2010年02月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2010年02月

2010年02月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
No Image

2010-02-23 投資信託・ETF
年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の信託報酬が下がりSTAM新興国よりも低コストになったようです他のブロガーさんでも紹介されています日興アセットマネジメント、今後が楽しみです。 rennyの備忘録さん大きな一歩となるかも! NightWalker's Investment Blogさん信託報酬引き下げ実施 - 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 吊られた男の投資ブログさん...

記事を読む

No Image

2010-02-20 日記
ちょっと天気が良い日だと鼻がムズムズと感じてくる季節になってきました皆さんはいかがお過ごしでしょうか?花粉症ストロングアホルダーの「とよぴ~」です...

記事を読む

No Image

2010-02-19 要望・取材・メディア
日経マネーでは、4月21日発売の号に向けて「個人投資家・大アンケート」を実施しています。そのアンケートのお知らせです...

記事を読む

No Image

2010-02-18 投資信託・ETF
マネックス証券では買えないのですが好きなファンド「世界経済インデックスファンド」のアセットアロケーションが変更されます住信AM「世界経済インデックスファンド」、先進国比率を5%引き下げ新興国に ロイター...

記事を読む

No Image

2010-02-17 投資信託・ETF
前回の記事セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬下げについての続きです信託報酬下げとは言うけれどいったいどれくらいコスト(信託報酬)を下げられるのかを妄想してみました...

記事を読む

No Image

2010-02-14 投資信託・ETF
セゾン投信の運用報告会(FP・メディア向け)があったようでロイタ-記事にて書かれています段階踏み信託報酬下げなども検討=セゾン投信社長 2010年 02月 12日...

記事を読む

No Image

2010-02-11 投資戦略
前回までの記事の続きですインデックスの犬投資法は有効か? その1インデックスの犬投資法は有効か? その2今回はSTAMインデックスシリーズではなく指数を使って長期ではインデックスの犬戦略が有効かどうかを検証しますキッカケはその1でのWerder Bremenさんのコメントこれをどうせやるなら・・・この前、渡したInfo Bunchさんの円建て、基本4資産データを使ったほうが良いのでは?STAMは2006年からしか立証で...

記事を読む

No Image

2010-02-05 個別株
4日の東京株式市場でトヨタ自動車とホンダの株価が一時逆転したそうです最近のトレンドを見ると今日か来週中・・・近いうちに株価は逆転するでしょうトヨタとホンダ、株価が一時逆転 NIKKEI NET4日の東京株式市場でトヨタ自動車とホンダの株価が一時逆転した。前日に好決算を発表したホンダの株価が一時3320円と前日比6%近く上昇した一方、大幅続落となったトヨタの株価は3300円を下回る場面があった。終値でもホンダの株価が...

記事を読む

No Image

2010-02-04 要望・取材・メディア
すべてのことの始まりはここからはじまりました皆様のチカラ(意見)を貸してくださいETFについてのアンケートも取材に向けて同時進行ではじめました...

記事を読む

No Image

2010-02-03 投資戦略
前回の記事インデックスの犬投資法は有効か?の続きですまずばら売りされている各資産の毎月ドルコスト平均法によるパフォーマンスはこうなっています...

記事を読む

2010-02-02 投資戦略
ダウの犬投資法なんて言葉がありますダウの犬投資法とは?ダウ30銘柄(米国大型優良企業30社)を、毎年配当利回り順に並べ、上位5銘柄を買う(保有する)投資法銘柄の見直し(入れ替え)は年1回  米国で成績上位1%のファンドマネージャーが明かす投資法・・・らしいですこれを銘柄ではなくアセット別(国内外の株式&債券)4資産で実験してみました上から順にSTAM国内債券インデックス・オープンSTAMグローバル債券イン...

記事を読む

No Image

2010-02-01 経済・景気動向
2010年の1月もあっという間に終わってしまいました1年が早く感じるのは年をとったせいでしょうか?(笑)今月の債券ネタはこちら「長期金利の安定を」鳩山首相、財政規律重視 産経新聞仙谷氏「市場の警戒サイン」 S&P、日本国債格付け見通し下げ NIKKEI NET米FOMCが金利据え置き、低金利の長期間維持を再表明 ロイター米の金融規制案、各国が支持の声…ダボス会議 読売新聞銀行は金利リスクを注視すべき=米FR...

記事を読む

年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の信託報酬下げについて

年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の信託報酬が下がりSTAM新興国よりも低コストになったようです

他のブロガーさんでも紹介されています

日興アセットマネジメント、今後が楽しみです。 rennyの備忘録さん
大きな一歩となるかも! NightWalker's Investment Blogさん
信託報酬引き下げ実施 - 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 吊られた男の投資ブログさん

» 記事の続きを読む

関連記事

帰ってきたこの企画!花粉症対策2010

  •  投稿日:2010-02-20
  •  カテゴリ:日記
ちょっと天気が良い日だと鼻がムズムズと感じてくる季節になってきました
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
花粉症ストロングアホルダーの「とよぴ~」です

» 記事の続きを読む

関連記事

日経マネー 個人投資家アンケートのお知らせ

日経マネーでは、4月21日発売の号に向けて「個人投資家・大アンケート」を実施しています。
そのアンケートのお知らせです

» 記事の続きを読む

関連記事

世界経済インデックスファンドの年1回見直し時期がやってきました

マネックス証券では買えないのですが好きなファンド「世界経済インデックスファンド」のアセットアロケーションが変更されます

住信AM「世界経済インデックスファンド」、先進国比率を5%引き下げ新興国に ロイター

» 記事の続きを読む

関連記事

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬を考える

前回の記事セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬下げについての続きです
信託報酬下げとは言うけれどいったいどれくらいコスト(信託報酬)を下げられるのかを妄想してみました

» 記事の続きを読む

関連記事

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬下げについて

セゾン投信の運用報告会(FP・メディア向け)があったようでロイタ-記事にて書かれています

段階踏み信託報酬下げなども検討=セゾン投信社長 2010年 02月 12日

» 記事の続きを読む

関連記事

インデックスの犬投資法は有効か? その3

前回までの記事の続きです

インデックスの犬投資法は有効か? その1
インデックスの犬投資法は有効か? その2

今回はSTAMインデックスシリーズではなく指数を使って長期ではインデックスの犬戦略が有効かどうかを検証します

キッカケはその1でのWerder Bremenさんのコメント

これをどうせやるなら・・・この前、渡したInfo Bunchさんの円建て、基本4資産データを使ったほうが良いのでは?
STAMは2006年からしか立証できないが、あのデータなら1984年末からあるはず?より長期の傾向が実証できますよ。
でも、そうなると週末、時間を掛けてやったほうが良いかも。


制作を始めてみると・・・1984年末からは・・・疲れた(笑)

» 記事の続きを読む

関連記事

トヨタとホンダ、株価が一時逆転って・・・。

  •  投稿日:2010-02-05
  •  カテゴリ:個別株
4日の東京株式市場でトヨタ自動車とホンダの株価が一時逆転したそうです
最近のトレンドを見ると今日か来週中・・・近いうちに株価は逆転するでしょう

トヨタとホンダ、株価が一時逆転 NIKKEI NET

4日の東京株式市場でトヨタ自動車とホンダの株価が一時逆転した。
前日に好決算を発表したホンダの株価が一時3320円と前日比6%近く上昇した一方、大幅続落となったトヨタの株価は3300円を下回る場面があった。
終値でもホンダの株価がトヨタを上回れば、バブル崩壊後で初となる。

» 記事の続きを読む

関連記事

日経ヴェリタス「ETF、不振の理由」まとめ

すべてのことの始まりはここからはじまりました

皆様のチカラ(意見)を貸してください

ETFについてのアンケートも取材に向けて同時進行ではじめました

» 記事の続きを読む

関連記事

インデックスの犬投資法は有効か? その2

前回の記事インデックスの犬投資法は有効か?の続きです

まずばら売りされている各資産の毎月ドルコスト平均法によるパフォーマンスはこうなっています

» 記事の続きを読む

関連記事

インデックスの犬投資法は有効か? その1

ダウの犬投資法なんて言葉があります

ダウの犬投資法とは?

  • ダウ30銘柄(米国大型優良企業30社)を、
  • 毎年配当利回り順に並べ、上位5銘柄を買う(保有する)投資法
  • 銘柄の見直し(入れ替え)は年1回
  
米国で成績上位1%のファンドマネージャーが明かす投資法・・・らしいです

これを銘柄ではなくアセット別(国内外の株式&債券)4資産で実験してみました

4資産の比較チャート
上から順に
STAM国内債券インデックス・オープン
STAMグローバル債券インデックス
SBI資産設計オープン(資産成長型)
STAMTOPIXインデックス・オープン
STAMグローバル株式インデックス となっています
データを見る期間としては短いのですがサブプライム問題~リーマンショック~株価回復局面は入っていますね?

インデックス投資家という前提で毎月末に一番下がった資産ふたつを同額買い続ける方法です

» 記事の続きを読む

関連記事

先進国イールドカーブ 2010/01

2010年の1月もあっという間に終わってしまいました1年が早く感じるのは年をとったせいでしょうか?(笑)

今月の債券ネタはこちら

「長期金利の安定を」鳩山首相、財政規律重視 産経新聞
仙谷氏「市場の警戒サイン」 S&P、日本国債格付け見通し下げ NIKKEI NET
米FOMCが金利据え置き、低金利の長期間維持を再表明 ロイター
米の金融規制案、各国が支持の声…ダボス会議 読売新聞
銀行は金利リスクを注視すべき=米FRB副議長 ロイター
日米の金利逆転続く 円高進めば追加緩和圧力 NIKKEI NET

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます