてROEが高くなりますその結果、経営は不安定になるのも目に見えてきますが・・・最近、会社経営そのものが米国型(グローバル型)になっている現状に疑問に思うときが多いです「日本らしさ」って何だろうかな...

記事を読む

No Image

2008-08-30 もの思いにふける
別に公認会計士でもなければ簿記の資格を持ってもいないって意味ではド素人の小話です損益計算書では売り上げから費用を引いていって最終的な利益(当期利益)を出します貸借対照表では過去の利益や株主などから調達した資本と金融機関などから調達した負債を用いてどんな資産に使われたのかを出しますキャッシュフロー計算書は置いといて会計は世界共通の用語です小さな部分では国ごとにローカルルールは存在しているけれど数字を...

記事を読む

No Image

2008-08-29 日本人・儒教
自然の欲望には限度がある。誤った考えから生じる欲望はとどまることを知らない。なぜなら、偽りには終点がないのだから。ストア派哲学者 セネカ他のストア派哲学者の紹介エピクロスの言葉カトー・ウティケンシスの言葉...

記事を読む

No Image

2008-08-28 投資信託・ETF
周りのブログでは行き渡っている情報ですが野村アセットマネジメント社がREITに連動するETF上場を発表しました野村アセット、REITに連動するETF上場を発表野村アセットマネジメントは26日、不動産投資信託(REIT)の指数に連動する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場すると正式発表した。対象となる指数は「東証REIT指数」で、REITで運用するETFは国内初。上場予定日は9月18日。最低売買...

記事を読む

No Image

2008-08-27 資産運用・投資
6人の実際にニューリッチに到達した秘訣話です様々な経緯でたどり着いた強者ですからそれぞれが個性的でそれぞれに学ぶべき点がありそれぞれ違う人達であるのに芯の部分では共通項があることに気付きますその辺りは文中で解説されていくところなので伏せておきますが・・・。気になるところでは6人のニューリッチを紹介する前後では必要以上に「年収1000万円だと逆に精神的に苦しくなることさえある」「年収2000万円を突...

記事を読む

No Image

2008-08-25 投資戦略
前回川の流れのようにの続きですしつこいですが検索で目立ちやすいように敢えてETFやインデックスファンドを太字にしていますプロ集団による市場平均に勝ち抜くヒントがあるとすれば個人がプロ集団に勝るポイントで勝負をするしか方法がない。そこに気付くがどうかがすべてでしょうね?そこから先は投資を趣味や生き甲斐もしくは仕事と感じられなければ始めからインデックスファンドやETFで市場平均にただ乗りする方が賢明で...

記事を読む

No Image

2008-08-25 投資戦略
このエントリー記事をたまたま見る人で更に貯蓄から投資の初心者だったとしたら現在流行りのETFやインデックスファンドに興味を持ち始めた人だろうと思います。ついでに書くと検索で目立ちやすいように敢えてETFやインデックスファンドを太字にしていますしかし残念ながらETFやインデックスファンドと言う市場平均に追随したパッシブ運用には上手い話なんてありませんいつだって平均的に浮き平均的に沈みます学生の時に偏...

記事を読む

No Image

2008-08-24 日本人・儒教
簡単にあきらめる人ほど、不満や愚痴を言う準備をしています。しかし、あきらめない人は、不満や愚痴を言いません。なぜなら、あきらめない人は、それらを言ったところで、何も解決できることはないことを知っているからです。どんな仕事も楽しくなる3つの物語 福島正伸...

記事を読む

No Image

2008-08-23 要望・取材・メディア
「敗者と勝者のゲーム」エルさんの記事国内ETFの配当金の節税方法では1306をはじめとした国内ETFをマネックス証券の貸株サービスで運用した場合の節税方法について紹介されています・・・紹介したエルさんもこれを紹介している自分もその節税方法を忘れて決算日を通過しているなんてどこまで放ったらかし運用なんだってツッコミは無視して(汗)・・・とにかく貸株サービスを手動で切り替えることで税が得するひとも逆に損し...

記事を読む

No Image

2008-08-22 その他の本
この清貧の思想が世に出たのは1992年秋、長い年月を経て現在読んでも色褪せることなく身に染みて学ばなければならないと感じるのは名作だからか?それとも長いバブル崩壊後遺症の中、日本国民がそこから何ひとつとして教訓が残されなかったのか?どちらとも言えるしどちらにしても未来に残るべき傑作である過去の詩人が残した美しい言葉は未来へ伝える哲学であり日本の未来を憂い遺言だったのかも知れない清貧の思想 (文春文庫...

記事を読む

2008-08-21 要望・取材・メディア
Vanguard Total World Stock ETF(VT)欲しいですか?マネックス証券の海外口座を作って待っている状態ですか?期待しないで待っているより諦めたほうが良いかも知れませんよ?Vanguard Total World Stock ETFについてマネックス証券にあれこれ質問してみました質問内容タイトル「希望する投資信託について」海外ETFサービスの運用開始ありがとうございます本邦初のバンガードETFの取り扱いは焦らず待ちますので今後に期待し...

記事を読む

No Image

2008-08-17 日記
今週から仕事再開です・・・早起きとブログは日課みたいなモンだから大した変化はありませんが・・・(;^_^A自分のプロフィールには一応、証券外務員と記入しましたが金融機関で働いているわけではなく趣味の一環として2種を取得したわけです当然この盆休みの期間中は家に居ることが多いのですが思った以上に勧誘の電話が来るみたいですね?おそらく隣に住んでいる親父が定年近いってことも関係あるような気がしますが証券会社から...

記事を読む

2008-08-17 要望・取材・メディア
来月から1306を筆頭とする野村アセットマネジメント社のETFがまるでミニ株の様に買いやすくなりますそれは以前の記事野村アセットのETFが・・・買いやすく変わった!でも紹介してみたし相互リンクの皆さんも同様に好感触な感想が多かった今年の投信界におけるビッグニュースですそこで記事にはしていなかったのですが感謝の気持ちを込めて以前にお世話になった(手紙出した 手紙届いた 手紙の内容)こともある野村アセ...

