2012年01月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ


月別アーカイブ:2012年01月

2012年01月の記事一覧。個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
No Image

2012-01-31 投資信託・ETF
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの第5運用報告書が届きましたセゾン投信のホームページからでも同様のPDFが誰でも自由に確認できます運用報告書 - セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド...

記事を読む

No Image

2012-01-30 売買記録
2012年のマーケットは堅調です。怖いくらい堅調な相場はホント久しぶり?テクニカルな話をすると東証1部の騰落レシオは買われすぎの目安である120%を超えて現在は124.05%恐怖指数を見ても18.53と株式の長期平均リスクと変わらない水準・・・平時か有事かと言えば現在は平時の模様?欧州問題は織り込み済みの過去の話しなのか・・・!?...

記事を読む

No Image

2012-01-28 投信ニュース
前回の記事投信法の改正へでも触れましたが高すぎる分配金についても今後変わる方向へ行きそうです(ロイター)この法規制についての記事で梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんが秀逸の記事を書いているので詳しくはそちらを参考に♪この記事内で投信分配金に回せる原資の国際比較という表がありますこちらは永久保存版かつ必修科目(?)となっていますので自分のブログでもメモ...

記事を読む

No Image

2012-01-27 投信ニュース
金融庁はリスクが高く仕組みが複雑な投資信託商品の販売適正化を目的に「投資信託及び投資法人法(投信法)」の改正を検討しました(毎日新聞)新興国の通貨や外国株式などを組み込んだ投資信託で思わぬ損失が発生し、金融機関と投資家の間でトラブルに発展することを防ぐ...

記事を読む

No Image

2012-01-25 投資戦略
出口戦略について最近ブログでよく見かけられます昨年末、最初に見かけたのがバリュー投資家の角山さんのブログ特に、出口戦略は重要だ。インデックスファンドの積立を行っている投資家は、そこまで考えているのだろうか。投資用ワンルームマンションを持っているとして、売るときの勝算はあるのだろうか。何も考えていない人に限って「持ち続ける」という。大切なのは「出口戦略」 - 角山智の割安成長株投資術その時はそれほど気...

記事を読む

No Image

2012-01-19 もの思いにふける
ふと思ってたと「投資の基本は株式」はホントに正しいのか本屋に行けば株式投資についての本は大半で株式:債券は9:1くらいある最近はインデックスファンドの分散投資の本が多いけれど基本は株式投資で債券投資をしない国内外比率の違いだけで全力株式投資の本もあるスタイルにもよるが株式投資は全期間で投資していいのかこれはアクティブな考え方かもしれないがパッシブな人にすら重要ではないのか...

記事を読む

No Image

2012-01-18 投資戦略
ボーナスの時期になると各社金利の魅力的な定期預金を出したりしますSBIの社債が3分で完売など日本人の絶対安全神話(株より債券)は代わりません例えばゆうちょ銀行では預けられた資産の運用先は現在ほとんど日本国債の運用となっていますし銀行もその地域地域の融資の他には基本的にほとんど日本国債の運用ではないでしょうか?それならば自分で最初から国内債券を選んでもいいじゃんという話...

記事を読む

No Image

2012-01-17 投資戦略
前回の記事短期的には株価と為替の関係はあるの続きです為替とTOPIXの関係を調べてみると2005年以降は連動しています円高になるとTOPIXはマイナス円安になるとTOPIXはプラスこの関係が変わらないのであれば円安に誘導することが株価上昇のカギになるでも過去を振り返れば80年代は円高で株高だったはず・・・結局、株価と為替の関係はどうなんだ?以前の記事作りで1973年から為替の終値が手元にあるのでTOPIXを含めた騰落...

記事を読む

No Image

2012-01-15 投資戦略
日本は長いデフレ状態ですがインデックス運用もマイナス成績が続いているはずドル建てと円建てのダウと日本株は似た動きですが結果は自国の為替に影響しますちなみにTOPIXと為替の昨年の成績 ※為替の前年比マイナスとは円高             為替    前年比     TOPIX     前年比2011年    77.62    -4.81%  &...

記事を読む

No Image

2012-01-12 投資信託・ETF
日興AMから新興国債券インデックスに連動するETFが登場!東証から買えるので利便性が高いのがメリット日本初、世界中の新興国債券に投資するETF を設定 - 日興AMETFコラムNo.21 21番目のETFは新興国債券のETF - 日興AM...

記事を読む

No Image

2012-01-10 経済・景気動向
TOPIXとは東証1部の平均値ですが業種別にみれば様々なモノが見えてきます東証の公表している指数では業種別に33業種に分けられていますがそれは細かすぎるので今回は野村AMの上場しているETFを活用して17セクター + 平均値であるTOPIXを足した18銘柄の比較...

記事を読む

No Image

2012-01-04 経済・その他ニュース
太陽光発電システムの低コスト化が進み補助金なしでペイできる時代も近そうですパネルの金額が高い国産ではなく安い海外産を輸入し工事の標準化による生産性向上の効果なのだとか太陽光発電もユニクロ化やアキュラホーム化といえる状況になりました日本にとって更に有望な太陽光発電があるので今回はこちらを紹介太陽光で発電する外壁材…パネル不要、低コスト - 読売新聞...

記事を読む

No Image

2012-01-03 経済・景気動向
以前の記事日経平均29年ぶり安値の嘘ではこちらのサイトから1973年から2004年の過去30年の米ドルの為替相場を引用しましたが探してみると古い為替データはなかなか見つからないことに気づきましたYahoo! financeでは1973年まではないが昨年末までの最新データがありますので2つのデータを合成して米ドルの為替相場長期データを作成してみました...

記事を読む

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド運用報告書は積立白書

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの第5運用報告書が届きました
セゾン投信のホームページからでも同様のPDFが誰でも自由に確認できます

運用報告書 - セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

» 記事の続きを読む

関連記事

【2029】 iPath VIX中期先物指数を買ってみた

2012年のマーケットは堅調です。怖いくらい堅調な相場はホント久しぶり?
テクニカルな話をすると東証1部の騰落レシオは買われすぎの目安である120%を超えて現在は124.05%
恐怖指数を見ても18.53と株式の長期平均リスクと変わらない水準・・・平時か有事かと言えば現在は平時の模様?
欧州問題は織り込み済みの過去の話しなのか・・・!?

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

国際比較でわかる日本の分配金の変

前回の記事投信法の改正へでも触れましたが高すぎる分配金についても今後変わる方向へ行きそうです(ロイター
この法規制についての記事で梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんが秀逸の記事を書いているので詳しくはそちらを参考に♪

この記事内で投信分配金に回せる原資の国際比較という表があります
こちらは永久保存版かつ必修科目(?)となっていますので自分のブログでもメモ

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

投信法の改正へ

金融庁はリスクが高く仕組みが複雑な投資信託商品の販売適正化を目的に「投資信託及び投資法人法(投信法)」の改正を検討しました(毎日新聞

新興国の通貨や外国株式などを組み込んだ投資信託で思わぬ損失が発生し、金融機関と投資家の間でトラブルに発展することを防ぐ

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

誰もが共通の出口戦略はない

出口戦略について最近ブログでよく見かけられます
昨年末、最初に見かけたのがバリュー投資家の角山さんのブログ

特に、出口戦略は重要だ。

インデックスファンドの積立を行っている投資家は、そこまで考えているのだろうか。



投資用ワンルームマンションを持っているとして、売るときの勝算はあるのだろうか。



何も考えていない人に限って「持ち続ける」という。

大切なのは「出口戦略」 - 角山智の割安成長株投資術



その時はそれほど気にしていなかったけれど水瀬さんのエントリーから熱を帯びた間があります

・・・しかし、よく考えてみれば、これは当然のことです。
彼が求めている「出口戦略」は、言ってみれば「ある時期に必ず儲かっている方法」であり、要するに「必ず儲かる方法」なのですから。
インデックス投資を始めた頃は、「株価動向は予測不能」と納得していたはずなのに、いつの間にか、あるはずのない「必ず儲かる方法」を探していたのです。

「出口戦略」という魔法の言葉の罠 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

投資の基本が株式でいいのか

ふと思ってたと「投資の基本は株式」はホントに正しいのか
本屋に行けば株式投資についての本は大半で株式:債券は9:1くらいある
最近はインデックスファンドの分散投資の本が多いけれど基本は株式投資で債券投資をしない国内外比率の違いだけで全力株式投資の本もある

スタイルにもよるが株式投資は全期間で投資していいのか
これはアクティブな考え方かもしれないがパッシブな人にすら重要ではないのか

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

定期預金の代わりに国内債券

ボーナスの時期になると各社金利の魅力的な定期預金を出したりします
SBIの社債が3分で完売など日本人の絶対安全神話(株より債券)は代わりません
例えばゆうちょ銀行では預けられた資産の運用先は現在ほとんど日本国債の運用となっていますし銀行もその地域地域の融資の他には基本的にほとんど日本国債の運用ではないでしょうか?
それならば自分で最初から国内債券を選んでもいいじゃんという話

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ

長期的には株価と為替の関係はない

前回の記事短期的には株価と為替の関係はあるの続きです
為替とTOPIXの関係を調べてみると2005年以降は連動しています

円高になるとTOPIXはマイナス
円安になるとTOPIXはプラス

この関係が変わらないのであれば円安に誘導することが株価上昇のカギになる
でも過去を振り返れば80年代は円高で株高だったはず・・・結局、株価と為替の関係はどうなんだ?

以前の記事作りで1973年から為替の終値が手元にあるのでTOPIXを含めた騰落率を比較してみます

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

短期的には株価と為替の関係はある

日本は長いデフレ状態ですがインデックス運用もマイナス成績が続いているはず
ドル建てと円建てのダウと日本株は似た動きですが結果は自国の為替に影響します
ちなみにTOPIXと為替の昨年の成績 ※為替の前年比マイナスとは円高

             為替    前年比     TOPIX     前年比
2011年    77.62    -4.81%    728.46     -18.95%

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ

上場新興国債(1566)のポートフォリオの特徴

日興AMから新興国債券インデックスに連動するETFが登場!東証から買えるので利便性が高いのがメリット

日本初、世界中の新興国債券に投資するETF を設定 - 日興AM
ETFコラムNo.21 21番目のETFは新興国債券のETF - 日興AM

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ

2011年 TOPIXと業種別セクターを振り返る

TOPIXとは東証1部の平均値ですが業種別にみれば様々なモノが見えてきます
東証の公表している指数では業種別に33業種に分けられていますがそれは細かすぎるので今回は野村AMの上場しているETFを活用して17セクター + 平均値であるTOPIXを足した18銘柄の比較

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ

有機太陽電池の未来で行こう

太陽光発電システムの低コスト化が進み補助金なしでペイできる時代も近そうです
パネルの金額が高い国産ではなく安い海外産を輸入し工事の標準化による生産性向上の効果なのだとか
太陽光発電もユニクロ化やアキュラホーム化といえる状況になりました
日本にとって更に有望な太陽光発電があるので今回はこちらを紹介

太陽光で発電する外壁材…パネル不要、低コスト - 読売新聞

» 記事の続きを読む

関連記事

米ドルの為替相場長期データ

以前の記事日経平均29年ぶり安値の嘘ではこちらのサイトから1973年から2004年の過去30年の米ドルの為替相場を引用しましたが探してみると古い為替データはなかなか見つからないことに気づきました
Yahoo! financeでは1973年まではないが昨年末までの最新データがありますので2つのデータを合成して米ドルの為替相場長期データを作成してみました

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます