2009年02月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2009年02月

2009年02月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
No Image

2009-02-27 経済・その他ニュース
NightWalker's Investment Blog会社は誰のものか?という古典的命題株式十八番!「日本」は誰のもの?...

記事を読む

No Image

2009-02-26 日本人・儒教
前回の記事親という字のごとくの続き何でもしてあげるのが普通の親何でもしてあげないのが良い親子どもの遊び心ややる気に火を点けるのが最高の親昨日の記事ではこんな考えに落ちつきました何でも教えてあげるのが普通の親何でも考えさせてみるのが良い親常に何かを考えさせる材料を与えるのが最高の親こう考えたりもする与えるのは物ではないしモノを与えて喜んでいるのは与えられた子ども本人なのか?与えた親の自己満足なのか?...

記事を読む

No Image

2009-02-25 もの思いにふける
子どもはイタズラ好きでやんちゃなくらいが可愛げがあっていい※毎日育児でくたびれている人達には申し訳ないけれどそう思っています大人が子どもの気持ちを理解できるのは大切だけれども大人になっても子どものままではダメだろうし社会で通用しないって考えてしまうと子育ては面白いし難しいし大変なんだな・・・と親になってみて気付いたことは子どもに教えているつもりが自分自身に言い聞かせているような感覚があったり子ども...

記事を読む

No Image

2009-02-21 投資信託・ETF
(上場を含む)投信について2つの記事を発見上場投信、人気に二極化ETF(上場投資信託)の人気が銘柄によって二極化している。日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)に連動するタイプの銘柄で売買代金が膨らむ一方、建設など業種別の株価指数に連動するETFでは長期にわたって売買がない例もある。ETFは証券取引所に上場する投資信託。国内では東京証券取引所と大阪証券取引所で合わせて68銘柄を扱っている。一般の投...

記事を読む

No Image

2009-02-20 日記
毎年、毎年と花粉症アホルダーの自分にとって好きでもあり苦手な季節「春」を感じてきましたそして最近のニュースなんかでも「目を真っ赤にして・・・」なんて表現がチラホラ登場してきたので花粉症対策の途中経過です...

記事を読む

No Image

2009-02-18 資産運用・投資
重要なことをコンパクトにまとめられています第1章では投資のさまざまな種類の説明から始まり何を投資の基本にするべきか?なぜ本のタイトルにある「ほったらかし」にしている人ほど儲かるのか?悲観的なときのメンタリティー自己投資の考え方・・・これ?読みやすく初心者向けみたいな感じにも思えるけれど内容はレベル高いです。資産運用本は数多いけれど万人におすすめできる良書!著者が薦める投資信託には古臭さを感じたりP...

記事を読む

No Image

2009-02-17 投信ニュース
去年の企画と同じものが同じ時期に帰ってきました去年のアンケート日経マネー個人投資家アンケート実施しています。日経マネー 2008年 06月号...

記事を読む

2009-02-15 日記
昨日大型ショッピングセンターで長男坊の子どもの髪をカットしている時間に暇になったので寝ている次男坊をベビーカーに乗せたまま家電売場をウロウロしていましたそこでミニノートPCにイーモバイルが刺さっていたので「自分のブログはどんな風にミニノートで表示されるのかな?」・・・と思って検索して見てみると・・・。グラフなんかの画像ってけっこう崩れているじゃん!!なんかこれミニノートPCの個体それぞれで差がある...

記事を読む

No Image

2009-02-14 投資戦略
Google ドキュメントの練習ついでに東証のデータでいろいろ遊んだ祭りも最終回です(たぶん)PER・PBR・ROEと来て今回は配当利回り・・・それと国債の金利もグラフ化してみます...

記事を読む

No Image

2009-02-13 要望・取材・メディア
先日モーニングスターの記事に共感して思わず大証にメールを送ってみた返信が来ました♪まずは自分の送ったメールから...

記事を読む

No Image

2009-02-12 日本人・儒教
以前の記事「形」についてに続いてイチローの言葉「進歩」についての考え方です前回と同様・・・このカテゴリー全般についてもそうですが個人的な意見は書かずにそのままメモっているだけです読んだその時その時の状況でその言葉の意味や重みが違ってくるものこそ名言だと思うし書いたその時の気持ちを書くと拡がりを持つ言葉がそこでとどまってしまう気もするからです無駄なことを考えて、無駄なことをしないと、伸びませんキャン...

記事を読む

No Image

2009-02-11 要望・取材・メディア
モーニングスターの記事内で興味を引いたETF記事を発見!ETFインタビュー:先進国のメジャーな株価指数に連動するETFに投資家のニーズ=大証・大西氏08年の国内のETF(上場投資信託)市場は新規上場が相次いだほか、年後半の相場暴落時には投資チャンスを狙ったETF取引が急増した。08年のETF売買の動向と今後注目されるETFの分野について、大阪証券取引所の市場企画グループ グループリーダーの大西信二...

記事を読む

No Image

2009-02-10 日本人・儒教
昨日の記事で紹介したイチロー選手の言葉はけっこう興味深いので記憶から消さないようにメモします1998年までの僕は『形』を探すのに精一杯だったのです。世の中の人の中には、形が変われば、それを進化と評価する人もいますが、僕の場合は退化だったのですよねかつては『形』を試していました。あれは、自分の『形』が見つからない不安の証でもありました自分の『形』ができていない状態では、いろいろなことを感じられません...

記事を読む

No Image

2009-02-09 その他の本
自分にオススメ出来て人にもオススメ出来て何より夢を描く子ども達にオススメしたい一冊...

記事を読む

No Image

2009-02-07 投資戦略
PER・PBRと来たら今度はROE編が来るのは当たり前だのクラッカー!です(笑)・・・ってホントはまったく考えていなかったんでけれども仕事中に「そう言えばPBRをPERで割ればROEだったよなぁ・・・」・・・と思いついただけの「おまけ」ですPER=時価総額/当期利益PBR=時価総額/純資産ROE=当期利益/純資産PBR(時価総額/純資産)/PER(時価総額/当期利益)=当期利益/純資産=ROE使っ...

記事を読む

No Image

2009-02-06 経済・その他ニュース
まず健康寝具販売会社・・・ここから怪しいと思うんだが円天で話題のL&Gですニュース記事なんかを見ると「3カ月ごとに9%(年36%)の利息を支払う。L&Gは数十億円の売り上げがあり、十数年間利息を支払い続けている」などとうそをつき、波容疑者らが管理する銀行口座に計1億1800万円を振り込ませた疑い。などとあるし元本保証と高配当を約束し、「協力金」と称する1口100万円の出資金の勧誘を開始したともあり...

記事を読む

2009-02-05 投資戦略
前回の記事Google ドキュメント祭り PER編の続きです。今回は資産価値で見たPBR編です前回のグラフでもわかるように前期実績の数値で計算されているので近年の急激な構造的な崩壊にはPERは対応できていない面があります東証のデータだと現在PER13倍なのに対してモーニングスターの予想PERで見ると24倍あり割高感すらある数値になりますちなみに予想PBRも0.35倍とこれからグラフ化する数値とはだいぶ違...

記事を読む

No Image

2009-02-04 投資戦略
最近の朝はグラフの作成とかで遊んでいるので記事の更新が滞っています新しいカテゴリーの追加をしました『投資参考指標』です指標とは辞書で物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。・・・とあります。このカテゴリーはデータをグラフ化したもの集ですね!?...

記事を読む

No Image

2009-02-02 売買記録
1年ぶりのこの企画が帰ってきました(笑)・・・去年ハードディスクが壊れてから(いまだにバックアップとかしたことのない高リスク人です)ほったらかし過ぎて自分の口座にいくらあるのかわからなかったけれど去年末にメモった数値があったので作成してみました・・・と言うのは口実でGoogle ドキュメントを使ってみたかったんですだから来月もパフォーマンスを公開するかどうかはまったく未定です一応、去年末のTOPIXと口...

記事を読む

「会社は株主のもの」・・・?

NightWalker's Investment Blog
会社は誰のものか?という古典的命題

株式十八番!
「日本」は誰のもの?

» 記事の続きを読む

関連記事

親という字のごとく 続き

前回の記事親という字のごとくの続き
  • 何でもしてあげるのが普通の親
  • 何でもしてあげないのが良い親
  • 子どもの遊び心ややる気に火を点けるのが最高の親

昨日の記事ではこんな考えに落ちつきました
  • 何でも教えてあげるのが普通の親
  • 何でも考えさせてみるのが良い親
  • 常に何かを考えさせる材料を与えるのが最高の親

こう考えたりもする

与えるのは物ではないしモノを与えて喜んでいるのは与えられた子ども本人なのか?与えた親の自己満足なのか?
最近シルバースプーン症候群なんて言葉を知ったので自分に照らし合わせて考えてみました

風姿花伝 世阿弥

子どものうちは大人が稽古する傍らで遊ばせておきなさい。自分でやろうと思うまでは稽古などをしても身にはつかない。


山本五十六

やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ


例えばこれから資産運用なんかで遺産が出来てしまうとして子どもふたりに与えるのは良いことなのかな?なんて考えてしまいます
争いのタネになるくらいなら残さず使い切ってしまったり使い切れないカネなんかは地元に寄付なんかしてしまうほうが良いのかな・・・?と
孫が「この校庭の芝生は爺っちゃんが作ったんだ!」なんて思われたほうが活きたカネの使い方なのかな~ってね?
関連記事

親という字のごとく

子どもはイタズラ好きでやんちゃなくらいが可愛げがあっていい
※毎日育児でくたびれている人達には申し訳ないけれどそう思っています

大人が子どもの気持ちを理解できるのは大切だけれども大人になっても子どものままではダメだろうし社会で通用しないって考えてしまうと子育ては面白いし難しいし大変なんだな・・・と

親になってみて気付いたことは子どもに教えているつもりが自分自身に言い聞かせているような感覚があったり

子どもが学んでいるときには自分自身が何らかを学んでいたりします

子どもが何かコツを掴みかけているときには見ている自分はなるべく邪魔をしないで見守るくらいしかありませんし上手く出来ないからといって親がサッサと答えを教えてしまうと子どもが何かを考える作業を止めて簡単に手っ取り早く答えを聞いてしまう人間に育ってしまう

良い親ってなんだろうな?って考えると・・・。正解はないんだろうけれど自分なりの答えくらいは見えてきました

  • 何でもしてあげるのが普通の親
  • 何でもしてあげないのが良い親
  • 子どもの遊び心ややる気に火を点けるのが最高の親

最高の親は言葉では簡単だけれども実際に育児をやってみると難しいのは経験者にはわかると思います

そして育児(子育て)のメインが奥さんだとしたら奥さんに出来ることは基本的には普通か良い親の役割りしか出来ないでしょう
もちろん最高の・・・のできる母親も当然いますが

最高の親が出来るのは親父となるあなた自身しかいないと思う
※この記事を読むひとの大半が男だと仮定して書いています(笑)

親という字は木に立って見ると書きます・・・昨日はじめて気付きました豆電球
そんな長期的な視野を持てたら子どもはのびのびと個性を親に見せつけるはずです

何か変わった遊びをはじめていたら子どもが何を考えているのか?を考えるのが最近の楽しみだったりします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

最近の投信事情 ETFとインデックスファンドが売れている

(上場を含む)投信について2つの記事を発見

上場投信、人気に二極化
ETF(上場投資信託)の人気が銘柄によって二極化している。
日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)に連動するタイプの銘柄で売買代金が膨らむ一方、建設など業種別の株価指数に連動するETFでは長期にわたって売買がない例もある。

ETFは証券取引所に上場する投資信託。国内では東京証券取引所と大阪証券取引所で合わせて68銘柄を扱っている。
一般の投信に比べて手数料が割安な傾向にあるため、個人投資家の関心が高い。


・・・ん?手数料が割安な傾向?手数料が販売手数料の話だとしたらノーロードの投信のほうが安いでしょう?
ETFの購入代金が下がった現在、購入に100円が掛かったとしても最低売買単位の10口では1%以上してしまいます
手数料が割安な傾向ではなく運用コスト・・・が正しいかな?
二極化は当然の結果でそもそも業種別にはニーズがありませんしMSCIコクサイ連動が登場したらこの二極化の勝ち組すら怪しいもんです

もうひとつは長文なのでリンクのみ
インデックスファンドへの資金流入とETFの個人買い越し続く――日本株アクティブ運用ファンドは存在感低下

この記事を見るとインデックスファンドのい売買回転率はけっこう高いんですね?
買いも多けりゃ売りも多い

アクティブファンドのほうはと言うと・・・
買いが入らず売りが多い(笑)
その結果、売買回転率は低い・・・と

それと

日本株アクティブ運用ファンドの運用成績を市場平均(日経平均やTOPIX)と比較すると、日本株相場の上昇局面では市場平均に勝ち越し、下落相場では負けやすい傾向がある。


ここの感覚は逆に思えたんだけど実際はこうなのかな?
アクティブは下落相場でこそ真価を発揮するように思えるのだけれどもね?

参考記事
投信王「秋の陣」で優秀賞・・・って
インデックスファンドvsアクティブファンド

そう言えば優秀賞の商品マネークリップが届いていないことに今気付いたうーん
関連記事

花粉症対策の途中経過

  •  投稿日:2009-02-20
  •  カテゴリ:日記
毎年、毎年と花粉症アホルダーの自分にとって好きでもあり苦手な季節「春」を感じてきました

そして最近のニュースなんかでも「目を真っ赤にして・・・」なんて表現がチラホラ登場してきたので花粉症対策の途中経過です

» 記事の続きを読む

関連記事

ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方

重要なことをコンパクトにまとめられています

第1章では投資のさまざまな種類の説明から始まり

何を投資の基本にするべきか?

なぜ本のタイトルにある「ほったらかし」にしている人ほど儲かるのか?

悲観的なときのメンタリティー

自己投資の考え方

・・・これ?読みやすく初心者向けみたいな感じにも思えるけれど内容はレベル高いです。
資産運用本は数多いけれど万人におすすめできる良書!

著者が薦める投資信託には古臭さを感じたり
P.124での利回りの計算がザックリさせ過ぎのような感じなどと??な部分がありますがそれを差し引いても完成度の高い一冊でしょう

ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方 (アスカビジネス)ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方 (アスカビジネス)
(2008/07/15)
中桐 啓貴

商品詳細を見る


この本は去年末に読んでいた本でブログにアップするのをすっかり忘れていました(笑)
本の最後には投資ブログが紹介されています
関連記事

日経マネー6月号「個人投資家白書」のアンケート

去年の企画と同じものが同じ時期に帰ってきました

去年のアンケート
日経マネー個人投資家アンケート実施しています。
日経マネー 2008年 06月号

» 記事の続きを読む

関連記事

ミニノートPCでグラフ見ると崩れていませんか?

  •  投稿日:2009-02-15
  •  カテゴリ:日記
昨日大型ショッピングセンターで長男坊の子どもの髪をカットしている時間に暇になったので寝ている次男坊をベビーカーに乗せたまま家電売場をウロウロしていました

そこでミニノートPCイーモバイルが刺さっていたので「自分のブログはどんな風にミニノートで表示されるのかな?」・・・と思って検索して見てみると・・・。

グラフなんかの画像ってけっこう崩れているじゃん!!
なんかこれミニノートPCの個体それぞれで差があるような感じなんですがどうでしょうか?

家電売場でいじっていたのは多分この機種

dellミニノートPC
さらにはミニノートPCと言っても使うブラウザでもきれいなグラフと崩れたグラフ・・・差がありました

DELLのPCで試しただけですがIEだと崩れた画像・・・Google ChromeはミニノートPCでもわりとキレイな画像な印象です

もしこのブログを他のミニノートPCで見ている人は感想をくれると嬉しいです
DELL以外の機種は触っていないのでわかりません
※・・・でも崩れなくする方法はわかりませんが(笑)

あとケータイなんかのフルブラウザなんかでグラフはきちんと見れているのか使用している人は感想をくれると嬉しいです
※・・・でも崩れなくする方法はわかりません(汗)

あと気付いたことはウチのADSLよりイーモバイルの方が早いうーん
更に気付いたことはウチのVAIOより最近のミニノートPCの方が性能がいいうーん

・・・2004年に10数万円だして買ったノートパソコンが100円に負けていますがっくり
関連記事

Google ドキュメント祭り 配当・金利編

Google ドキュメントの練習ついでに東証のデータでいろいろ遊んだ祭りも最終回です(たぶん)

PER・PBR・ROEと来て今回は配当利回り・・・それと国債の金利もグラフ化してみます

» 記事の続きを読む

関連記事

大阪証券取引所からのメッセージ

先日モーニングスターの記事に共感して思わず大証にメールを送ってみた返信が来ました♪

まずは自分の送ったメールから

» 記事の続きを読む

関連記事

「進歩」について

以前の記事「形」についてに続いてイチローの言葉「進歩」についての考え方です

前回と同様・・・このカテゴリー全般についてもそうですが個人的な意見は書かずにそのままメモっているだけです
読んだその時その時の状況でその言葉の意味や重みが違ってくるものこそ名言だと思うし書いたその時の気持ちを書くと拡がりを持つ言葉がそこでとどまってしまう気もするからです

無駄なことを考えて、無駄なことをしないと、伸びません


キャンプでいろいろと試すことは、無駄ではありません


考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります


これからも無駄なことをたくさん考えて、そこから新しい何かが見えてきたら嬉しいです


イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチングイチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング
(2008/07/24)
庵里 直見

商品詳細を見る
関連記事

大証にETFについての意見を送信~!

モーニングスターの記事内で興味を引いたETF記事を発見!

ETFインタビュー:先進国のメジャーな株価指数に連動するETFに投資家のニーズ=大証・大西氏

08年の国内のETF(上場投資信託)市場は新規上場が相次いだほか、年後半の相場暴落時には投資チャンスを狙ったETF取引が急増した。08年のETF売買の動向と今後注目されるETFの分野について、大阪証券取引所の市場企画グループ グループリーダーの大西信二氏に聞いた。

――08年は大証でのETF取引の売買高、売買代金がともに過去最高となったが、売買増加の理由は何か。

「08年後半にマーケットのボラティリティが高まり、日経平均株価連動型ETFの売買が大きく増えた点が挙げられる。個人投資家は日経平均株価が大きく下落した局面では、下げ過ぎと判断して買いを入れていた。個別銘柄で何を買えばよいか分からない個人投資家が、銘柄選別の必要がないETFに注目した面もあるようだ」

「また、ETFは信用取引も活発で、相場がさらに下がると読んだ投資家はETFをカラ売りしていた。ETFは一般的な投資信託と違って取引時間中に価格が変動する点が特徴。08年後半のように1日の値動きの大きいときはETFの短期売買が入りやすい状況だったと言える」

――08年の金融商品取引法と投資信託法の改正で、金などの商品の現物を投資対象としたETFを上場できるようになったが、商品現物型ETFの今後の展開についてはどのように考えているか。

「商品ETFをめぐる状況は法改正により制度面では前進した。ただし、実際に商品現物型ETFを上場するとなれば、商品の現物を保管するコストをどうするかなど何点かの検討事項がある。また、08年の今ごろは商品市況が注目を集めていたが、現在のような市況低迷時に関連ETFがどの程度売買されるのかという点も踏まえる必要がある」

「さらに、海外では多くの商品ETFが上場しているが、日本では証券会社が商品現物型ETFのマーケットメーカー(指定参加者)として必要とされるノウハウを今後どのように蓄積していくかが課題となるだろう」

――日本の取引所にまだ上場していないETFで、投資家の需要があると考えているのはどのような分野か。

「日本株については日経平均株価に連動するETFをはじめ、時価総額別やセクター別のETFも東京証券取引所に上場しており、メニューが一通りそろった感がある。投資家が次に求めているのは海外各国の株価指数に連動するETFではないか

「大証にはロシアなど新興国の株価指数や通貨に連動するETFがすでに上場しているが、S&P500やNYダウ、ナスダック指数など日本の投資家によく知られている海外の株価指数に連動するETFはまだない。こうした先進国のメジャーな株価指数を対象としたETFや世界の複数の地域をカバーした指数に連動するETFのニーズがあると考えている

提供:モーニングスター社



さすがグループリーダーの大西信二さん!わかっていらっしゃる!!

そんなこんなで?ETFについての要望と去年の突撃取材でよく使っていた伝家の宝刀個人投資家750人のETFについてのアンケートを送ってみた♪

今回は手紙ではなくメールフォームからの送信なので大西さんに届くのか?返信が来るのか?さっぱり未定ですが返事が来たら報告します※着ました↓



梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんも同様の記事を書いているのでこちらも参照・・・いや市場規模的にはあっちの記事と一緒にこちらの記事も参照してくださいか・・・。

大証、先進国のメジャーな株価指数を対象としたETF上場についてコメント



祝日明けの翌日さっそく返答が着ました!早っ!
大阪証券取引所からのメッセージ
関連記事

「形」について

昨日の記事で紹介したイチロー選手の言葉はけっこう興味深いので記憶から消さないようにメモします

1998年までの僕は『形』を探すのに精一杯だったのです。世の中の人の中には、形が変われば、それを進化と評価する人もいますが、僕の場合は退化だったのですよね


かつては『形』を試していました。あれは、自分の『形』が見つからない不安の証でもありました


自分の『形』ができていない状態では、いろいろなことを感じられません


パワーは要らないと思います。それより大事なのは、自分の『形』をもっていないといけないということです


進化する時というのは『形』はあんまり変わりません。だけど、見えないところが変わっています。それが本当の進化じゃないですか


自分が作り上げてきたものを崩すわけにはいきません。自分の技術を支えている気持ちが切れると不安が出ますから、それだけはしてはいけません


相手が変えようとしてくる時に、自分も変わろうとすること。これが一番怖いと思います


毎年、気持ちは変わりますし、体も微妙に変わります。良いフォームが何年経っても良いとは思いません。その時々に自分に合うフォームが必ずあるはずです


次回は「進歩」について

イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチングイチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング
(2008/07/24)
庵里 直見

商品詳細を見る
関連記事
 カテゴリ
 タグ

イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング

自分にオススメ出来て

人にもオススメ出来て

何より夢を描く子ども達にオススメしたい一冊

» 記事の続きを読む

関連記事

Google ドキュメント祭り ROE編

PER・PBRと来たら今度はROE編が来るのは当たり前だのクラッカー!です(笑)

・・・ってホントはまったく考えていなかったんでけれども仕事中に

「そう言えばPBRをPERで割ればROEだったよなぁ・・・豆電球

・・・と思いついただけの「おまけ」です

PER=時価総額/当期利益
PBR=時価総額/純資産
ROE=当期利益/純資産

PBR(時価総額/純資産)/PER(時価総額/当期利益)=当期利益/純資産=ROE

使った材料はいままで同様に東証のサイトにあった前期実績値データです



おしまい・・・ってこれだけじゃつまらないですよね?

もうチョットだけ分解するとPBRは資産価値から見た株価のバリュエーションです

PBR1倍とは純資産と時価総額が同じになります
株価の定価がPBRの1倍だって言いかえることにもなります
※ここはわかりやすく書くため省略しますが無理矢理理解してください(笑)

そこでROEの計算式→「当期利益/純資産」・・・を持ってくると・・・
PBR1倍のときの株式益回りがROEであるってことにもなります

株式益回り=当期利益/時価総額
ROE=当期利益/純資産
※脳内で思いついた方程式なので変な考え方だったら突っ込んでください(笑)

これをグラフにしたほうが面白いかな?と思って作ってみたのがこちら



どうですか?2004年の下半期から続いた根拠なき加熱が現在は完全にひっくり返っていますね?
いまの株式投資の期待リターンは理論的な期待リターンよりも高まっているって言えると思います

ちなみにこのデータは今年の7月からエラーになります。TOPIX全体の当期利益が赤字になると出てくる数値がアホな数値になるんです(笑)

参考記事 Google ドキュメント祭り PER編
関連記事
 カテゴリ

L&G 30年運用すると単利で1000万!複利で100億!

まず健康寝具販売会社・・・ここから怪しいと思うんだがうーん円天で話題のL&Gです

ニュース記事なんかを見ると

「3カ月ごとに9%(年36%)の利息を支払う。L&Gは数十億円の売り上げがあり、十数年間利息を支払い続けている」などとうそをつき、波容疑者らが管理する銀行口座に計1億1800万円を振り込ませた疑い。


などとあるし

元本保証と高配当を約束し、「協力金」と称する1口100万円の出資金の勧誘を開始した


ともあります
高配当を約束・・・うさん臭い話ですがそんな夢のような話を計算するとこうなります
1口100万円でL&Gファンドに出資し30年間もの期間、波ファンドマネージャー(会長)信託します



1,000,000円を年利36%で複利運用すると
30年後に10,143,019,282円、約10143.02倍になります。
単利では 11,800,000円となり、その差は 10,131,219,282円です。

 単利の場合複利の場合差額
0 年後1,000,0001,000,0000
1 年後1,360,0001,360,0000
2 年後1,720,0001,849,600129,600
3 年後2,080,0002,515,456435,456
4 年後2,440,0003,421,020981,020
5 年後2,800,0004,652,5871,852,587
6 年後3,160,0006,327,5193,167,519
7 年後3,520,0008,605,4265,085,426
8 年後3,880,00011,703,3797,823,379
9 年後4,240,00015,916,59511,676,595
10 年後4,600,00021,646,57017,046,570
11 年後4,960,00029,439,33524,479,335
12 年後5,320,00040,037,49534,717,495
13 年後5,680,00054,450,99448,770,994
14 年後6,040,00074,053,35168,013,351
15 年後6,400,000100,712,55894,312,558
16 年後6,760,000136,969,078130,209,078
17 年後7,120,000186,277,947179,157,947
18 年後7,480,000253,338,008245,858,008
19 年後7,840,000344,539,690336,699,690
20 年後8,200,000468,573,979460,373,979
21 年後8,560,000637,260,611628,700,611
22 年後8,920,000866,674,431857,754,431
23 年後9,280,0001,178,677,2271,169,397,227
24 年後9,640,0001,603,001,0281,593,361,028
25 年後10,000,0002,180,081,3982,170,081,398
26 年後10,360,0002,964,910,7022,954,550,702
27 年後10,720,0004,032,278,5544,021,558,554
28 年後11,080,0005,483,898,8345,472,818,834
29 年後11,440,0007,458,102,4147,446,662,414
30 年後11,800,00010,143,019,28210,131,219,282

参考サイト 複利計算&結果表示 -投資運用の目安に-

・・・まぁ・・・世の中こんなうまい話はないって事ですね?
L&Gから話が変わって「政府紙幣」について

与党の一部から景気対策の一環として政府紙幣の発行を求める声が出ていることについて、自民党津島派の津島雄二会長は5日の派閥総会で「政府が『円天』をやるようなばかな話だ。政府が紙幣を印刷してばらまくなど究極の国債だ」と述べ、健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G)の詐欺事件になぞらえて批判した。伊吹派の伊吹文明会長も同日の派閥総会で「人間は疲れると酒で紛らわせ、もっとひどいとマリフアナを吸ってみることになる。政府紙幣はそれと同じだ」と一蹴(いっしゅう)した。


こんな批判も当然ながらあります
関連記事

Google ドキュメント祭り PBR編

前回の記事Google ドキュメント祭り PER編の続きです。今回は資産価値で見たPBR編です

前回のグラフでもわかるように前期実績の数値で計算されているので近年の急激な構造的な崩壊にはPERは対応できていない面があります
東証のデータだと現在PER13倍なのに対して
モーニングスターの予想PERで見ると24倍あり割高感すらある数値になります

ちなみに予想PBRも0.35倍とこれからグラフ化する数値とはだいぶ違ったカタチになるので前期実績値と予想値では見方を変える必要があります

日本では予想値が定番で米国だと前期実績値が定番となるしどちらが正しいとかはないです

参考記事
株価収益率(Wikipedia)
「予想PER」に頼る愚かさ日経ビジネス コラム

それではGoogle ドキュメント祭り PBR編です!?



この10年で2度ほどPBRが1倍に触れる、もしくは1倍を切っています
一番高いのが06年1月の1.9倍で低いのが現在の0.7倍ですからPERよりもPBRでグラフを眺めたほうが見やすい気がしませんか?

ついでに株価とPBR1倍割れ時期に突入~脱却期を赤丸チェックしたのがこちらです
TOPIX 10年赤丸修正済み
※現在まだまだ脱却していませんから~(笑)
関連記事

Google ドキュメント祭り PER編

最近の朝はグラフの作成とかで遊んでいるので記事の更新が滞っていますぺこり
新しいカテゴリーの追加をしました『投資参考指標』です

指標とは辞書で

物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。


・・・とあります。このカテゴリーはデータをグラフ化したもの集ですね!?

» 記事の続きを読む

関連記事

2009年1月のパフォーマンス

1年ぶりのこの企画が帰ってきました(笑)

・・・去年ハードディスクが壊れてから(いまだにバックアップとかしたことのない高リスク人です)ほったらかし過ぎて自分の口座にいくらあるのかわからなかったけれど去年末にメモった数値があったので作成してみました

・・・と言うのは口実でGoogle ドキュメントを使ってみたかったんですピース
だから来月もパフォーマンスを公開するかどうかはまったく未定です

一応、去年末のTOPIXと口座残高を投資信託っぽく基準価額10,000に設定です
※口座残高は追加資金(積立)を差し引いた修正額です



実際にGoogle ドキュメントを使ってみるとけっこう使い勝手が悪いような気が・・・うーん面グラフと折れ線グラフを重ねて表示とか出来ないとかこのパフォーマンスで言えば0~7,000くらいまでの数値は隠したほうがグラフの見栄えも良いような感じがします
シンプルなグラフの作成にはちょうどいいけれど万能ではない・・・かな?
今年は他のブロガーさん達みたいに視覚的にもきれいなブログ作りを目指します・・・予定です
関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます