2008年09月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2008年09月

2008年09月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

2008-09-30 経済・その他ニュース
こりゃスゲー大暴落!あまりに凄いから記念撮影して永久保存しておこうかな?・・・とちなみに一夜で(米国は昼間だが)▲ 8.79%!米国の市場平均が▲ 8.79%!!▲ 8.79%!!!▲ 8.79%!!!!だからと言って何か出来るもんでもありませんので逃げるか受け入れるしかありませんけど...

記事を読む

No Image

2008-09-29 要望・取材・メディア
昨日の記事STAMインデックスオープンを支持します!の最後に軽く触れましたが以前に送った手紙の返答が届きました!まずは自分の書いた内容から紹介します前回は誠実なる手紙ありがとうございました!インターネット上でも様々な個人投資家のブログでも紹介されほぼ全てが加藤様の返答を好意的に受け取っていました。さてマネックス証券からの正式なバンガード社ETF取り扱いのニュースリリースと翌日には楽天証券からの意外...

記事を読む

No Image

2008-09-28 投資信託・ETF
かえるさんの想いよ届け!ラブレター@住信AMに贈る言葉の返答が届いたようです。ビッグサプライズのおまけつきで!住信AMさんからのラブレターアンケート収集時には自分も意見を出しました住信アセットマネジメントに送るメッセージその時、自分はSTAMエマージング株式インデックス・オープンとかSTAMフロンティア株式インデックス・オープンとか・・・。STAM全世界株式インデックス・オープンとか・・・・・・。こん...

記事を読む

No Image

2008-09-27 経済・その他ニュース
これが昨日で一番のネタなんじゃないでしょうか?野村のリーマン欧州・中東部門買収、取得金額わずか2ドル野村ホールディングスが買収することで合意した米証券大手リーマン・ブラザーズの欧州・中東部門について、取得金額がわずか2ドルだったことが25 日分かった。野村がリーマンの会社資産は引き継がないことで、今回の「タダ同然」の買収が実現した。野村は同部門の約2500人の従業員の大半は引き受ける計画で、リーマンは雇用...

記事を読む

No Image

2008-09-26 外国人
あらゆる人々が投資に適切と考える頃には、本当のタイミングはとうの昔に過ぎ去っているマーク・モビアス...

記事を読む

No Image

2008-09-25 資産運用・投資
日本電産・JFE・KDDI・三井物産・・・他にもトヨタ自動車やオリックスなど様々な企業がこの本で登場し紹介されますその中で過去に不祥事を起こしながらも見事に再生を果たした企業も紹介しているのが素晴らしいですこの本を読み終えてキーワードとして思い浮かぶことは定量より定性顧客重視ニーズへの迅速な対応コンプライアンスの積極的な実践社員のやりがいカネのためではない労働の価値観・・・数字で白黒を決める有形な...

記事を読む

No Image

2008-09-24 投資戦略
今日の株取引はエライ下がりっぷりになるんじゃないのか・・・と思いますだからと言ってまた日銀の買いオペに期待するんでもなく自分に何か出来ることなんて最初から何もないので市場の流れに身を委ねるしか方法なんてありませんそれが嫌なら来年の自分の誕生日とかまで市場から撤退したほうが良いです。パフォーマンス的には・・・現金が最強かも?自分は道が渋滞しておいたら渋滞の先頭では何が起きているのか知りたいような正確...

記事を読む

No Image

2008-09-23 もの思いにふける
野球で好んで使われるバットの材料にアオダモの木があります野球のバットとして年間20万本も使用しアオダモの木が伐採され消費されますそしてアオダモの木がバットとして使われるまで成長するのには70年はかかると昨日ようやく知りました現在、北海道の良質なアオダモは絶滅の危機にあるらしく最近(平成14年)になってアオダモ資源育成の会がNPO法人として立ち上がりました育成の会が植林したアオダモがバットとして使え...

記事を読む

2008-09-22 要望・取材・メディア
日曜日あたりに印刷に取り掛かるって言っておいて今朝になっちゃいました。おかげ様で159人の方々から貴重なる意見を戴きボリュームのある内容でバンガード・インベストメンツ・ジャパン証券に封書を送信できると実感しています♪とりあえずこれが、こうなって今日の仕事ついでに郵便局へ持っていきます。・・・改めて言う事も無いが字が相変わらず汚いなぁ・・・いつか暇があったら任天堂DSにあるDS美文字トレーニングなんか...

記事を読む

No Image

2008-09-20 投資信託・ETF
昨日の記事がバンガード社ETFついに正式発表!でマネックス証券待望のバンガードETFだったのに・・・楽天が追随です!米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせお客様から多くの取扱いリクエストをいただいたバンガード・グループが運用する海外ETF 2銘柄を9月26日(金)国内約定分より当社取扱銘柄に追加いたします。いったいでれだけの個人投資家からバンガードの取り扱いのお願いを受けたのかな?マネックスが対応の準...

記事を読む

No Image

2008-09-19 投資信託・ETF
マネックス証券からついに正式なニュースリリースとなりました【米国ETF】待望のバンガード社 2銘柄追加いつからだっけ?6月頃からの待望・・・だったのかな?それでは記事の詳細このたびマネックス証券は、米国株取引の取扱い開始以来、多くのお客さまからご要望をいただいておりました、バンガード・グループが運用する、米国市場に上場するETF2銘柄の取扱いを開始いたします。今回の銘柄追加により、当社取扱いの米国ETF銘柄数...

記事を読む

No Image

2008-09-18 外国人
経済学は将来の不確実性に対応できない英国の経済学者 ジョン・リチャード・ヒックス...

記事を読む

No Image

2008-09-17 要望・取材・メディア
おかげ様で現在、100人を超える個人投資家の方々から意見を戴きました!参加してくれてありがとうございます♪週末の空いた時間を使ってバンガード宛てに届ける作業でもしようかと考えているのでまだまだアンケートを未記入な訪問者がいましたら参加してくれると嬉しいです...

記事を読む

No Image

2008-09-15 要望・取材・メディア
あれもこれもそれもとバンガードETFネタを投下しておいてバンガードETFの発表に完全に乗り遅れました言うまでもないけれど今回、登場した2本のETFはマネックス証券で買えるインデックスファンドのETF版とも言える内容で取り合えずとしては堅いところのラインナップでしょうか? バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF (VTI) バンガード・スモールキャップ・ETF (VB)そこでバンガード好き...

記事を読む

No Image

2008-09-13 要望・取材・メディア
先日の記事日経ヴェリタス スクランブル『ETFにも「信用リスク」』の続きに向かいます昨日の記事にある『ETFの本場である米国の事情』へと進んだあと日本の運用会社である野村アセットマンメジメント社に信用リスクについて尋ねると日本のETF運用会社も、リンク債発行体の信用リスクに気をつかっている。野村アセットは投資対象の格付けをシングルA以上に限定し、複数発行体に分散投資している。それでも信用リスクをゼ...

記事を読む

No Image

2008-09-12 要望・取材・メディア
先日に受けた取材の記事が掲載されました。日経ヴェリタス スクランブルのETFにも「信用リスク」です実は今回、自分のわがままで注文を付けた結果、編集段階でコメントの入る場所がなくなってしまいどこにも載っていません。残念だけどまぁよくあることだと思って気にしないで内容の紹介に向かいますまずは出だしの最近、仕組み債の一種である「リンク債」を組み込んだタイプが増えており・・・事情説明からはじまります。この...