記事を読む

No Image

2008-08-16 投資信託・ETF
たまには資産運用ブログっぽいネタを書きます(笑)マネックス証券の8月の新規ファンドは9本(ノーロード7本)・・・そのうちパッシブ運用で使えるファンドは1本ありました!パチパチパチ♪三菱UFJ世界国債インデックス年1回決算これは以前の要望に書いたSTAM グローバル債券インデックスを上回る低コストを実現した今現在で最も良いとされる海外債券インデックスファンドです比べると・・・信託報酬(%)信託財産留保額(%)STAM...

記事を読む

No Image

2008-08-15 日本人・儒教
余計な金をもてば余計なものを買うだけ持っていないより、持ちすぎているほうが薄汚く、また醜い。カトー・ウティケンシス...

記事を読む

No Image

2008-08-13 資産運用・投資
タイトルと内容はまったく一致していませんが満足のいく充実の内容です内容と一致させるのならば仮に「日本と世界の金融史」サブタイトルに「過去・現在から国内金融の未来を模索する」ってところでしょうか?そんな地味なタイトルでは読者の眼に点きませんが・・・(汗)日本はいままで米国追従の金融政策を採ってきたのと「日本らしさ」の独自路線をユラユラと・・・時には激しい論戦を交えながらも現在に至ってきた感があるそして...

記事を読む

No Image

2008-08-11 経済・その他ニュース
北京五輪も開幕してマネックス証券も今夜から海外ETFの取り扱い開始ってところなのに自分はこのニュースに釘付けです麻生太郎さんの発言と茂木敏充さんの発言です配当300万円まで非課税 証券優遇税制を拡大 自民党の麻生太郎幹事長は9日、札幌市などで講演し、政府が検討している緊急経済対策で、株式配当に300万円の非課税枠を新設する減税案を表明した。株式投資への優遇税制を大幅に拡大し、家計の金融資産を証券市...

記事を読む

No Image

2008-08-09 日記
タックス・ヘイヴンのことをタックス・ヘブンと混同していましたhavenは避難所ってことでheavenの天国じゃないのね・・・(;^_^Aもうひとつついでにスティール・パートナーズのスティールのこともSteelは鉄鋼って意味でStealの盗むって意味ではない・・・。カタカナ英語で覚えると稀に勘違いしてしまいます。けっこう昔の話ですがひょんなことから思い出したので記事にしてみました。こんな勘違いは自分だけだと思うけれど・・・。...

記事を読む

No Image

2008-08-08 要望・取材・メディア
マネックス証券だけで6資産を選ぶとなると実は他社よりそうとう貧弱なラインナップだったりする・・・。国内株式型 インデックスファンドTSP国際株式型 年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし) トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド国内債券型 STAM 国内債券インデックス・オープン国際債券型 年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)国内不動産 MHAM J-REITインデッ...

記事を読む

No Image

2008-08-07 もの思いにふける
暑けりゃエアコンのリモコンに手を伸ばせば部屋中快適な空間が約束されそれをオフセットさせるが故に室外機からは熱風を世界に撒き散らかす車輪を効率よく転がせるために世界の至る道ではアスファルト真夏のアスファルトの上で腕立て伏せをしようとするものならば手のひらは火傷をするに決まっている真夏の都会の地表がフライパンと例えるのならば我々人間は炒りゴマかポップコーンか?逃げ道を一切許さない都会の治水は予測以上の...

記事を読む

No Image

2008-08-05 資産運用・投資
投資本のカテゴリーで著者の作品は常にどこか異質にも感じる橘さんの文才が素晴らしいからなのだが世界観が大きくて魅せられるからなのでしょうね?第1章の「究極の投資vs至高の投資」から終章の「億万長者になるなんて簡単だ」までストレスもなく読み切れます読み終えた後にようやく金融2・0がどういう事なのかを知り得る個人的な感想として極端に言うと全世界の一般人による裁定が起こり現状のヘッジファンドは役割を終える...

記事を読む

No Image

2008-08-03 ブログ運営その他
リンクについてですがリンクの部分でもリンクフリーです。 好きな場所を好きなようにリンクしちゃってください(笑) と書いてあるようにこだわりとか特にありませんリンクしてくれたついでに今のところ相互リンクを積極的にやりたいとも思っていますのでブログに共通の話題を感じたらこちらからもリンクしますのでヨロシクお願いしますここのコメント欄でもいいしメールフォームからでもどちらでも構いません...

記事を読む

No Image

2008-08-01 投資信託・ETF
相互リンク先のかえるさんの紹介でひろとさんがセゾン投信へ突撃インタビューに行くことを知りそのレポートが公開されています内容はリンク先で確認してくださいQ1. 長期投資へのこだわりQ2. 国際分散投資へのこだわりQ3. コスト(直販)へのこだわり最後に、みなさまへのメッセージこれはねぇ・・・信託報酬が・・。とかノーロードが・・・なんて話は不要ですよ!応援したくなるファンドを応援したいから購入する。そんな投資...

記事を読む

会社は社会のもの

前回資産と費用に思うの続き

費用だろうが資産だろうと利益が同じならばそれらは小さい額のほうが市場は評価されます
米国型のROE至上主義ってところですね?
負債を増加させるか資本を減少させれば財務レバレッジが効いてROEが高くなります
その結果、経営は不安定になるのも目に見えてきますが・・・最近、会社経営そのものが米国型(グローバル型)になっている現状に疑問に思うときが多いです

「日本らしさ」って何だろうかなぁ~ってね?

リストラをしてヒト(費用)を減らすとか最近ではりそな銀行が本社を売って賃貸にしたりと・・・。
たとえ米国では本社を費用化するのが流行りであろうとも
日本まで本社という資産を売却して賃借の形にするなんて米国型の会社経営はそこまで来たのかと感慨深くなります
今後りそな銀行のケースは増えていくでしょう。土地再評価差額金がある一等地ならこっちの方が経済的で効率的かも知れません。その後、土地の安い場所で本社を構える戦略jもアリでしょうし
※りそなホールディングスは中央区から江東区へ移転予定

「無駄なものは省く」聞こえは素晴らしいけれど
ありとあらゆる無駄を無駄とされる現在に「それも無駄なのか?」と問いたい時もあります

車の運転には「遊び」と呼ばれる領域があります
ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ・クラッチと運転手の操作する先には必ず遊びがあります
操作をしても僅かですが反応をしない「隙間」の存在

なぜか?なぜなら遊びがないと車の挙動が良すぎて運転手にストレスがかかるからです

会社経営も株価も遊びや無駄を省いた結果、居心地の悪い社風や神経質な相場になってきたのではないでしょうか?

経営陣が今期に出たより良い利益を来期以降もより良い商品や労働環境の改善にと設備投資に回したいと求める

株主はより良い利益が出たなら増配や自社株買いをして株主リターンを求める

「会社は株主のもの」そんな米国型の常識に疑問を持てればGMの凋落の説明がつくし日本の向かうべき未来も少しは見えてくるのではないか?

自分は誰?それは鏡を覗き込めば左右相反した自分が映り出す
それでは会社は?最終利益は株主のものと言う主張なら聞き入れられるけれど会社すべてが株主のものだ!って主張は自分には理解できません
そして会社を左右相反すれば社会です

米国の背中を見ながら後追いしてきた日本経済、これからは「日本らしさ」との融合を願うばかりです
関連記事

資産と費用に思う

別に公認会計士でもなければ簿記の資格を持ってもいないって意味ではド素人の小話です

損益計算書では売り上げから費用を引いていって最終的な利益(当期利益)を出します
貸借対照表では過去の利益や株主などから調達した資本と金融機関などから調達した負債を用いてどんな資産に使われたのかを出します
キャッシュフロー計算書は置いといて会計は世界共通の用語です
小さな部分では国ごとにローカルルールは存在しているけれど数字を読めれば世界中の株式会社の良し悪しは理解出来るんじゃないかな・・・と

そんな会計用語で誰もこんな些細なことを気にする人は滅多にいないとは思いますが
例えば製造業だったら売上から粗利の間に人件費がかかったり
サービス業だったら粗利から営業利益の間に人件費がかかったりします

つまり会社にとって社員とは費用なわけです

それに対して車でも機械でもつまらぬ建物でも買ったモノは資産と呼ばれます

なんかヒト(費用)はモノ(資産)より見下された存在に思えて仕方がない
だからと言って人件費と言う項目が資産だと不都合があるのも一理あるし
そう言っている自分も資産より費用を見下しているのかも知れないけれど・・・。

「人材の材とは財なんです」と派遣会社のCMなんかで美しい言葉があったとしても所詮はカネを生み出す兵隊でしかないだろうし
所詮は兵隊を監理する社員だって費用と呼ばれます



人件費 = 給与賃金手当+賞与(引当金繰入)+福利厚生費(法定福利費含む)+退職給付費用(引当金繰入)

会社は社会のものに続く
関連記事

セネカの言葉

自然の欲望には限度がある。
誤った考えから生じる欲望はとどまることを知らない。
なぜなら、偽りには終点がないのだから。

ストア派哲学者 セネカ



他のストア派哲学者の紹介

エピクロスの言葉

カトー・ウティケンシスの言葉
関連記事
 カテゴリ
 タグ

国内はじめてのREITに連動するETF

周りのブログでは行き渡っている情報ですが野村アセットマネジメント社がREITに連動するETF上場を発表しました

野村アセット、REITに連動するETF上場を発表
野村アセットマネジメントは26日、不動産投資信託(REIT)の指数に連動する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場すると正式発表した。対象となる指数は「東証REIT指数」で、REITで運用するETFは国内初。上場予定日は9月18日。最低売買金額は1万3000円程度になる見込み。


梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーによると資料のミスプリント騒動が1日の間にありましたが信託報酬は税込み年0.336%で落ち着きそうです

ちなみに分配金は年4回!これはこれで良いと思います。REITは年に2回、決算を迎えますし
制度的に配当性向は95%以上・・・今のところ実質ほぼ全額の収益(テナント料・家賃・倉庫両料)を配当として吐き出しています
株式会社みたいに経営陣の決定で利益の行き先を決まる方法とはもともと違う性質があるので株式投資とは違う視線でJ-REITを見ていくべきでしょう

配当性向ほぼ100%ってことは自分の中では本来基準価額は右肩上がりではなく横ばいになる商品だと思っています

でも実際は投資家の感情によって東証REIT指数はTOPIXよりも派手な動きをしてきました
これからどうなるのかは誰にもわかりませんが株式で資産形成をした後に不動産で安定的な収益を手にする・・・。自分の中で思い描くひとつのカタチです

J-REIT物件には一級品は滅多にでないで型落ち物件が多いので勧めない不動産投資家はいますが
REIT・・・さらにはそれらをパッケージングしたETFには多数の物件を分散して所有できると言うリスクを減らすメリットがあります
それに一棟まるごと不動産投資しても修繕とか手入れをするのとか考えると自分が不動産に手を出せるのはREITもしくはそれらに連動したETFしか考えられません

野村アセットマネジメントさん。グッジョブ!!
関連記事

ニューリッチの成功法則

6人の実際にニューリッチに到達した秘訣話です
様々な経緯でたどり着いた強者ですからそれぞれが個性的でそれぞれに学ぶべき点があり
それぞれ違う人達であるのに芯の部分では共通項があることに気付きます
その辺りは文中で解説されていくところなので伏せておきますが・・・。
気になるところでは6人のニューリッチを紹介する前後では必要以上に

「年収1000万円だと逆に精神的に苦しくなることさえある」

「年収2000万円を突破すれば世界が変わる」

・・・と煽りたてる感じが強すぎると思う
そこにチョットした違和感を覚えてしまった
けれどこの本を手にする人はそもそも現状に不安や不満があったりしてこういう本をキッカケに自己変化を求めているのだろうから
もしかしたら自分の感じた違和感こそが間違っているのかも知れないが・・・。

ただP.210の話に出てくるような

「とにかく子どもにはたくさんお金を使わせます。欲しいというものは全部買ってあげます。」

教育は人それぞれで答えはないのだけれどカネがすべてに繋がる成功法則かどうかは成長した子どもを写し鏡のようにのぞき込んだ時にわかるのかな・・・と

最後に批判的に書いてしまったけれどオススメの星4つです
出来ればページの許す限りニューリッチをより多く紹介して欲しかったかな?肝心な部分は案外ボリュームが足りていません

ニューリッチの成功法則―目指せプチ富豪! 年収2000万円突破で世界が変わる!ニューリッチの成功法則―目指せプチ富豪! 年収2000万円突破で世界が変わる!
(2008/05)
高城 幸司原田 曜平

商品詳細を見る
関連記事
 カテゴリ
 タグ

風に吹かれて

前回川の流れのようにの続きです
しつこいですが検索で目立ちやすいように敢えてETFインデックスファンドを太字にしています



プロ集団による市場平均に勝ち抜くヒントがあるとすれば個人がプロ集団に勝るポイントで勝負をするしか方法がない。そこに気付くがどうかがすべてでしょうね?
そこから先は投資を趣味や生き甲斐もしくは仕事と感じられなければ始めからインデックスファンドETFで市場平均にただ乗りする方が賢明です
自分の考えの中では妻子など守るべきものがある場合はパッシブ運用が最良の選択肢だと思う
生半可な証券分析をしている暇があったら子どものために何かしてあげれば妻からの株も上がると思うし
投資に費やす時間と家庭に費やす時間を天秤にかけたときに見える大切なモノとは一体何なのか?

そして投資の世界で生きることを選んだとして間違っても誰かのアイデアにただ乗りする投資だけはしないように・・・。

上手い話には裏がある

逆に言えば

上手くない話に真実がある

インデックスファンドETFが真実だとまで言いませんが上手くない話だとは思います

それでは守るべきものがない場合も効率的にパッシブ運用で行くべきなのか?
批判もあるとは思いますが自分の中では「そうとは思えません」
投資が趣味ならば銘柄分析をしてタイミングを見計らって・・・株式投資をするべきだと思います
たとえベンチマークに負けてもそれが何だって気がします
投資は青春なんだって最近の自分は考えていたりする時がありますから・・・。
それを効率的だからと・・・効率的にはじまり効率的に終わる・・・。それが趣味だったら面白くない投資人生に思えて仕方がない。
落ち着いてからでも資産運用の道は閉ざされていないのだからこれをたまたま見た投資初心者で思い当たるフシがあったら相場のルールを体を張って覚えこんで見るのも良いと思いますよ?
失敗を気にして生きるほど難しい世界じゃないのだから一歩一歩効率的の意味の大事さを実感すれば良いのです
関連記事

川の流れのように

このエントリー記事をたまたま見る人で更に貯蓄から投資の初心者だったとしたら
現在流行りのETFインデックスファンドに興味を持ち始めた人だろうと思います。
ついでに書くと検索で目立ちやすいように敢えてETFインデックスファンドを太字にしています

しかし残念ながらETFインデックスファンドと言う市場平均に追随したパッシブ運用には上手い話なんてありません
いつだって平均的に浮き平均的に沈みます
学生の時に偏差値が50より遙か上の人には苦痛な話ですが常に僅かなコストを抜いた偏差値ほぼ50です
そう考えると普通の人と劣等生にとっては都合のいい話です。何の努力もしないで平均点が約束されますから?

じゃあ自分は優等生だったから自分だけは市場平均に勝てる才能があるのではないか?って人はいますか?
答えは「やってみなければ誰にもわかりません」市場平均に勝てるかも知れないし負けるかも知れない
言い方を変えれば「宝くじは買わなければ当たらない」の発想に近い・・・。

この言い方には反論も当然あるし自分にも結論に到達していない部分もある
それは「知識や技術・メンタルの習得によってパフォーマンスが向上する可能性と実際に存在している人が多数いる事実」ってところです
ところが市場そのものが「知識や技術・メンタルの習得をした(であろう)集団の平均点」なのです。簡単ではありません

エントリー風に吹かれてに続く
関連記事

福島正伸の言葉

簡単にあきらめる人ほど、不満や愚痴を言う準備をしています。
しかし、あきらめない人は、不満や愚痴を言いません。なぜなら、あきらめない人は、それらを言ったところで、何も解決できることはないことを知っているからです。

関連記事
 カテゴリ
 タグ

株主優待自動取得サービスには今後改善される!?

「敗者と勝者のゲーム」エルさんの記事国内ETFの配当金の節税方法では1306をはじめとした国内ETFをマネックス証券の貸株サービスで運用した場合の節税方法について紹介されています

・・・紹介したエルさんもこれを紹介している自分もその節税方法を忘れて決算日を通過しているなんてどこまで放ったらかし運用なんだってツッコミは無視して(汗)
・・・とにかく貸株サービスを手動で切り替えることで税が得するひとも逆に損しちゃうひともいるので得するひとに該当するひとは切り替えることをオススメします

エルさんのコメント欄で紹介しているリンク先の「4.確定申告した方がいいのか?」が見やすいのでどうぞ
リンク先・・・配当控除

ちなみに自分は同じコメント欄にあるように株主優待自動取得サービスを利用すれば勝手に決算日直前になったら実物の株式になれると勘違いしていました
株主優待とセットになっていない配当は自動では取れないんですね・・・?

そこでマネックス証券に改善できないか聞いてみました

◇お問い合せ内容◇

いつも使いやすいサービスありがとうございます

さて貸株サービスについてですが配当に関する節税策で配当控除を利用しようと考えると決算日近くになったら手動で貸株サービスの対象から外す必要があります

株主優待のある銘柄だったら「株主優待自動取得サービス」を利用すれば良いだけの話でしょうが株主優待とセットになっていない配当は自動では取れません。

出来れば「株主優待自動取得サービス」をさらに使いやすい「株主権利自動取得サービス」に変更してくれないでしょうか?

インターネット上でもマネックス証券の貸株サービスについての議論で取り上げられる部分なのでヨロシクお願いします



◇回答内容◇

いつもマネックス証券をご利用いただきありがとうございます。
お問合せいただいた件につき回答申し上げます。

現在のところ、貸株対象銘柄は1000銘柄以上あり、そのすべての銘柄に対し配当等を含めた株主権利を、自動的に取得いただけるようにするためには、各銘柄の権利処理に関するデータ管理が必要となります。
そのデータ管理がシステム上大変困難であり、現状は、株主優待を持つ銘柄のみ自動的に貸株からはずれるようになっております。

また「貸株サービス」をご利用中のお客様の中には、配当通知等での受取り手続きを省略して、当社からの配当金相当額の直接入金をご希望される方もいらっしゃいます。

そのため、現状、配当等の権利をお取りいただくためには、お客様ご自身で「貸株からはずす指示」を行なっていただいております。
何卒ご了承いただきますよう、お願いいたします。

ただ、現在「貸株サービス」をご利用のお客様より、配当等の権利も自動的に取得できるようにしてほしいとのご要望も、多数頂戴していることは事実でございます。
しかしながら、現状としましては、サービス提供予定は未定となっております。
今後、継続的に社内で検討を重ね、お客様により良いサービスをご提供できるよう改善を進めてまいる所存ですので、現状の貸株サービスにつきましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また何かお気付きの点がございましたら、お声をお聞かせいただけると幸甚でございます。

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。


似たような意見は自分以外にも多いようです。もしかしたら沢山の個人投資家が要望メールを出すと将来的には実現できるかも知れないですね?
設備投資も含め簡単には変更できないと思いますが今後に多少は期待できる返答内容ですね?
関連記事
 タグ

清貧の思想

この清貧の思想が世に出たのは1992年秋、長い年月を経て現在読んでも色褪せることなく身に染みて学ばなければならないと感じるのは名作だからか?
それとも長いバブル崩壊後遺症の中、日本国民がそこから何ひとつとして教訓が残されなかったのか?
どちらとも言えるしどちらにしても未来に残るべき傑作である
過去の詩人が残した美しい言葉は未来へ伝える哲学であり日本の未来を憂い遺言だったのかも知れない

清貧の思想 (文春文庫)清貧の思想 (文春文庫)
(1996/11)
中野 孝次

商品詳細を見る

» 記事の続きを読む

関連記事

VT買いたきゃ海外口座しかないでしょ?

Vanguard Total World Stock ETF(VT)欲しいですか?マネックス証券の海外口座を作って待っている状態ですか?期待しないで待っているより諦めたほうが良いかも知れませんよ?

Vanguard Total World Stock ETFについてマネックス証券にあれこれ質問してみました



質問内容
タイトル「希望する投資信託について」

海外ETFサービスの運用開始ありがとうございます

本邦初のバンガードETFの取り扱いは焦らず待ちますので今後に期待します。
そして使い勝手の良い充実したサービスの追求をよろしくお願いします

さてバンガードETFの取り扱いと言うとインデックス投資家(ETFはそもそもインデックス投資家向けの商品)にとって

Vanguard Total World Stock ETF (VT)

これを期待していますが実際のところ取り扱い予定についてはいかがでしょうか?

これに伴ってマネックス証券だけに出来る期待したいことに投資信託としてのVT連動インデックスファンドを是非検討お願いします

今後、海外ETFとしてVTを扱うにしても毎月積み立てで連動インデックスファンドがあるとリレー投資用としても便利ですし
信託報酬次第ではそのインデックスファンドで国内外株式についてはファイナルアンサーと呼べる投資信託にもなり得るので
3種あるバンガード社の投資信託に次ぐ目玉商品として繰り返しますが是非検討ヨロシクお願いします


◇回答内容◇

いつもマネックス証券をご利用いただきありがとうございます。
この度は米国株取引について、ご要望をありがとうございました。

お客様のお声を元にさまざまなサービスの改善や拡充を図っておりますが、今のところ、『Vanguard Total World Stock ETF (VT)』の具体的な取り扱い予定はございません。ご希望の商品がなく、ご不便をおかけしますが、現状につきましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

頂戴いたしましたご要望は、今後の米国株取引のサービス改善や拡充を行う上で、ご参考とさせていただきたいと存じます。

未だご満足いくだけのサービスとなっていないかも知れませんが、お客様にご満足いただける証券会社を目指して参りたいと存じますので、
今後ともマネックス証券をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。
また、何かお気付きの点などございましたら、お声をお聞かせいただけると幸甚です。


・・・具体的な取り扱い予定はございませんって・・・検討すらしていないって事でしょうか?
たしかに金融庁への届出がないのだから実際問題、売りたくても売れないのでしょうがそういう(届出)雑務なんかをウラではやっていることをチョットは期待していたんですけれどね?
こういう質問はVanguard社に直接、問い合わせた方が早いんでしょうか?

「日本の投資家にもVTを買える環境をヨロシクお願いします!」って

だけれどもバンガード・インベストメンツ・ジャパンを見たってメールフォームも無ければ住所もない・・・終わった
※まろさんからバンガード・インベストメンツ・ジャパンの住所と代表者を頂いたのでもう少しネタを投下できるかも知れません
バンガードへの手紙
・・・相変わらず字が汚いなぁ・・・(汗)



今回の記事は相互リンクをはじめ多くの方からも紹介を頂きました♪

Vanguard Total World Stock ETF(VT)のマネックス証券での取り扱い予定なし
ホンネの資産運用セミナー

マネックスにはあまり期待しない方がよいみたいです
レバレッジ投資実践日記

Vanguard Total World Stock ETF(VT)がマネックスで扱われない??
道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々)

日本の取引所に海外ETFが重複上場されない理由
小金持ち父さんの資産設計塾(?)



後日、手紙が届きました

【VWO?】バンガードの手紙到着【来るよ!】

【重複上場とは】バンガードの手紙到着 続き【幻想ですから】
関連記事

証券マンにお盆はありませんから

  •  投稿日:2008-08-17
  •  カテゴリ:日記
今週から仕事再開です・・・早起きとブログは日課みたいなモンだから大した変化はありませんが・・・(;^_^A

自分のプロフィールには一応、証券外務員と記入しましたが金融機関で働いているわけではなく趣味の一環として2種を取得したわけです

当然この盆休みの期間中は家に居ることが多いのですが思った以上に勧誘の電話が来るみたいですね?
おそらく隣に住んでいる親父が定年近いってことも関係あるような気がしますが証券会社からの電話が数日間の盆休み中に2回もありました

まぁ勝手に電話が着たんだから勝手に実名を晒すと立花証券木証券です

残念ながら電話に出たのが自分ではなかったのでネタとして面白いモノを聞き出せなかったんですがこう言う電話は奥に言わせると「しょっちゅう掛かってくる」みたいです

あんまり聞かない証券会社なのでついでにサービス内容を見てみると・・・中堅みたいですね?
サイトの作りでは立花がひどいです。手数料なんかは見れますが投資信託は何を取り扱っているのかすら理解出来ません
どちらかと言うと木のほうが見やすくて印象は良いです
株式るいとうも出来ますし個人投資家寄りな感じはします。ただ購入・売却する場合は、一律1.155%(税込)の売買手数料を高いと見るか普通と見るかはネット証券を見慣れた人には・・・です
木のほうは投資信託の取り扱いファンドもネット上で見れました!
むむむ・・・インデックスファンドがノーロードじゃないようですね?戦略的に売り易そうなグロソブもノーロードではないようだし・・・電話勧誘してくる業者なんて電話勧誘している暇とコストがあったら違うトコロに労力を使えばいいのに・・・って思います
特に強みを持つところも無いので勧誘する人も「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」位にしか考えていないと思いますが・・・こんな些細な積み重ねが証券業のイメージを悪くしている気がします
関連記事
 カテゴリ
 タグ

野村AM、ETF売買単位を10分の1に下げた真相を聞いてみた

来月から1306を筆頭とする野村アセットマネジメント社のETFがまるでミニ株の様に買いやすくなります
それは以前の記事野村アセットのETFが・・・買いやすく変わった!でも紹介してみたし相互リンクの皆さんも同様に好感触な感想が多かった今年の投信界におけるビッグニュースです

そこで記事にはしていなかったのですが感謝の気持ちを込めて以前にお世話になった(手紙出した 手紙届いた 手紙の内容)こともある野村アセットの田畑さん(通称ETFを作る人byテレビ東京)に手紙を出しました

・・・で返事が返って来ました!

野村AMからの手紙

とりあえず送った手紙の内容も書いておかないと返答内容もよくわからないと思うのでこちらから・・・

再度の突然の封書を失礼します
ブログ「カウンターゲーム」の「とよぴ~」です

前回の700人を超える個人投資家のアンケート結果の時の返事はありがとうございました
田畑さんからの返答内容はインターネット上でもみんなが大変好意的に受け取りました!

さて最近の野村アセットマネジメント社さんからのニュースリリースではETFの購入単位の引き下げと言う個人投資家にとって嬉しいビッグサプライズがありました
大和投信の業種別ETFは個人投資家から大不評だったのに対して今回の野村AMさんの決断は知っている限りはほぼすべての投資ブロガーに支持されています

ところで今回の購入単位の引き下げは以前から考えていたプランですか?

それとも大和投信の17本の新ETFを潰すための戦略的対抗措置ですか?

それとも前回の個人投資家からのアンケート結果に出てきた購入金額への要望に対しての野村AMさんの答えですか?

何にせよ結果としてETFの購入単位の引き下げは嬉しいのですが単純に今回のニュースリリースの真相を知りたいなぁ・・・と漠然と思っています。

そして年内にはステート・ストリート社が『S&P500 SPDR』をはじめ海外の株式、債券、不動産などの指数連動型ETFを年内に複数上場させたい予定ですが
その頃にタイミングを合わせるかのようにMSCIコクサイ・インデックス連動ETFのニュースリリース発表なんてビッグサプライズを今回のニュースのように再度期待します

長々と書いてしまいましたが忙しいなか最後まで読んでくれてありがとうございました


そして田畑さんからの返事はこちら

残暑の候、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚情をいただき心より御礼申し上げます。

このたびは、私共の取り組みを評価してくださり、誠にありがとうございます。ETFの担当者として幸甚の限りでございます。

ご質問頂いた今回の売買単位引き下げにつきましては、個人投資家による市場取引活性化を狙いとして前々から弊社内で検討していたものであり、ご推察されているような経緯はございません。

今後とも、投資家の皆様のお褒めの声を励みにして、ETF振興に努める所存ですので、ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いします。

未筆ながら、なお一層のご健勝を祈念申し上げます。

敬具

平成20年8月15日
野村アセットマネジメント株式会社
商品企画部 田畑邦一


ブログを書いていると世の中って悪いニュースばかり目に行ってしまうので思考が批判的になりがちです
だから意識的にでも良いものは素直に良いと言えるような自分でいたいし実際に「これはいいなぁ」って思えたのでその気持ちを直接伝えてみた結果・・・

このたびは、私共の取り組みを評価してくださり、誠にありがとうございます。ETFの担当者として幸甚の限りでございます。


・・・との返事にもあるように嬉しいはずなんです。自分だって仕事していて認められたり褒められりゃ嬉しいですからねぇ♪

話は長くなりましたが記事のエントリーにある【真相】は・・・

前々から弊社内で検討していたものであり、ご推察されているような経緯はございません。


とあるように・・・今回の購入単位の引き下げは以前から考えていたプランでした!

大和投信の17本の新ETFを潰すための戦略的対抗措置でもなければ個人投資家からのアンケート結果に出てきた購入金額への要望でもないようですね?

ついでに軽く海外指数連動のETFに突っ込んで見たけれどスルーされたようです。まぁ正直に書くとあっという間にインターネット上でリークされるようなモンだから検討していても検討していなくても簡単に回答しないで避けるのも賢明なのかも知れない・・・でしょうね?
関連記事

マネックス証券で三菱UFJ世界国債インデックスをリリース

たまには資産運用ブログっぽいネタを書きます(笑)

マネックス証券の8月の新規ファンドは9本(ノーロード7本)・・・そのうちパッシブ運用で使えるファンドは1本ありました!パチパチパチ♪


これは以前の要望に書いたSTAM グローバル債券インデックスを上回る低コストを実現した今現在で最も良いとされる海外債券インデックスファンドです

比べると・・・


信託報酬(%)信託財産留保額(%)
STAM グローバル債券インデックス0.670.05
三菱UFJ 世界国債インデックス0.630

・・・この違いですね?あとはノーロードで同じだったり違いは基本的にはないのかな・・・と
保有コストについては多少ですが世界国債の方がお得です。ただどちらもワリと新しいファンドなので見えないコストを見比べないと詳しいところまではわかりません

信託財産留保額については長期保有を目的にするのならば逆に存在するほうが良いケースもあったりするしどちら(有るのと無いのと)が本当に良いことなのかはホルダー自身の問題になりそうです
Mc.Nさん風に言うと他人の解約には自分に手切れ金が舞い込むわけで「ウハウハモード」へ長期的には突入となります



まぁ間違っても今月の7本ある新規ファンドの2本

”グロソブ”1年決算型
”エマソブ”1年決算型

・・・には手を出さないように・・・。
関連記事
 カテゴリ
 タグ

カトー・ウティケンシスの言葉

余計な金をもてば余計なものを買うだけ


持っていないより、持ちすぎているほうが薄汚く、また醜い。


関連記事
 カテゴリ
 タグ

金融vs.国家

タイトルと内容はまったく一致していませんが満足のいく充実の内容です
内容と一致させるのならば仮に「日本と世界の金融史」サブタイトルに「過去・現在から国内金融の未来を模索する」ってところでしょうか?
そんな地味なタイトルでは読者の眼に点きませんが・・・(汗)

日本はいままで米国追従の金融政策を採ってきたのと「日本らしさ」の独自路線をユラユラと・・・時には激しい論戦を交えながらも現在に至ってきた感がある

そして世界の金融は最先端を行く自分のまいた種「サブプライム問題」で大変な事態に陥っている
そこに新興国やオイルマネーはそれらの金融機関を買い漁っているが日本はそれほど大胆には参戦していない

バブルのツケの代償に手間取っていたので時代に取り残されたとも言えるし
取り残されたからこそサブプライムからは信じられないほど傷口が浅く済んだとも言える
それが実は文中にあるようにバブル崩壊からの教訓でリスクの対応が日本独自のやり方としてサブプライム危機から逃れたとも言えて何が正しくて何が正しくないのかはわからない

話をはじめに戻すと欧米化か日本独自化は今後もバランス良くユラユラと揺れ動くのが正しいのかは誰にもわからないが悪くはないとも思う

読み終えても正しい答えは在るようで無いような感想です

金融vs.国家 (ちくま新書 724)金融vs.国家 (ちくま新書 724)
(2008/06)
倉都 康行

商品詳細を見る
関連記事
 カテゴリ
 タグ

配当300万円まで非課税!?

北京五輪も開幕してマネックス証券も今夜から海外ETFの取り扱い開始ってところなのに自分はこのニュースに釘付けです

麻生太郎さんの発言と茂木敏充さんの発言です

配当300万円まで非課税 証券優遇税制を拡大
 自民党の麻生太郎幹事長は9日、札幌市などで講演し、政府が検討している緊急経済対策で、株式配当に300万円の非課税枠を新設する減税案を表明した。株式投資への優遇税制を大幅に拡大し、家計の金融資産を証券市場に呼び込み、株価上昇や消費拡大につなげることを目指す。

 住宅取得や設備投資を促すための減税策も盛り込むべきだと主張。景気が後退局面に入ったとみられる中で、政府、与党は新たな経済活性化策を探っており、政策減税が大きな焦点になりそうだ。

 麻生氏は「景気対策をしないとたぶん法人税(収入)は減る」と述べ、財政を将来健全化するためにも景気対策を最優先すべきだと主張。株式配当の非課税枠新設について「首相になったらやりたいと思っていたが、待っていられない。やるならいまだ」と、実現に強い意欲を示した。

株配当の非課税も 投資300万円までの案浮上
 茂木敏充金融担当相は10日、株式配当の一部を非課税にするなどの減税案について、株式市場の活性化には証券優遇税制の拡大が必要との考えを示した。非課税案をめぐっては、自民党の麻生太郎幹事長が9日の講演で景気対策の一環として「株を買ったらその株の配当は300万円については無税にする」と語ったが、同氏周辺によると「団塊の世代など個人投資家の株式市場への参入がより期待できる」として1人当たり300万円までの株式投資について配当金を非課税にすることなどを具体策として検討しているという。
 麻生氏が示した株式配当の非課税案について茂木金融相は10日、記者団の質問に「一つの大きな検討材料だと思っている」と答えた。金融庁は来年度の税制改正要望に盛り込むことを検討する。


会社が配当にたどり着くまでには売上~営業利益~経常利益~税引き前利益~当期利益~配当・・・って流れになります
そもそも会社は利益の4割近くは利益を計上する時には法人税として支払っているので個人が配当を受け取るときに所得税を支払うのには以前から問題として残っていた部分(配当二重課税問題)なのだから
配当は無税って福田さんが気前良く発言してくれれば嬉しいんですけれどね?
麻生さんには問題発言とかいろいろありますが政治家としては珍しく普通の人の視点を持っているところもあるので結構好きな政治家です

話をはじめに戻して麻生さんって何気にモントリオール五輪の日本代表選手だったりする。クレー射撃ってマイナーな競技だから目立たないが根性は普通の政治家よりありそうです
関連記事
 タグ

よくありがちな勘違い

  •  投稿日:2008-08-09
  •  カテゴリ:日記
タックス・ヘイヴンのことをタックス・ヘブンと混同していました

havenは避難所ってことで

heavenの天国じゃないのね・・・(;^_^A

もうひとつついでにスティール・パートナーズのスティールのことも

Steelは鉄鋼って意味で

Stealの盗むって意味ではない・・・。

カタカナ英語で覚えると稀に勘違いしてしまいます。けっこう昔の話ですがひょんなことから思い出したので記事にしてみました。こんな勘違いは自分だけだと思うけれど・・・。
関連記事
 カテゴリ
 タグ

マネックス証券のインデックスファンド

マネックス証券だけで6資産を選ぶとなると実は他社よりそうとう貧弱なラインナップだったりする・・・。

  • 国内株式型 インデックスファンドTSP

  • 国際株式型 年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし) トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド

  • 国内債券型 STAM 国内債券インデックス・オープン

  • 国際債券型 年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)

  • 国内不動産 MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)

  • 国際不動産 STAM グローバルREITインデックス・オープン


特にJ-REITファンドが酷いですね?分配金受取コースしか選べないので金額指定で購入できません
まぁ例えカブドットコムのビルオーナーみたいに再投資型を選択できてもJ-REITファンドだったら他の商品で魅力的なモノが登場しているのできっと手を付けませんが・・・。
そこで久しぶりにマネックスに要望を出してみました

質問内容
【各アセットの取り扱いインデックスファンドについて】

いつも個人投資家の要望に応えた商品のリリースありがとうございます

さてインデックスファンドについてですが

海外不動産については
STAM グローバルREITインデックス・オープン

国内債券については
STAM 国内債券インデックス・オープン

・・・とニーズの高い商品を用意して満足ですが
国内不動産については毎月分配型のビルオーナーの口数単位での購入しか存在しないのが非常に不便です
STAM J-REITインデックス・オープンの取り扱いの検討をよろしくお願いします

さらにはSTAMインデックス・オープン・シリーズについては各ネット証券で取り扱いを拡充してきているので国内株式・海外株式も含めすべてのSTAMインデックス・オープンの取り扱いをよろしくお願いします

◇回答内容◇

いつもマネックス証券をご利用いただきましてありがとうございます。
マネックス証券コンタクトセンター××と申します。

この度はとよぴ~様の貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。

お取扱い商品の追加・拡充予定につきまして、現在のところ、お客様にお伝えできる情報がございませんが、お客様からいただくお声を元に随時検討を行い、追加をしておりますので、お知らせいただきました「STAM J-REITインデックス・オープン」含め「STAMインデックス・オープン・シリーズ商品」について担当部署に伝えさせていただきます。

さまざまなご意見がございますため、対応できないご要望もございますが、お客様にとってより良い金融商品の提供に努めてまいりたいと存じますので、今後もお気付きの点などございましたらお声をお聞かせいただけると幸甚です。

なお、ご参考までに当社取扱いの国内不動産投資信託において「中央三井JリートアクティブF(再投資型/金額指定)」がございます。
インデックスファンドではございませんが、ご参照いただければと存じます。

7月11日最新情報
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2008/news807g.htm

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。



STAMインデックス・オープン・シリーズはネット証券各社で取り扱いを拡充してきているのでマネックスの追随したほうが良いです。国内債券と海外不動産を取り扱ったってことは全商品リリースはそれほど難しい問題ではないでしょうからね?

SBI証券は当然だとしても楽天・カブドットコム・ジョインベスト証券と来ているのでSTAMシリーズがこれからの日本のインデックスファンドをリードしていく存在になっていくだろうし実際になってきた感じがします
関連記事
 タグ
None

低炭素社会は欲望との終わりなき戦い

暑けりゃエアコンのリモコンに手を伸ばせば部屋中快適な空間が約束され
それをオフセットさせるが故に室外機からは熱風を世界に撒き散らかす

車輪を効率よく転がせるために世界の至る道ではアスファルト
真夏のアスファルトの上で腕立て伏せをしようとするものならば手のひらは火傷をするに決まっている
真夏の都会の地表がフライパンと例えるのならば我々人間は炒りゴマかポップコーンか?

逃げ道を一切許さない都会の治水は予測以上の豪雨に対応出来ずに鉄砲水を下流に追いやることになっている

炭素とは重商主義から産業革命へと続く人類の繁栄そのもので
酸素とは自然への帰結・回帰なのかも知れない

誰も「頼むから成長を止めてくれ!」と言えないでしょ?経営者や国のトップなら尚更ですよ?

酸素社会は人類の矛盾だから低炭素(低成長)がキーワード?

先進国や新興国、みんなが歩調を合わせて低炭素社会?そりゃ不可能ですから
2008年8月・・・暑い日が続きます
関連記事

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

投資本のカテゴリーで著者の作品は常にどこか異質にも感じる
橘さんの文才が素晴らしいからなのだが世界観が大きくて魅せられるからなのでしょうね?

第1章の「究極の投資vs至高の投資」から終章の「億万長者になるなんて簡単だ」までストレスもなく読み切れます
読み終えた後にようやく金融2・0がどういう事なのかを知り得る

個人的な感想として極端に言うと全世界の一般人による裁定が起こり現状のヘッジファンドは役割を終える時代が来るのではないか?

光ファイバーで世界と繋げパソコンを開き少々の設備投資で機関投資家と変わらない環境を個人投資家が手にした現在にとってみれば・・・
ヘッジファンドはもはや過渡期の突然変異なのかも知れないしプライベートバンカーが洩らした戯れ言の

「私たちは絶滅していく人種なのです」(P.3)

「高級車(プライベートバンク)に乗ったからといって特別な目的地が用意されているわけではありません。電車やバスを使っても、同じ場所にたどり着くことはできるでしょう」

なにか頭に残る言葉に思えたのは為替FXで主婦が4億とか7億を稼いだ違和感と一致した(第3章)・・・。

世界市場は上下運動を繰り返しながらも長期的には拡大する
そんな中で投資家の思想や信念とは関係なく自己増殖してしまうわけで

・・・世界中の個人投資家による「自分だけが儲かりたい」と思う感情が世界市場に流入した結果が現代の国家や日常生活が耐えられないほどの物価高や地球灼熱化へと複利の速度で突き進んでしまったのではないか?

経済的自由を求めるのも当然ながら重要だが新興国の爆発的な成長を見せつけられると「環境」も無視できない要素になるし
経済的自由人が慈善活動にすすむ心理が見えてきたりもする

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
(2008/03/07)
橘 玲

商品詳細を見る
関連記事
 カテゴリ
 タグ

PageRankだけでブログの価値は測れません

リンクについてですがリンクの部分でも

リンクフリーです。 好きな場所を好きなようにリンクしちゃってください(笑)


と書いてあるようにこだわりとか特にありません

リンクしてくれたついでに今のところ相互リンクを積極的にやりたいとも思っていますのでブログに共通の話題を感じたらこちらからもリンクしますのでヨロシクお願いします
ここのコメント欄でもいいしメールフォームからでもどちらでも構いません

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

セゾン投信からの素晴らしいメッセージ

相互リンク先のかえるさんの紹介でひろとさんがセゾン投信へ突撃インタビューに行くことを知り
そのレポートが公開されています

内容はリンク先で確認してください

Q1. 長期投資へのこだわり

Q2. 国際分散投資へのこだわり

Q3. コスト(直販)へのこだわり

最後に、みなさまへのメッセージ

これはねぇ・・・信託報酬が・・。とかノーロードが・・・なんて話は不要ですよ!
応援したくなるファンドを応援したいから購入する。そんな投資信託の基本を思い知らされる心に響く取材でホルダーにとっても心地好いです
こんな素晴らしい話を聞かせてくれたひろとさんには感謝&お疲れ様です!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます