2017年11月の記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

月別アーカイブ:2017年11月

  • 2017/11/30経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2017年12月をアップデートしました2017年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。今月も先月に引き続き、国内外株式アセットクラスが好調の1ヶ月でした。REITも買われています。今月のような成績を見ると、債券アセットクラスに投資するのが無駄に見えてしまいそうですが、株式やREITなどのハイリスク資産は上がったり下がったりボラティリティが大きいものです。債券のような値動きがマ...

    記事を読む

  • 2017/11/29投資信託・ETF

    りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から設定・運用されていましたが、いままで販売会社が存在していなかったので投資することができませんでした。ようやく。。。3ヶ月経過してようやく11月28日からSBI証券が販売会社として取扱いを開始です。販売会社の追加について|りそなアセットマネジメント(PDF)...

    記事を読む

  • 2017/11/28もの思いにふける

    先週から肩が痛い。。。卓球をやっていて「身体が軽い」「身体の調子がいい」からとハードなメニューをこなしていたら、翌日になってから肩に違和感が出てきました。だましだまし練習しながらでは、まったく肩が治らない感じなので、肩の様子を見ながら週末まで練習を控える予定です。絶好調の時に限って…(;・∀・)...

    記事を読む

  • 2017/11/27ブログ運営その他

    現在livedoor相互RSSを利用しているので、新着記事の順に上位から表示されています。相互リンクではなく、現在は自分がよく読んでいるブログを好きなようにリンクしていく形式にしています。(もちろんリンクしていただけたら嬉しいのですよ)お気に入りのブログの数がおおくなりましたので、リンク集を作成しました。...

    記事を読む

  • 2017/11/25投資信託ニュース

    三井住友トラスト・アセットマネジメントからSMTシリーズよりも低コストなインデックスファンドが登場しました。その名もi-SMTインデックスシリーズ!まずは日経225(日経平均株価)と先進国株式(MSCIコクサイ)に連動した2本のリリースです。i-SMT 日経225インデックス(ノーロード)i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)...

    記事を読む

  • 2017/11/24投資信託ニュース

    野村アセットマネジメントが運用するETF「NEXT FUNDS」から、国内債券・外国債券(為替ヘッジあり・なし)・外国株式(為替ヘッジあり・なし)・外国REIT(為替ヘッジなし)の6本が、2017年12月11日に東京証券取引所にて上場されます。 参考  国内債券・外国債券・外国株式・外国REITを連動対象指数とするETF(上場投信)の新規設定について〜12月11日に東京証券取引所へ上場予定〜|野村アセットマネジメント(PDF) ...

    記事を読む

  • 2017/11/22投資信託ニュース

    三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」が、12月13日に0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げることになりました! 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』 信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)...

    記事を読む

  • 2017/11/22投資信託ニュース

    ニッセイアセットマネジメントからニッセイ・インデックスパッケージという4本のバランスファンドが、2017年11月17日から光世証券という販売会社から登場しています。 参考  ニッセイ・インデックスパッケージの設定について - ニッセイアセットマネジメント(PDF)ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)【愛称:ファンドパック3】ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート)【愛称:ファンドパッ...

    記事を読む

  • 2017/11/18運用報告書

    楽天・バンガード・ファンドの2ファンドが新規設定されてから、はじめての月報(PDF)がリリースされたのでチェックしてみました。 参考  楽天・全世界株式インデックス・ファンド 月次レポート(作成基準日2017年10月31日) 参考  楽天・全米株式インデックス・ファンド 月次レポート(作成基準日2017年10月31日)...

    記事を読む

  • 2017/11/17投資信託ニュース

    SBIアセットマネジメントのEXE-iシリーズが、全世界株(中小型含む)株式の「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」と、新興国株式の「EXE-iつみたて新興国株式ファンド」が12月6日に新規設定されることになりました!アウターガイさんのブログで知りました。 参考  SBIAMがEXE-iシリーズにつみたてNISA向けファンド2本を追加 - バリュートラスト自分もさっそくEDINETで有価証券届出書を確認してみました...

    記事を読む

  • 2017/11/16経済・その他ニュース

    iDeCo(個人型確定拠出年金)は、いままで毎月の引き落としで積立投資をしてきたのですが、2018年から「確定拠出年金の掛金の年単位化」がスタートするようです。 参考  iDeCoの積み立て 毎月のほか「年単位」も可能に - NIKKEI STYLE 参考  iDeCoの掛金全額所得控除、国基連が10月27日までに掛金払込証明書を発送 - モーニングスター...

    記事を読む

  • 2017/11/15ブログ運営その他

    相互リンクをしていたいっさんのブログ「資産形成は時の流れにまかせて。」が日曜日にブログアカウントを削除されました。ブログのみならず、ツイッターも退会(アカウントを削除)しています。※リンク先がないのでリンクは貼りませんいつもいろんな意味で刺激的なブログを書いていて更新を楽しみにしていただけに残念です。...

    記事を読む

  • 2017/11/11雑談

    普段あまり気にしないでスルーしていた償還情報(投信まとなび)ですが、よくよくチェックしてみると償還されるファンドの共通はわかりやすいほど簡単なものだと再認識しました。 参考  【償還情報】 8件のファンドが11/9に償還 - 投信まとなび...

    記事を読む

  • 2017/11/08投信ランキング

    ネット証券の投資信託ランキング(2017年11月)をアップデートしました2017年10月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。 関連記事  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみましたランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイ...

    記事を読む

  • 2017/11/07投資信託ニュース

    三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slimシリーズ」の5ファンドの運用コストである信託報酬を引き下げるとのプレスリリースがありました!これにより0.001%差で低コスト首位に君臨していたニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」と並んで業界最低水準になりました。 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際...

    記事を読む

  • 2017/11/06要望・取材・メディア

    投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票を済ませましたが、[iDeCo/NISAアンケート]がありましたのでそちらも回答してました。[iDeCo/NISAアンケート]のアンケートで自分が書いた回答をメモしていきます。FOY2017当日には自分が書いたものを忘れそうだから… 参考  #foy2017 iDeCo/NISA アンケート - 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017...

    記事を読む

  • 2017/11/04ブログ運営その他

    投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票をしました!例年のことですが、2017年もまた素晴らしいファンドの登場や信託報酬(運用コスト)の引き下げが相続き、昨年までとは違う景色を見せています。自分の投票スタイルは「今年(2017年)を振り返る時にこのファンドは欠かせないな!」と感じたファンドに入れることです。...

    記事を読む

  • 2017/11/03投資信託ニュース

    今年もあと2ヶ月ということで恒例の行事「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の公式サイトがオープンしています。投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017、投票を開始しました! #foy2017— 投信ブロガーが選ぶ! ファンドオブザイヤ (@fundoftheyear) 2017年10月31日さて投票・・・の前に2017年はどんなETFや投資信託が新設されたり、既存ファンドにコスト引き下げなどのニュースがあったのか?忘れてしまう...

    記事を読む

  • 2017/11/02人気記事ランキング

    2017年10月は21本の記事を投稿しました。2017年9月に引き続き楽天VTへの注目が高いのですが、よく見るとトップ10すべての記事が「つみたてNISA」関連の記事となりました!来年からいよいよはじまる新制度への注目と、つみたてNISAの金融庁基準に対応したファンド自体が既存の運用コストと比べて魅力的ということもあり、多くのアクセスをいただいています。...

    記事を読む

  • 2017/11/01投資信託・ETF

    楽天・バンガード・ファンドの創設が発表されたことで、バンガードの新興国株式ETFである[VWO]に投資するファンド[楽天・新興国株式インデックス・ファンド]の登場が待たれていましたが、思ったより早く登場することになります。ちなみにEDINETによると愛称は[楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)]とのこと。でも個人投資家の中では[楽天VWO]で通じてしまうのでどちらでも大丈夫でしょう。今回の新規設定ニュースも...

    記事を読む

各アセットクラスのパフォーマンス2017年11月

2017-11-30.png


2017年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。
今月も先月に引き続き、国内外株式アセットクラスが好調の1ヶ月でした。
REITも買われています。

今月のような成績を見ると、債券アセットクラスに投資するのが無駄に見えてしまいそうですが、株式やREITなどのハイリスク資産は上がったり下がったりボラティリティが大きいものです。

債券のような値動きがマイルドな資産を持つのは「下がったり」の時に、ポートフォリオの比率によりますが下げ幅をある程度限定させてくれます。

特に国内債券は為替リスクがないので、他のアセットクラスより相関関係が低いメリットがあります。

» 記事の続きを読む

関連記事

Smart-iインデックスシリーズがネット証券でようやく取扱い開始!

Smart-iインデックスシリーズ

りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から設定・運用されていましたが、いままで販売会社が存在していなかったので投資することができませんでした。

ようやく。。。3ヶ月経過してようやく11月28日からSBI証券が販売会社として取扱いを開始です。

販売会社の追加について|りそなアセットマネジメント(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

絶好調の時に不調の予感が忍び寄る

喜び ジャンプ ビジネスマン 青空 飛躍

先週から肩が痛い。。。

卓球をやっていて「身体が軽い」「身体の調子がいい」からとハードなメニューをこなしていたら、翌日になってから肩に違和感が出てきました。

だましだまし練習しながらでは、まったく肩が治らない感じなので、肩の様子を見ながら週末まで練習を控える予定です。
絶好調の時に限って…(;・∀・)

» 記事の続きを読む

関連記事

リンク集(お気に入りブログ)

リンク グループ ミニチュアビジネスマン

現在livedoor相互RSSを利用しているので、新着記事の順に上位から表示されています。

相互リンクではなく、現在は自分がよく読んでいるブログを好きなようにリンクしていく形式にしています。
(もちろんリンクしていただけたら嬉しいのですよ)

お気に入りのブログの数がおおくなりましたので、リンク集を作成しました。

» 記事の続きを読む

関連記事

SMTより低コストなi-SMTインデックスシリーズが登場!

i-SMTインデックスシリーズ

三井住友トラスト・アセットマネジメントからSMTシリーズよりも低コストなインデックスファンドが登場しました。
その名もi-SMTインデックスシリーズ

まずは日経225(日経平均株価)と先進国株式(MSCIコクサイ)に連動した2本のリリースです。

i-SMT 日経225インデックス(ノーロード)
i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)

» 記事の続きを読む

関連記事

野村ETFのNEXT FUNDSから国際分散投資に有用な基本アセットクラスが上場

野村のNEXT FUNDS

野村アセットマネジメントが運用するETF「NEXT FUNDS」から、国内債券・外国債券(為替ヘッジあり・なし)・外国株式(為替ヘッジあり・なし)・外国REIT(為替ヘッジなし)の6本が、2017年12月11日に東京証券取引所にて上場されます。

 参考  国内債券・外国債券・外国株式・外国REITを連動対象指数とするETF(上場投信)の新規設定について〜12月11日に東京証券取引所へ上場予定〜|野村アセットマネジメント(PDF)
 参考  新規上場の承認(ETF):NEXT FUNDS 国内債券・NOMURA‐BPI総合連動型上場投信 他5銘柄(野村アセットマネジメント)|日本取引所グループ

» 記事の続きを読む

関連記事

eMaxis Slim 新興国株式インデックスが0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げ!

eMAXIS Slim

三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slim 新興国株式インデックス」が、12月13日に0.339%→0.190%と信託報酬を大幅に引き下げることになりました!

 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』 信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

ニッセイ・インデックスパッケージは個性的なバランスファンド

ニッセイ・インデックスパッケージ

ニッセイアセットマネジメントからニッセイ・インデックスパッケージという4本のバランスファンドが、2017年11月17日から光世証券という販売会社から登場しています。

 参考  ニッセイ・インデックスパッケージの設定について - ニッセイアセットマネジメント(PDF)
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)【愛称:ファンドパック3】
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート)【愛称:ファンドパック5】
ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)【愛称:ファンドパック7】
ニッセイ・インデックスパッケージ(国内・株式/リート/債券)【愛称:ファンドパック日本】

» 記事の続きを読む

関連記事

楽天VT&VTIはじめての月報がリリースされたのでチェックしてみました

えっ うそ ホント

楽天・バンガード・ファンドの2ファンドが新規設定されてから、はじめての月報(PDF)がリリースされたのでチェックしてみました。

 参考  楽天・全世界株式インデックス・ファンド 月次レポート(作成基準日2017年10月31日)
 参考  楽天・全米株式インデックス・ファンド 月次レポート(作成基準日2017年10月31日)

» 記事の続きを読む

関連記事

EXE-iつみたてシリーズが登場!全世界株と新興国株式が脅威の超低コストを実現

EXE-i エグゼアイ

SBIアセットマネジメントのEXE-iシリーズが、全世界株(中小型含む)株式の「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」と、新興国株式の「EXE-iつみたて新興国株式ファンド」が12月6日に新規設定されることになりました!

アウターガイさんのブログで知りました。
 参考  SBIAMがEXE-iシリーズにつみたてNISA向けファンド2本を追加 - バリュートラスト

自分もさっそくEDINETで有価証券届出書を確認してみました。

» 記事の続きを読む

関連記事

iDeCo掛金の年単位化が2018年からスタートします

iDeCo(イデコ)のロゴ

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、いままで毎月の引き落としで積立投資をしてきたのですが、2018年から「確定拠出年金の掛金の年単位化」がスタートするようです。

 参考  iDeCoの積み立て 毎月のほか「年単位」も可能に - NIKKEI STYLE
 参考  iDeCoの掛金全額所得控除、国基連が10月27日までに掛金払込証明書を発送 - モーニングスター

» 記事の続きを読む

関連記事

ブログの辞めどきについて

キーボード 寝る クマ 熊

相互リンクをしていたいっさんのブログ「資産形成は時の流れにまかせて。」が日曜日にブログアカウントを削除されました。
ブログのみならず、ツイッターも退会(アカウントを削除)しています。
※リンク先がないのでリンクは貼りません

いつもいろんな意味で刺激的なブログを書いていて更新を楽しみにしていただけに残念です。

» 記事の続きを読む

関連記事

売れないファンドは償還されるのみ

バツ ダメ ノー 残念 女性

普段あまり気にしないでスルーしていた償還情報(投信まとなび)ですが、よくよくチェックしてみると償還されるファンドの共通はわかりやすいほど簡単なものだと再認識しました。

 参考  【償還情報】 8件のファンドが11/9に償還 - 投信まとなび

» 記事の続きを読む

関連記事

ネット証券の投資信託ランキング(2017年10月)

表彰台 メダル 競争 ランキング


2017年10月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。

 関連記事  ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみました

  • ランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載
  • カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位まで
  • NISAランキングは不採用(つみたてNISA開始されたらやるかも)
  • iDeCo(個人型DC)は現在のところSBI証券のみのランキング表示

参考リンク:投資信託ランキングSBI証券 - ランキング
楽天証券 - ランキング
マネックス証券 - ランキング
カブドットコム証券 - ランキング
SBI証券(iDeCo) - ランキング

» 記事の続きを読む

関連記事

eMaxis Slimシリーズの5ファンドの信託報酬引き下げで業界最低水準に並ぶ!

eMAXIS Slim

三菱UFJ国際投信の「eMaxis Slimシリーズ」の5ファンドの運用コストである信託報酬を引き下げるとのプレスリリースがありました!

これにより0.001%差で低コスト首位に君臨していたニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」と並んで業界最低水準になりました。

 参考  業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

iDeCo/NISAアンケートに回答しました #foy2017

選択 アンケート 回答

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票を済ませましたが、[iDeCo/NISAアンケート]がありましたのでそちらも回答してました。

[iDeCo/NISAアンケート]のアンケートで自分が書いた回答をメモしていきます。
FOY2017当日には自分が書いたものを忘れそうだから…

 参考  #foy2017 iDeCo/NISA アンケート - 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

» 記事の続きを読む

関連記事

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」に投票! #foy2017

読書 カエル 本

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票をしました!

例年のことですが、2017年もまた素晴らしいファンドの登場や信託報酬(運用コスト)の引き下げが相続き、昨年までとは違う景色を見せています。

自分の投票スタイルは「今年(2017年)を振り返る時にこのファンドは欠かせないな!」と感じたファンドに入れることです。

» 記事の続きを読む

関連記事

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の投票に先立ちノミネートファンドをピックアップ

虫めがね 検索 調査 分析

今年もあと2ヶ月ということで恒例の行事「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の公式サイトがオープンしています。



さて投票・・・の前に2017年はどんなETFや投資信託が新設されたり、既存ファンドにコスト引き下げなどのニュースがあったのか?忘れてしまうこともあるので過去のエントリーからチェック!

投票の対象は、2017年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)なので、必ずしも新しく登場したファンドだけではなく、自分が現在投資しているファンドに投票するのもアリです。

自分は投資ブログを書いていることもあり、「今年(2017年)を振り返る時にこのファンドは欠かせないな!」と感じたファンドに5票を配分しようかと思っています。

» 記事の続きを読む

関連記事

2017年10月 人気記事ランキング つみたてNISAへの熱は高まるばかり

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

2017年10月は21本の記事を投稿しました。

2017年9月に引き続き楽天VTへの注目が高いのですが、よく見るとトップ10すべての記事が「つみたてNISA」関連の記事となりました!

来年からいよいよはじまる新制度への注目と、つみたてNISAの金融庁基準に対応したファンド自体が既存の運用コストと比べて魅力的ということもあり、多くのアクセスをいただいています。

» 記事の続きを読む

関連記事

VWOを買う投信「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」が11月17日に新規設定

楽天投信投資顧問

楽天・バンガード・ファンドの創設が発表されたことで、バンガードの新興国株式ETFである[VWO]に投資するファンド[楽天・新興国株式インデックス・ファンド]の登場が待たれていましたが、思ったより早く登場することになります。

ちなみにEDINETによると愛称は[楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)]とのこと。
でも個人投資家の中では[楽天VWO]で通じてしまうのでどちらでも大丈夫でしょう。

今回の新規設定ニュースもアウターガイさんの情報で知りました。
ソースはEDINETで自分もさっそく確認したところです。

 参考  楽天投信投資顧問がVWO(新興国株式)相当の超低コストインデックスファンドを新規設定 - バリュートラスト

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます