β(ベータ)とは何か?

「ベータ値」(以下β)とは、市場の変動に対する株価の感応度を言う。
個別証券(あるいはポートフォリオ)の収益が証券市場全体の動きに対してどの程度敏感に反応して変動するかを示す数値で、現代ポートフォリオ理論でよく用いられる。

β=個別銘柄のリターン÷マーケットのリターン

例えば、ある銘柄のβ値が1.5ということは、市場全体が10%上昇するとその銘柄は15%上昇し、逆に市場全体が10%下落するとその銘柄は15%下落することを意味する
従って、リスク指標とも捉えられ、市場全体が上昇すると判断する場合は、β値の高い銘柄に投資したり、ポートフォリオ全体のβ値を「1」として市場全体と連動させるなどの運用を行う際の銘柄選択に用いられる。

このβを手軽に調べられるサイトは意外と少なかったりします
東証なんかではCD-ROMとして 19,000円で売りつけていますので注意が必要!?

そんな中で素晴らしいサイトを発見!
株価 ベーター値一覧

残念ながらETFは知ることが出来ませんがランキングで全銘柄を見ると業種による個性がわかります
TOPIXベースの100週間ベーター値(このサイトでの一番長い期間)を2010年末で調べてみます

βの高い10銘柄と低い10銘柄
順位銘柄名証券コード上場区分TOPIX
100週間
ベーター値
1ケネディクス4321東証1部 サービス業3.212
2東日カーライフグループ8291東証1部 小売業2.987
3アイフル8515東証1部 その他金融業2.547
4リサ・パートナーズ8924東証1部 不動産業2.517
5エルピーダメモリ6665東証1部 電気機器2.356
6プレス工業7246東証1部 輸送用機器2.293
7パイオニア6773東証1部 電気機器2.293
8日本アジア投資8518東証1部 証券、商品先物取引業2.29
9セキュアード・キャピタル・ジャパン2392東証1部 サービス業2.152
10JUKI6440東証1部 機械2.137
1647参天製薬4536東証1部 医薬品0.065
1648応用地質9755東証1部 サービス業0.05
1649みらかホールディングス4544東証1部 サービス業0.019
1650山下医科器械3022東証1部 卸売業0.018
1651東洋水産2875東証1部 食料品-0.008
1652ハウス オブ ローゼ7506東証1部 小売業-0.014
1653エフピコ7947東証1部 化学-0.022
1654不二製油2607東証1部 食料品-0.063
1655ベネッセホールディングス9783東証1部 サービス業-0.066
1656ジャパンベストレスキューシステム2453東証1部 サービス業-0.305

最近は国内株式アセットについてはTOPIXではなく内需株中心に選んでいこうかと考えています
資産運用に派手な値動きはいらないなぁ~と地道にコツコツ配当を出してくれる企業がいいなぁ~なんて考えが向かっているのと同時に配当を債券のクーポンと見立てて債券比率の大幅削減も目論んでいます
ちなみにセゾン投信に含まれるもの以外に個別で海外債券アセットは現在ありません

スポンサーリンク