記事を読む

No Image

2008-09-11 経済・その他ニュース
今まで他社に出遅れていたauのスマートフォンの詳細がようやくわかってきそうです!ちなみに自分はau使いでポイントも貯まってきたので機種変をこれにするか悩みどころです2009年春かぁ・・・最近(夏モデルから)の機種は期待できなくなってしまったけれど多少でも値下げを待って夏以降に購入を考えるとあと1年はポイントがたまる計算ですね?セゾンカードのポイントの移行もその時期にしようかな?どうなる「iPhone包...

記事を読む

No Image

2008-09-10 要望・取材・メディア
昨日、メールのやりとりですが簡単な取材を受けましたそして取材は終えたのですが自分自身けっこう興味のある質問だったので同様のものをみんなにも聞いて見たいと思います。3秒で終了できる簡単なアンケートなので気軽に参加してください今回は11日の夜にコラムとして登場すると思うのでアンケートに参加したからと言って記事に反映されることはないと思いますが※記者さんからメールで『原稿は今書いている途中なので、もし締...

記事を読む

No Image

2008-09-08 日本人・儒教
われわれは決して後ろを振り向かない。われわれの頭に思い浮かぶのは、多くのものが待ち受けている未来だけである。ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きるしかないのだバフェットの教訓 ウォーレン・バフェット...

記事を読む

No Image

2008-09-07 投資信託・ETF
かえるの気長な生活日記。のかえるさんが住信アセットマネジメントにインデックスファンドに対してのみんなからの要望をまとめて送ってくれるようです!簡単なアンケートだったこともあり自分も早速、参加しましたインデックスファンドが充実して欲しい (1)インデックスファンドが充実して欲しい (2)これがきっかけでSTAMインデックス・オープンに追加商品なんかが生まれると嬉しいです。STAMエマージング株式インデックス...

記事を読む

No Image

2008-09-06 日記
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法の嶋田さんがブログの引越しをしましたFC2からMovable Typeってところみたいです。ブログタイトルもAsset management for/by Medical Doctorsと変更ですね?自分の相互リンクも変更になります。新しいのでPageRankも変わっちゃうのかな?今のところ自分のブログは引越しとか大変そうなので考えていませんが上手なサイト作りをしている人にはやっぱり感心しちゃいます。デザイン...

記事を読む

No Image

2008-09-05 要望・取材・メディア
前回の記事【VWO?】バンガードの手紙到着【来るよ!】の続きです別にネタを引っ張っている訳ではないですよ?アナログの手紙を手入力でコピペするのはネット上の記事のコピペより時間が掛かってしまうんですそれでは手紙の続きです ・国内取引所への重複上場についてこれについては、皆さんの間で活発な議論がなされ、希望なさる個人投資家の方々も少なくないことはよく承知しております。最大にして、最も基本的な問題は、需...

記事を読む

2008-09-04 要望・取材・メディア
以前の記事VT買いたきゃ海外口座しかないでしょ?で送った手紙の返事が届きました!さらっと前回のあらすじを書くとマネックスにVanguard Total World Stock ETF(VT)の取り扱いは実際どうなのかを聞いてみた・・・具体的な取り扱い予定なしの返答・・・Vanguard社に直接、問い合わせた方が早い?・・・英語書けないのでバンガード・インベストメンツ・ジャパンに・・・どこを探してもメールフォームも住所もない!・・・投資を...

記事を読む

No Image

2008-09-03 その他の本
人であふれた駐車場日本一のタクシー会社警察で講師をつとめるペンキ屋この3つの心温まる小さな小さな物語ですどんな仕事も楽しくなる3つの物語(2008/03/28)福島 正伸商品詳細を見る...

記事を読む

No Image

2008-09-02 もの思いにふける
9月になりました。夏もおわりです。。。空気が読めないとアレなんで8月には言わずに脳内の隅っこに置いておいたメモがあってそれが「花火大会」についてです夏の恒例イベントで週末にはいろんなところで花火大会が開催されていたんですけれど実際どうなんでしょうか?昔の花火大会に比べると一発のサイズも大きいと思うし打ち上げる数も多くなっているような感じがします。それが最近のトレンドなのでしょうが・・・。家族が出来...

記事を読む

No Image

2008-09-01 ブログ運営その他
Ctrlキー・・・これを上手く使いこなすとブログを見るのが大幅に短縮されるんですね?今までは相互リンク先あたりは新着記事を見るたびに一件一件訪問していたのですがFirefoxやIE7なんかはタブブラウザなのでまとめて開いて後でひとつずつ見ていくほうが楽です。そのリンク先をクリックするときにCtrlキーを押しながら開くと「リンクを新しいタブで開く」状態になるみたい・・・こんな低レベルな話を記事にするなって...

記事を読む

やぁ暴落

こりゃスゲー大暴落!あまりに凄いから記念撮影して永久保存しておこうかな?・・・と

SP500暴落

ちなみに一夜で(米国は昼間だが)▲ 8.79%!

米国の市場平均が▲ 8.79%!!

▲ 8.79%!!!

▲ 8.79%!!!!

だからと言って何か出来るもんでもありませんので逃げるか受け入れるしかありませんけど
関連記事

バンガードさんからのラブレター

昨日の記事STAMインデックスオープンを支持します!の最後に軽く触れましたが以前に送った手紙の返答が届きました!

まずは自分の書いた内容から紹介します

前回は誠実なる手紙ありがとうございました!インターネット上でも様々な個人投資家のブログでも紹介されほぼ全てが加藤様の返答を好意的に受け取っていました。

さてマネックス証券からの正式なバンガード社ETF取り扱いのニュースリリースと翌日には楽天証券からの意外な取り扱いニュースなどVanguard Investments Japan社にとっても非常に大きな一週間だったと思います。
そしてこのニュースとは別に先程の手紙の後に感謝の気持ちとしてインターネット上でニーズのありそうなバンガードETFとVanguard Investments Japan社についてとのアンケートを集計してみましたのでそちらを今回送ります

今後の日本向け商品の参考になれれば嬉しいです。
ちなみに個人的な感覚で言わせてもらいますと今回のアンケートはVTIの発表のない頃からの集計なので
Vanguard FTSE All-World ex-US ETF (VEU) がVTに比べて思ったよりもニーズが低すぎる結果となっているような感じがします
・・・ただそれでも『あったら是非買いたい』と『興味があり買いを検討する』の合計は6割近いニーズの高さを示していますが・・・。

結果的にはやはりVTが圧倒的な人気を持っていると思います。VTIを登場させてすぐにVTを発表は難しいとは思いますが将来的には日本の証券会社でも海外ETFとして買える環境を是非ともよろしくお願いします!

あと面白い意見としてはバンガード社のインデックスファンドを直販して欲しいのも見られます。アンケート以外の日常のブログでのやりとりでもよく出てくる話題です。
これについてはいかがでしょうか?例えばトヨタアセットバンガード海外株式インデックスは現在、信託報酬コストが安いとは言えない水準だと感じます。
0.8%を切るくらいの値下げの検討あたりはいかがでしょうか?
そもそも直販を始めてくれれば余計なコストも掛かりませんしバンガードの理念とも一致すると思います。VTWSXを直販してくれれば投資資金のコアをバンガードの口座にする個人投資家も多数でるのではないか?・・・とも思います。
難しい問題だとは思いますがそんな意見もあるってことです。現実的な意見と非現実的な意見もあるとは思いますがVanguard Investments Japan社への期待の裏返しなので今後のETF、インデックスファンドの充実をよろしくお願いします。



それでは返信手紙の紹介です

とよぴ~(実際は本名)様

前略 お手紙ありがとうございます。(すでにとよぴ~さんのサイトでこの件は知っていましたので、お待ちしておりました。)

とよぴ~様はじめ皆様の熱いご声援を大変うれしく思います。と同時に大きなご期待に対する責任の重さも感じております。

ETFご希望銘柄と当社に対するご要望についてのアンケート結果は、大変貴重なデータです。ぜひ当社事業展開の参考とさせていただき、できる限りご要望を反映させて参りたいと存じます。

ETFについては、すでに登録済みの2本に続き3本の登録を準備中です。銘柄の開示は、登録次第順次、当社ウェブサイトなどで公表いたします。ちなみに、登録銘柄の選定は、それぞれの銘柄単独の検討だけではなく組み合わせについても考慮しています。

バンガードによる日本での直販については、セミナーなどでもしばしばご要望を承っています。その都度申し上げていることですが、新たに当社独自の直販を始めようとすれば、体制の構築と販売実績の積み上げに相当のコストを要するものと考えております。結局、セゾンさんをはじめとする投信会社様でのファンドオブファンズ設定という方式が、お客様にとって一番安いファンドのご提供方法だと認識しております。ご理解くださいますようお願いします。

今後とも皆様のご期待にお答えできるよう努力を続けてまいりますので、どうぞ末永くご支援くださいますようお願い申し上げます。

追伸 先日当社ウェブサイトを新装いたしました。ぜひお立ち寄りください。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社
代表取締役 加藤 隆


気持ちは代表取締役である加藤さんをはじめバンガードに届いたようです
特に大きなサプライズがあったわけでもないのですがみんなの意見を真正面から受け止めてくれたのが一番の成果だったのかも知れません。すべてはこれからですね?
アンケート結果が今後に活かされているのかどうかは今後のETFの中身でわかるでしょうから・・・規模別や業種別のETFはバンガードにも多数ありますがホントに欲しいバンガードETFは指で数えられる程度ですので加藤さんヨロシクお願いしますぺこり

それとリニューアルされたホームページに早速、訪問しました♪
以前のページはチョット堅苦しかった雰囲気だったので良いと思います
そして今回の自分の記事も加藤さんが見てくれると思うので書きますが・・・

問い合わせのメールフォームを用意してくださ~い!

証券会社は普通に存在しているけれど運用会社にはあまり問い合わせのページがありません
そこを先駆け(バンガード)れば投資家第一主義のイメージアップにもなると思いますよ?そんなに変なメールは来ないと思いますしね?



ETF3本の登録を準備中ですが予想としてはVGK・VPL・VWOってところでしょうか?
こればっかりは発表を待つしかありませんね
関連記事

STAMインデックスオープンを支持します!

かえるさんの想いよ届け!ラブレター@住信AMに贈る言葉の返答が届いたようです。ビッグサプライズのおまけつきで!

住信AMさんからのラブレター

アンケート収集時には自分も意見を出しました住信アセットマネジメントに送るメッセージその時、自分は

STAMエマージング株式インデックス・オープンとか
STAMフロンティア株式インデックス・オープンとか・・・。
STAM全世界株式インデックス・オープンとか・・・・・・。


こんな感じですね?
他のひとの意見も多かったと思います。住信AMからの答えでは

お問い合わせの多いエマ-ジング株式・債券インデックス・オ-プンの商品化につきまして、STAMインデックスシリ-ズの拡張として、前向きに検討しております。

当然ですが、iシェアーズ MSCI エマージング・マーケッツ・インデックス・ファンドの管理報酬0.75%を大きく上回らない水準等を意識し、商品開発を検討しております。


重要なところに色を着けようとしたら文章すべてに色が着きました(笑)それだけ重要ってことです!

さらには信託報酬について

既存のSTAMインデックスオープンの信託報酬水準についてでございますが、(商品企画担当部長としての私見です。弊社の正式見解でなく、申し訳ありません。)ファンド毎に純資産残高が50億を超えた場合は、委託(運用者取り分)報酬の引き下げを行い、残高逓減料率に変更を行う方向で検討したいと思っています。


これも凄いHANABI打ち上げです!正式見解でなく私見ですがその姿勢に惚れるのです。投資家は♪

住信さんの心意気に惚れて海外株式アセットについてはETFではなくインデックスファンドでファイナルアンサーでも構わないのかも知れませんね?ある意味で楽ですよ?
分配金は勝手に再投資してくれるしそもそも次回の決算も無分配で来たら今後も無分配で行く可能性が高いファンドです
税金面で見てETFより完全に勝っている商品になります



ちなみに自分の出したバンガードへのラブレターの返答も到着しました
明日あたりにでも紹介しようと思います
関連記事

リーマンの価値は豚丼の並盛より安かった

これが昨日で一番のネタなんじゃないでしょうか?

野村のリーマン欧州・中東部門買収、取得金額わずか2ドル
野村ホールディングスが買収することで合意した米証券大手リーマン・ブラザーズの欧州・中東部門について、取得金額がわずか2ドルだったことが25 日分かった。野村がリーマンの会社資産は引き継がないことで、今回の「タダ同然」の買収が実現した。野村は同部門の約2500人の従業員の大半は引き受ける計画で、リーマンは雇用の維持を優先した。

経営破綻したリーマンの欧州・中東部門について野村は買い手として名乗りを上げ、英大手銀のバークレイズなどと競った結果、23日に投資銀行と株式の両事業の引受先に決まった。


2ドル・・・約210円です。ふたを開けたらこんなもんでしたか?別記事のイザ!によると

買収対象にリーマンが保有する有価証券や不動産などが含まれておらず、約2500人の社員を引き続き雇用する権利を2ドルで買い取る格好だ。


・・・ってことですからモノ(資産)は手にせずヒト(費用)だけゲットした格好ですね。
これから2500人がどれだけ自主退社するかわからないし野村も引き止めずに辞めたいやつはサッサと辞めてもらってかまわないでしょうねぇ?だってエリート2500人を2ドルで手にしたんですから(笑)

これから先、それなりに大変でしょうが数年してから振り返ったときに「良い買い物したなぁ~」ってリーマン側も野村側も思えたら最高ですね?買収は9割が失敗するって言われるけれど今回の件は『乗っ取り』とは程遠い話です

メガバンク3社のうち自分の一番のお気に入り『みずほHD』は動いていないのが気がかりです。前田社長は何か企んでいるのかな
関連記事

マーク・モビアスの言葉

  •  投稿日:2008-09-26
  •  カテゴリ:外国人

あらゆる人々が投資に適切と考える頃には、本当のタイミングはとうの昔に過ぎ去っている



関連記事

これからの優良企業

日本電産・JFE・KDDI・三井物産・・・他にもトヨタ自動車やオリックスなど様々な企業がこの本で登場し紹介されます
その中で過去に不祥事を起こしながらも見事に再生を果たした企業も紹介しているのが素晴らしいです

この本を読み終えてキーワードとして思い浮かぶことは

  • 定量より定性
  • 顧客重視
  • ニーズへの迅速な対応
  • コンプライアンスの積極的な実践
  • 社員のやりがい
  • カネのためではない労働の価値観

・・・数字で白黒を決める有形な価値よりも「志」とでも例えられそうな無形な価値観が米国追従型の近代グローバル社会の次に来る「日本らしさ」の価値観かも知れない
その無形の価値が「のれん」として企業価値を高めていければ買収を恐れる理由もないだろう

当たり前過ぎる話だが企業規模が大きくなるに従って守るべき荷物も重くなっていく

つまり当たり前の話は簡単な話ではないのだ

だからこそ「これからの優良企業」の内容を経営者には目指すべき日本らしさとしての共有を願う
今も昔も良い仕事をすれば会社は評価されることに変わりはない

大切なのは「志」です

これからの優良企業 (PHPビジネス新書 62)これからの優良企業 (PHPビジネス新書 62)
(2008/06/19)
安井 孝之

商品詳細を見る
関連記事

投資スタイルより重要なこと

今日の株取引はエライ下がりっぷりになるんじゃないのか・・・と思います

だからと言ってまた日銀の買いオペに期待するんでもなく自分に何か出来ることなんて最初から何もないので市場の流れに身を委ねるしか方法なんてありません

それが嫌なら来年の自分の誕生日とかまで市場から撤退したほうが良いです。パフォーマンス的には・・・現金が最強かも?

自分は道が渋滞しておいたら渋滞の先頭では何が起きているのか知りたいような正確なので今回の下げも最後まで見届けます

話をはじめに戻して今日のマーケットが真っ黒だったとして今から戦略を変更して対処しますか?
多分それはもう手遅れになっている気がします。下がってから売りエントリーが約定して損をした気分になるかも知れません
そして上がってから買いなおす・・・往復ビンタと手数料と言う授業料付きというオチ

それならはじめから動かないほうが余程いいって話でした♪
投資ではなく資産運用としての株式市場なら今日は『売り』ではなく『買い』で行くべきでしょう

相手に応じたシステムなんて戦う前から負けていると思うし、それを世界のトレンドが・・・とか金融危機が・・・とかファンダメンタルの悪化が・・・などと自分に都合よく理由をつけたところで大切なことは市場動向ではなく投資家自身の揺るがない決意なんじゃないかな?って思いませんか?

そこにバリュー投資家とかインデックス投資家とかトレーダーなんてくくりは重要ではないでしょう?

エセバリューもエセインデックスもエセトレーダーも消える人は消えていき残る人は残るべくして残ると思います。

上手く言葉に出来ていませんが最近、バリュー投資家が元気ないようなエントリーを見るようになってふと思いつきました
関連記事

経済成長とはの滅亡への早送りなのか?

野球で好んで使われるバットの材料にアオダモの木があります

野球のバットとして年間20万本も使用しアオダモの木が伐採され消費されます

そしてアオダモの木がバットとして使われるまで成長するのには70年はかかると昨日ようやく知りました

現在、北海道の良質なアオダモは絶滅の危機にあるらしく最近(平成14年)になってアオダモ資源育成の会がNPO法人として立ち上がりました

育成の会が植林したアオダモがバットとして使える頃は単純計算で西暦2072年以降・・・五輪で野球が公開競技でなくなるどころか木製のバット自体が存在していないのではないか?とも思えます。

破壊するのは一瞬です。消費するのは簡単です。

だけど作り上げるのは難しいし育てるのも長期的な作業です。

そして人間は基本的に欲望に満ちていて短気志向なので人類の成長とともに加速度をつけて世界は滅亡へ向かっているのではないのか?

・・・それではいつの日か文明が崩壊するのか?って言うと自分にはわかりません。ただ単純すぎる考えですが文明崩壊はないのではないかと思います。人類滅亡はファンタジーに過ぎない・・・と

その単純すぎる理由が今回の歴史的な暴落です
オランダのチューリップバブルや南海バブル・・・現代の日本の不動産バブルやITバブル、新興国バブル、コモディティー・・・人類は成長しているようで何も成長していないのではないか?

バブルの数だけ資源は大量に減り地球は迷惑だと思いますが排出量取引やこのアオダモ資源育成の会のように行き過ぎた早すぎた方向から巻き戻しボタンを押す思考回路が人間に備わっているかぎり大丈夫なんだろうとも思います。

今回の世界的な大暴落の中、排気ガスで汚されていないキレイな夜空を見る機会が随分と増えたのは気のせいではないのです(我が家は母屋と離れの構造上、お風呂の時に一回外に出ます)
そう考えると経済が膨張すると環境が悪化して経済が収縮すると環境が良化するのかな・・・と

この相場が終わりの始まりなのか?終わりに終わりが来るのか?・・・誰に聞いたって悲観的な話しか出ません。上昇相場の時にはまるで天井がないかのように永遠に成長するって誰もが言うのと同じです。

同じなのだからこの世界的な暴落相場もいつかは必ず終わるのだけは断言できます
関連記事

想いよ届け!ラブレター@バンガードに贈る言葉

日曜日あたりに印刷に取り掛かるって言っておいて今朝になっちゃいました。

おかげ様で159人の方々から貴重なる意見を戴きボリュームのある内容でバンガード・インベストメンツ・ジャパン証券に封書を送信できると実感しています♪

とりあえずこれ
バンガードへのラブレターその1
が、こう
バンガードへのラブレターその2
なって今日の仕事ついでに郵便局へ持っていきます。

・・・改めて言う事も無いが字が相変わらず汚いなぁ・・・汗あせ

いつか暇があったら任天堂DSにあるDS美文字トレーニングなんかをやってみようと思ってはいるんだけど暇があると読書をしているから字の練習をしないで現在に至っています・・・汗;
だれかこういうゲームで本当に効果があってオススメって言える経験者はいませんか?我が家のDSは埃を被って引き出しの奥で眠っています・・・。

DS美文字トレーニングDS美文字トレーニング
(2008/03/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る

話を封書の戻しまして加藤さんから再度、返事が届くようだったら自分のまとめ(アンケートのレポート)も詳細まで書こうと思います。・・・ここで書いていて返事が音沙汰なしだと恥ずかしいので

ただザックリと書くと

  • 再度VTの取り扱いをお願い
  • トヨタアセットバンガードを信託報酬0.8%以下まで値下げのお願い
  • VTのインデックスファンド版であるVTWSXの国内販売
  • それに伴ってバンガードのファンドの直販の可能性について

・・・このあたりを聞いてみました。興味のある方は返事が来るのを期待しないで待ってみてください♪
関連記事

楽天証券もバンガードETF~っ!?

昨日の記事がバンガード社ETFついに正式発表!でマネックス証券待望のバンガードETFだったのに・・・楽天が追随です!

米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

お客様から多くの取扱いリクエストをいただいたバンガード・グループが運用する海外ETF 2銘柄を9月26日(金)国内約定分より当社取扱銘柄に追加いたします。


いったいでれだけの個人投資家からバンガードの取り扱いのお願いを受けたのかな?
マネックスが対応の準備を始めた頃でしょうかねぇ?
マネックス証券のビッグニュースを殺しにかかったような発表に見えますし
マネックス証券の”本邦初”に敬意を払ったかのような発表にも見えます

マネックスしか口座を持っていない人もいれば楽天しか口座を持っていない人もいるでしょうしこのニュースは歓迎です♪

なんか以前にも似た感じなのを思い出したらこれでした
貸株金利戦争キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!これです。ネット証券は生存競争ですね?これから先も競争社会は変わらないでしょうから体力のない会社から淘汰されるんでしょうか?
将来的には大手5社なんて言われている業界も2~3社くらいまでになるのでしょうか?
個人的には証券会社よりも国内の証券取引所を2~3ヵ所くらいまで減らしたほうが余程、上海や香港・シンガポールあたりの取引所と良い勝負ができると思うんだけどね?

まだバンガードETFについてのアンケートは募集しています。現在143名の方々から参加を頂いています!ホント感謝ですにっこり
明日あたりにでも印刷に取り掛かろうと思いますのでまだ未参加な方がいらっしゃいましたらヨロシクお願いしますぺこり
関連記事

バンガード社ETFついに正式発表!

マネックス証券からついに正式なニュースリリースとなりました

【米国ETF】待望のバンガード社 2銘柄追加

いつからだっけ?6月頃からの待望・・・だったのかな?
それでは記事の詳細

このたびマネックス証券は、米国株取引の取扱い開始以来、多くのお客さまからご要望をいただいておりました、バンガード・グループが運用する、米国市場に上場するETF2銘柄の取扱いを開始いたします。
今回の銘柄追加により、当社取扱いの米国ETF銘柄数は56 銘柄となります。


発表された2銘柄はこちら

  • バンガード スモールキャップETF【VB】

  • バンガード トータルストックETF【VTI】

どちらもインデックスファンドとしてマネックス証券で買えるもののETFです
今日から早速買えて国内時間の約定日は9月22日(月)以降となります。



2銘柄では足りない!?
もっと様々なバンガードETFが欲しい!?
VTIがあるのなら世界株式(米国抜き)のVEUが欲しい!?

・・・マネックス証券を飛び越してバンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社 代表取締役 加藤 隆さんに感謝の気持ちや要望などメッセージを直接伝えたい人はコチラおちこみ

バンガードETFについてのアンケート

日曜日あたりにでも印刷に取り掛かろうと思いますのでまだ未参加な方がいらっしゃいましたらヨロシクお願いしますぺこり
関連記事

J・R・ヒックスの言葉

  •  投稿日:2008-09-18
  •  カテゴリ:外国人

経済学は将来の不確実性に対応できない

関連記事

バンガードETFの詳細を追加しました

おかげ様で現在、100人を超える個人投資家の方々から意見を戴きました!参加してくれてありがとうございます♪

週末の空いた時間を使ってバンガード宛てに届ける作業でもしようかと考えているのでまだまだアンケートを未記入な訪問者がいましたら参加してくれると嬉しいです

» 記事の続きを読む

関連記事

みんなが欲しいバンガードETFって何ですか?

あれこれそれもとバンガードETFネタを投下しておいてバンガードETFの発表に完全に乗り遅れましたがっくり

言うまでもないけれど今回、登場した2本のETFはマネックス証券で買えるインデックスファンドのETF版とも言える内容で取り合えずとしては堅いところのラインナップでしょうか?

  • バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF (VTI)
  • バンガード・スモールキャップ・ETF (VB)

そこでバンガード好きな個人投資家みんなに問いたい!?どのバンガードETFが本当に必要なETFなのか?

いろいろあるバンガードETFの中から個人的に『日本人向けかな?』って思えるところを選んでアンケートを作成して見たので気軽に参加してみてください

ETFの内容がサッパリ理解できない場合は素直に「それは何ですか?」の回答で構いませんのでよろしくお願いしますピース

※追伸 バンガードETFの詳細についてはコメント欄にあるAndrewさんのサイトが見やすいので紹介します♪

  • 世界株ETFであるVWOWEAVGKVEUVPLVTについてはコチラ
  • 米国大型株式ETFであるVIGVUGVYMVTI(発表済み)・VTVについてはコチラ
  • セクター別であるVNQについてはコチラ

バンガードETFについてのアンケート

集計後、印刷をして代表取締役である加藤 隆さん宛てに提出する予定です。そして最後の質問でフリーメッセージを書けるようにしました♪
過去の経験上、Vanguard Investments Japanには要望するにもメールフォームが存在していないし直接、代表取締役に意見・要望を言える滅多にない機会とも思えるので物申したい個人投資家はどうぞ利用してください



どこかで見たことあるアンケートに見えますか?そうです以前にみんなにお願いした皆様のチカラ(意見)を貸してくださいと同様です。
・・・ってことはまたインデックス系ブロガーみんなにも今回の記事の紹介もよろしくお願いしますぺこり
紹介がめんどう臭い時は

『バンガードETFについてのアンケート』 ・・・これがアンケート名
http://enq-maker.com/qbhcD1 ・・・これがURLになってアンケートに直リンク出来ますのでどこかで簡単にでも紹介してくれると助かります

さらにお願いすると自分自身、気付きやすいようにトラックバックしてくれるとこれまた助かっちゃうのでそちらの方もヨロシクお願いします
その時はこちらからも相互TBさせてください

誰か自分の作成したアンケート内にあるETFの解説をしてくれると嬉しいなぁ・・・(汗)
※解決済みになりました♪
関連記事

ETFにも「信用リスク」 続き

先日の記事日経ヴェリタス スクランブル『ETFにも「信用リスク」』の続きに向かいます

昨日の記事にある『ETFの本場である米国の事情』へと進んだあと日本の運用会社である野村アセットマンメジメント社に信用リスクについて尋ねると

日本のETF運用会社も、リンク債発行体の信用リスクに気をつかっている。野村アセットは投資対象の格付けをシングルA以上に限定し、複数発行体に分散投資している。それでも信用リスクをゼロにはできない。


たしかにそれだけだと信用リスクをゼロにはなりません。格付け会社が言う格付けは当てになりません。
格付けが正確ならサブプライム証券は本来トリプルBです。たとえプライム(一流)証券と混ぜ合わせたからと言ってもトリプルAがどれほどインチキだったのかって・・・。
さらには外資系運用会社や大証への取材にも行っています。たぶん外資系運用会社ってバークレイズじゃないかな?と思います♪

個人投資家にとって大切なのは「リンク債型のETFを買う場合、信用リスクを含めた商品設計を理解していること」(外資系運用会社)だ。しかし目論見書を熱心に読まないと、現物株型とリンク債型の違いは明確にはわからない。大証の市場企画グループの大西信二グループリーダーは「ホームページ上でリンク債型のリスクの説明を充実させるなどの対応策を考えたい」という。


目論見書を熱心に読む人のほうが世間では変態の部類に入るんじゃないかな・・・と(笑)
大証の大西さんの言うようにホームページ上でリスクの説明を充実する必要がありますね?
そして終わりのまとめへと向かい記事は終了です。

今回は取材協力みたいなモンです。編集段階で自分のコメントが消されるのは仕方がないことなので北松記者の筆力不足でも何でもないですよ?
それでも気になると言うのなら以前の記事日経新聞朝刊キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!で俺たちの意見をそのまんま東証に持っていってくれた経緯もあるのでこれで貸し借りはなしって事ですOK

記事になれなかったって意味ではメールで教えてくれたことに

ちなみにご参考までに、米国のETN全体の運用資産の半分近くをひとつのETNが占めています。 iPath Dow Jones AIG Commodity Index Total Return ETN (DJP)というETNです。
たくさん上場はしたが、すべてのETNが資金をひきつけているわけではないということでしょうか。
商品指数先物を組み込んだETFなら信用リスクを心配しなくていいという要因もあるようです。

米国でも運用資産が伸びなくて上場廃止になったETFもありますし、上場前に投資家の需要が読みきれないというのは、日本だけの問題ではないですね。どうしたらETF市場が発展していってくれるのか、毎度のことながら難しいなあと思います。


・・・と教えてくれました。コモディティーなら中・短期の投機的な商品だから「まぁいいか」みたいな気にもなれるのかも知れません。
ETFだから安心ってこともないですし投資家のニーズ次第では魅力のないETFよりは必要なアセットのETNのほうが間違いなく売れるので難しいですね?

ちなみに自分の回答したアンケート結果は『前向きに検討する』です。一番少数派の回答だったので記事として扱うのも難しかったかも・・・汗あせ
そして取材ではETNについてこう答えていました

さてリンク債についてですが、もしも全銘柄を保有する完全法のMSCIコクサイETFとサンプル法を用いた同様の連動ETNのどちらかを選べる環境だったら迷わずETFを選択します。

ただ現状では贅沢を言えませんので(笑)

自分自身、いろんな方々に疑問・質問を投げかけてきましたが(バークレイズ・野村AM・バンガード)現地にあるETFを重複して持ち込むのは難しそうで可能性がありそうなのは野村AMみたいな国内ETFメーカーによるETNのようなETFしかないのかな?・・・って感じがします

関連記事
【重複上場とは】バンガードの手紙到着 続き【幻想ですから】

のコメント欄にも書きましたが

『ブラジルのボベスパ指数ETNが成功すればそれが今後のETF戦略のヒントになるのかな?
日本の未来はETN商店街でしょう
地理的にも極東にある島国なんですからコレは仕方がないのかも知れません
遠い異国の株式を欲しいのなら

「指数に連動する有価証券に投資する」

この道しかないのかな?・・・と。』


個人的にはリンク債みたいな複雑なシステム(買いと同時にプット売りなど)は嫌いだし金ETFには興味ありませんが
最低購入金額が安くなってきたETFに完全法を用いると維持コストが掛かりすぎるデメリットもありますので
MSCIコクサイ指数連動ETFと言う名のETNでも前向きに検討します。


こんな感じでした。記事全体がネガティブな方向に向かっている中で自分だけがポジティブな返答・・・自分自身が一番ニッチみたいです(笑)



※いま記事を書いていて気付いたけれど完全法とかサンプル法は今回の内容には関係ないかも・・・うーん
関連記事

日経ヴェリタス スクランブル『ETFにも「信用リスク」』

先日に受けた取材の記事が掲載されました。日経ヴェリタス スクランブルのETFにも「信用リスク」です

実は今回、自分のわがままで注文を付けた結果、編集段階でコメントの入る場所がなくなってしまいどこにも載っていません。
残念だけどまぁよくあることだと思って気にしないで内容の紹介に向かいます

まずは出だしの

最近、仕組み債の一種である「リンク債」を組み込んだタイプが増えており・・・

事情説明からはじまります。この辺りは購読者でなくとも誰でも閲覧可能ですね?

なぜリンク債を組み入れるのか?メリットは

背景には「新興国市場などの取引インフラが未整備」(野村アセット)という事情がある。
株式の受け渡しが遅れるといったトラブルが起きやすく、運用目標とする指数(ベンチマーク)と実際の運用成績とのズレ(トラッキングエラー)が生じるリスクがある。

これは理解できます。完全法のETFで新興国市場などの取引をすると売買の早さに市場が間に合わないでしょう?
たしかどっかのサイトで発注してから注文完了までの時間を0.数秒から0.0数秒にするための設備投資を大証が・・・って記事を見たことあります(出所不明汗;

次にデメリットですがこれはもう簡単で

信用リスクが気になる

ファイナンシャルプランナーの尾藤峰男氏


そしてETFの本場である米国の事情へと進みます

米国ではリンク債そのものを取引所に上場するETNと呼ばれる商品が2006年に登場した。
米シティグループによると、米国のETNは7月末時点で88本、運用資産約7400億円に上る。だがシティのマネージングディレクター、デニス・エマニュエル氏は「今後も増加基調が続くかどうかはわからない」という。
商品指数に連動するETNが多く、相場の先行き不透明感から投資家の人気が離散しているのが一因だ。

リンク債発行体の信用力が価格に悪影響を与えた例もある。米証券大手ベアー・スターンズの経営危機が表面化した3月、同社が上場させたETNに売りがかさむ場面があった。JPモルガン・チェースによるベアーの救済買収でことなきを得たが、関係者をひやりとさせた。


けっこうな本数がありますね?88本ですか?やはりETNと同様の指数であるETFの選択肢があれば投資家ならETFを選ぶでしょうから「今後も増加基調が続くかどうかはわからない」にあるように市場の発展次第でETNはいずれ淘汰されるのかも知れないですね?
発展途上の証券市場が生んだ一種の突然変異になるのかどうかは誰にもわかりませんが「投資家の人気が離散しているのが一因」で選択肢にETFがあるのなら不要な商品でしかないでしょう・・・ETNは。

自分のブログでの投票結果でも今日現在で『前向きに検討する』の倍以上の個人投資家が『リンク債が入っているのはいやなので買わない 』と答えています。


前向きに検討する20.6%
リンク債が入っているのはいやなので買わない47.6%
詳しい情報がないので、買うべきか買わないべきか判断できない31.7%

悲しいかな日本では欲しい商品がETFどころかETNですら存在しないのが現状なので米国は贅沢な悩みにも見えますが・・・うーん
「リンク債そのものを取引所に上場するETNと呼ばれる商品」があるのがいかにも米国らしいですね?
なんでも証券化する風潮が米国にはあります。当然証券化するといろんな証券が合成化されて、どこにリスクがあるのかわからなくなっていき・・・セオリー通りの分散投資なはずが理解できないアセットを持ってしまうリスクになる場合もあります。
サブプライム・ローン証券問題がまさにそれですね?

そう考えると進んでいる米国が正しくて遅れている日本が間違っているのかどうかはわかりません。
・・・嘘です。遅れているよりは進んだ方が良いです。ただ進む道は堅実であって欲しいと願うのです。

次回は残りの記事とこぼれ話です。
関連記事

auのスマ-トフォン週内にも正式発表!?

今まで他社に出遅れていたauのスマートフォンの詳細がようやくわかってきそうです!
ちなみに自分はau使いでポイントも貯まってきたので機種変をこれにするか悩みどころです
2009年春かぁ・・・最近(夏モデルから)の機種は期待できなくなってしまったけれど多少でも値下げを待って夏以降に購入を考えるとあと1年はポイントがたまる計算ですね?
セゾンカードのポイントの移行もその時期にしようかな?

どうなる「iPhone包囲網」 ドコモは新機種 KDDIも参入 MSN産経ニュース

ついに念願のau向けスマートフォンの詳細が明らかに、週内にも正式発表へ GIGAZINE

GIGAZINEの詳細をそのまま引用すると

なお「Touch Pro」ですが、以下の公式ページによると、2.8インチのVGAタッチスクリーンに「TouchFLO 3D」と呼ばれる操作インターフェースを採用したWindows Mobile 6.1端末で、フルキーボードに320万画素カメラ、512MBメモリ、無線LAN、GPS、Bluetooth、microSDカードスロット、USB インターフェースを搭載しています。

・・・だそうです。
投信の積み立てもセゾンカードにしてポイント稼ごうかなぁ~(笑)
関連記事

海外のETNについてどう思いますか?

昨日、メールのやりとりですが簡単な取材を受けましたsai.leter-p
そして取材は終えたのですが自分自身けっこう興味のある質問だったので同様のものをみんなにも聞いて見たいと思います。

3秒で終了できる簡単なアンケートなので気軽に参加してください
今回は11日の夜にコラムとして登場すると思うのでアンケートに参加したからと言って記事に反映されることはないと思いますが

※記者さんからメールで
『原稿は今書いている途中なので、もし締め切りまでにある程度回答が集まったら、また紙面で紹介させていただきたいです。』
と頂きました。

あなた自身の考えをここで投票してみてから記事を見るのでは読む視点も変わってくる(受動的から能動的に)だろうし
あなた自身の考えが平均的な回答から見て多数派なのか少数派なのかを知る機会になるかなぁ~っと
それと自分自身の取材時に出した考えが平均的な回答から見てどうなのかを知ってみたいので兎にも角にも協力をお願いします。

ちなみに自分の返答内容は記事になる時まで伏せておきます。アンカリング効果が出ちゃうでしょ?
自分の出した答えがアンカーとなってみんなの解答を無意識に誘導しないようにします。



それでは取材内容です

金価格連動から始まって、中国、ブラジル、ロシア・・・と、現物株ではなくリンク債を組み込んだETFが国内で増えています。
たとえばもし、MSCIコクサイなどの関心が高い指数のETFでリンク債を使ったものが東証や大証に上場したら、投資されますか?

ちなみに野村アセットの商品をなんと呼ぶか、議論がありますが、投資信託の形をとっているので正式にはETFということになるようです。
ただ実質的にはETNという論にも一理あると思います。整理するとこんな感じかと思っております。

  • 野村アセットの商品とETNの共通点→債券の発行者の信用リスクに市場価格が左右される可能性がある。

  • 違う点→ETNは満期がくると指数への投資を続けるためには投資家が自分で乗り換えなければいけないが、野村アセットの商品は勝手に乗り換えてくれる。


こんな感じの内容です。それでは金曜日あたりまでアンケート受け付けますので気軽に参加してみてください





ちなみに取材先は毎度お世話になっている日経さんです
そして3度目の登場になる日経ヴェリタスのスクランブルですので今回も当然ながら購読者限定サイトですうーん
・・・ってことで自分も読めないのでワード文書でまたお願いしますぺこり
関連記事

ウォーレン・バフェットの言葉

われわれは決して後ろを振り向かない。
われわれの頭に思い浮かぶのは、多くのものが待ち受けている未来だけである。
ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。
あなたは前を向いて生きるしかないのだ

バフェットの教訓 ウォーレン・バフェット

関連記事

住信アセットマネジメントに送るメッセージ

かえるの気長な生活日記。のかえるさんが住信アセットマネジメントにインデックスファンドに対してのみんなからの要望をまとめて送ってくれるようです!sai.leter-p

簡単なアンケートだったこともあり自分も早速、参加しました豆電球

インデックスファンドが充実して欲しい (1)

インデックスファンドが充実して欲しい (2)

これがきっかけでSTAMインデックス・オープンに追加商品なんかが生まれると嬉しいです。
STAMエマージング株式インデックス・オープンとか
STAMフロンティア株式インデックス・オープンとか・・・。
STAM全世界株式インデックス・オープンとか・・・・・・。

(2)のアンケートの方では買いやすく解約しにくい投資信託のアイデアも募集しています
Werder Bremenさんのアイデアが良い例として載っています。ここの肝心なところは

『短気志向で売買すると目に見えて損をしてしまうのがわかるシステム』です

最近ニュースリリースされたひふみ投信の信託報酬一部還元方式がヒントになりそうです
自分はアンケートでは信託報酬ははじめから低くして信託財産留保額を高めに設定して年々値下げして10年以降はゼロなんかにしたらETFから全額乗り換えるって書きました

いろんなアイデアがあると思いますし答えはひとつではないでしょう。だからこそ今回のアンケート結果は貴重な生の声になるんじゃないでしょうか?
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ブログの引越しのお知らせのお知らせ

  •  投稿日:2008-09-06
  •  カテゴリ:日記
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法の嶋田さんがブログの引越しをしました

FC2からMovable Typeってところみたいです。
ブログタイトルも

Asset management for/by Medical Doctors

と変更ですね?自分の相互リンクも変更になります。新しいのでPageRankも変わっちゃうのかな?
今のところ自分のブログは引越しとか大変そうなので考えていませんが上手なサイト作りをしている人にはやっぱり感心しちゃいます。

デザインとか字のセンスはまったくない人生ですので(笑)
関連記事
 カテゴリ
 タグ

【重複上場とは】バンガードの手紙到着 続き【幻想ですから】

前回の記事【VWO?】バンガードの手紙到着【来るよ!】の続きです
別にネタを引っ張っている訳ではないですよ?アナログの手紙を手入力でコピペするのはネット上の記事のコピペより時間が掛かってしまうんです汗;

それでは手紙の続きです

 ・国内取引所への重複上場について

これについては、皆さんの間で活発な議論がなされ、希望なさる個人投資家の方々も少なくないことはよく承知しております。

最大にして、最も基本的な問題は、需要の大きさです。国内の大手機関投資家が海外のマザーマーケットを通じて売買可能なこと、逆に国外機関投資家がわざわざ日本の取引所で取引をすることが期待できないことを考えると、取引量はきわめて小さくなるものと予想されます。しかも、東京はマザーマーケットと取引時間がまったく重なりません。
そうした状況で取り扱い証券業者(マーケットメーカー)が値段を打ち出そうとした場合、効率的な値付けなどとても望めません。売買スプレッドは、相当大きく広がらざるを得ないでしょう。だとすると、そこから誰が利益を受けることが出来るでしょうか。投資家の皆様にとっても、メリットがあるとは思われません。

以上のような困難が解消される時まで、バンガードのETFを国内で重複上場させることはできないというのが私の考えです。

 ・海外籍投信の拡充については、取り扱い証券会社の要望、商品性、コスト、利便性、需要の大きさなどを、勘案し今後も検討をしてまいります


・・・返答をまとめると
Q・日本の個人投資家にもニーズの高い投資信託(ETF含む)を金融庁に届出だけでも出してください
A・現在数種類のETFにつき届け出の準備を進めています。今しばらくお待ち下さい。

Q・日本の個人投資家にもVTやVWOなどを買える環境を作ってください
A・VWOも対象候補のひとつとして検討中です。

Q・これは不可能に近い希望ですがそれらの海外ETFを国内取引所に重複上場させて下さい
A・以上のような困難(需要の大きさ&機関投資家のニーズ&マザーマーケットとの時差)が解消される時まで、バンガードのETFを国内で重複上場させることはできない

Q・ETFが難しいのなら海外籍の投資信託としてマネックス証券にVT連動のファンドを4本目の投資信託として作ってください
A・取り扱い証券会社の要望、商品性、コスト、利便性、需要の大きさなどを、勘案し今後も検討をしてまいります

こうなりました。重複上場の難しさはここ最近の流れの中でみんな理解が出来ているだろうしそれが不可能であることも覚悟しないと行けない時期に来ていると思います。
海外株式指数連動ETFについては国内ETFで欲しければ基本的には国内の運用会社を待つしかないでしょう?

質問についてはここで終わりですが手紙の最後にバンガードのコストに対するこだわりや理念があります。
バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役からの大切なメッセージなので紹介して今回の記事を終わりにします。

重複するようですが、最後にコストについて補足させていただきます。
日本国内の法律を遵守し、米国本社の投資商品やサービスを日本国内で提供する為には、そのための追加コストが掛かります。この追加コストは、ひいてはバンガードの投資家の皆様にファンドを通じてご負担いただくものなので、導入には慎重な判断が必要です。
私たちは市場の将来性を十分見据えながら、長期的にどの選択がバンガードの投資家の皆様のためになるのかを慎重に検討しなければなりません。“高品質のファンドを低コストでご提供すること”を第一に考えるバンガードの理念に反する結果となってはいけないからです。
とよぴ~様をはじめ、多くの日本の皆様から見ますと、バンガード・グループの日本での歩みは、まるでカメの歩みのようにゆっくりとしたものに見えるかもしれません。ですが、それには上述のようなバンガードの理念が背景にあり、これこそがバンガードの投資家の皆様に対する誠実さの表れであると私たちは信じているのです。
どうぞこの点をご理解のうえ、今後とも当社バンガードをご支援くださいますよう心よりお願い申し上げます。

敬具
バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社
代表取締役 加藤 隆

関連記事

【VWO?】バンガードの手紙到着【来るよ!】

以前の記事VT買いたきゃ海外口座しかないでしょ?で送った手紙の返事が届きました!
バンガードからの手紙
さらっと前回のあらすじを書くと
マネックスにVanguard Total World Stock ETF(VT)の取り扱いは実際どうなのかを聞いてみた・・・具体的な取り扱い予定なしの返答・・・Vanguard社に直接、問い合わせた方が早い?・・・英語書けないのでバンガード・インベストメンツ・ジャパンに・・・どこを探してもメールフォームも住所もない!・・・投資を楽しむ♪のまろさんから住所をゲット!・・・いざ手紙を投函・・・って流れでした

それでは手紙の返答内容の前に自分が書いた手紙の中身を書かないと返答の理解も薄れるのでまずはコチラから

突然の封書を失礼します
ブログ「カウンターゲーム」の「とよぴ~」こと△△××です。

セゾン投信やマネックス証券、トヨタアセットマネジメント株式会社を通じて低コストで定評のある貴社の投資信託を日本でも購入できる環境に感謝しています

「ちなみに自分は現在トヨタアセット・バンガードセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの2ファンドを積み立て投資しています」

さてマネックス証券では本邦初となるバンガード社の海外ETFの取り扱いをニュースリリースされましたが海外ETFのサービスを開始した後もバンガードETFについては予定が立っていない状況で個人投資家が大いに期待するVanguard Total World Stock ETF(VT)を待っている状態が続いています。

そこでマネックス証券に問い合わせたところ
今のところ、『Vanguard Total World Stock ETF (VT)』の具体的な取り扱い予定はございません。
との返答を頂きました。

お願いとして

  • 日本の個人投資家にもニーズの高い投資信託(ETF含む)を金融庁に届出だけでも出してください
  • 日本の個人投資家にもVTやVWOなどを買える環境を作ってください
  • これは不可能に近い希望ですがそれらの海外ETFを国内取引所に重複上場させて下さい
  • ETFが難しいのなら海外籍の投資信託としてマネックス証券にVT連動のファンドを4本目の投資信託として作ってください

要望ばかりで申し訳ありませんがインターネット上でも貴社のETFは非常にニーズの高い商品ですので検討をよろしくお願いします。


まぁいろいろ要求ばっかり書いたのと代表の加藤さんが誠実な返答を頂いたので今日まで期間が長かったのでしょう。
それでは手紙の内容に入ります

 とよぴ~様

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は各別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

この度は弊社ファンドに対するご感想を頂き、誠にありがとうございます。
また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドならびにトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドを通じて弊社ファンドにご投資頂き心よりお礼申し上げます。

さて、まず当社の基本姿勢につきご説明させていただきます。

私どもバンガード・グループは、日本の投資家の皆様にご満足いただける投資商品・サービスをご提供できるよう、海外ETFを含めまして、日々あらゆる可能性について調査検討を重ねております。そしてその際、次の要素を重要な判断材料として考慮しています。

 1. 本当にお客様のためになるよい商品/サービスか
 2. 妥当なコストでご提供できるか
 3. お客様にとっての利便性は十分か

この基本姿勢に立って、今回のご要望に対しても対処していく所存です。

ご要望の一つ一つに対して、現時点で出来る限りのお答えをしたいと思います。

 ・ETFの金融庁への届け出と販売見通しについて

現在数種類のETFにつき届け出の準備を進めています。VWOも対象候補のひとつとして検討中です。届け出の完了とお取り扱いいただく証券会社の準備が整い次第、順次販売が出来るものと考えています。今しばらくお待ち下さい。

 ・国内取引所への重複上場について
・・・


・・・長いので次回に続きます
関連記事

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

  • 人であふれた駐車場

  • 日本一のタクシー会社

  • 警察で講師をつとめるペンキ屋

この3つの心温まる小さな小さな物語です

どんな仕事も楽しくなる3つの物語どんな仕事も楽しくなる3つの物語
(2008/03/28)
福島 正伸

商品詳細を見る

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

HANABI大会

9月になりました。夏もおわりです。。。

空気が読めないとアレなんで8月には言わずに脳内の隅っこに置いておいたメモがあってそれが「花火大会」についてです

夏の恒例イベントで週末にはいろんなところで花火大会が開催されていたんですけれど実際どうなんでしょうか?
昔の花火大会に比べると一発のサイズも大きいと思うし打ち上げる数も多くなっているような感じがします。それが最近のトレンドなのでしょうが・・・。

家族が出来たからとか面倒臭い・・・ではなく最近はあまり行く気が起きません。家の窓から見える花火くらいは流石に見ますが混雑する他に理由があるような感じがしていてその答えらしきモノが見えてきました

おそらく自分は花火大会に花火を求めていないんじゃないかな・・・と

花火と花火の間にある漆黒の闇をも楽しんでいて子どもの頃は暗闇の中で「次に打ち上げられる花火」に期待してワクワクしていたような感じがします。
チョット前の野球にも「間」を楽しむゆとりがありました。「エコ」だか「チーム-6%」なのか知りませんがスピードアップしてきているぶん大事なところまでもがスピードアップされて試合を興行として観た場合メリハリのない味気ないスポーツになってしまい最近はテレビでも見ていません

話を花火に戻して昔に比べてサイズも大きく数も多いのだから花火大会のレベルは昔よりも高いのでしょうし見に来るひとも実際に多いのでしょうから成功しているとは思います
でもひとつひとつの花火では満たされない短気志向
もっと大きな・・・もっともっとと・・・期待する
それがひとつひとつの花火の価値を下げているような感じさえします
一瞬で咲いては散る花火を記念に残すためにデジカメのファインダー越しに見る夜空にいったいどれだけの思い入れがあるのか自分には理解できませんがその心理は

今日という思い出を獲得したいんでしょう?そこに花火が在ることでは満たされずに家に帰っても花火を持っていたい気持ちの表れが記念撮影なんだと思います



自民党も大きなHANABIを打ち上げました。おそらく予定通りのシナリオなのでしょうがこの先は余程国民の気持ちに応えないとヤバイでしょう?
花火大会でもそうであるように国民は短気志向です。生活が豊かになった代償に心は貧しくなった・・・これが現代人の実態です
関連記事

Ctrlキーの小さな発見

Ctrlキー・・・これを上手く使いこなすとブログを見るのが大幅に短縮されるんですね?
今までは相互リンク先あたりは新着記事を見るたびに一件一件訪問していたのですが
FirefoxやIE7なんかはタブブラウザなのでまとめて開いて後でひとつずつ見ていくほうが楽です。

そのリンク先をクリックするときにCtrlキーを押しながら開くと「リンクを新しいタブで開く」状態になるみたい・・・こんな低レベルな話を記事にするなって人もいるでしょうが自分にとっては大きな発見だったので思わず記事にしちゃいました

これで早朝の数十分の間に見れるブログの数が大幅にアップです!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます