昨日はお台場での年明け恒例イベントになってきた第3回インデックス投資ナイトに行ってきました
毎年毎年このイベントを書くと長いのですが投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010の1位と2位に取材してみたので大変ですが最後まで読んで下さい(?)
今回もレポートと言うより個人的な日記 ←毎回じゃん

第3回インデックス投資ナイト 004

チケットの売れ行きも良く完売だったそうで開演30分前に着いたのですが早くも活気ある雰囲気です
遠くは鹿児島!年齢も上は62歳から下は20代前半と幅の広いイベントです
自分は店内に入ってすぐ右テーブルに座らせていただきました
今回の同席さんは自分から見て時計回り

吊られた男の投資ブログの吊られた男さん
虫とり小僧さん
夢を実現するお金が好きの堀田かつひこさん
インデックス投資日記@川崎のkenzさん
ブログなどのない一般(?)な方
とあるサーファーのインデックスWAVEのじろらもさん
前回からツイッターでの中継が行われているのでどんな内容かは#idxnghtを追って見るとライブ感のあるインデックス投資ナイトがわかると思います

いくつか参考になったり面白かった点を覚えている範囲で…。

インデックス投資のはじめ方

竹川さん
非課税枠があるから最初は会社などで入っている確定拠出型年金を確認したほうがいい
ない人でも個人型があるのでそこから考える

山崎さん
最初に2~3冊は本を読む

インデックス投資の続け方

カンさん
ペット(亀)や観葉植物を飼い名前(エマージング××等)をつける

内藤さん
「死んじゃったらどうするの?」 ←(会場爆笑)

カンさん
カブドットコム証券では積立完了したときにメールで知らせるサービス(ファンド星人)がある
これをネット証券全社に広がってほしい

内藤さん
「松本に言っておきます」

竹川さん
定期的(1~3年に一度など)にリバランスのお知らせもいいかも

内藤さん
「松本に言っておきます」

やってはいけない投資法・落とし穴

山崎さん
買値にこだわらないこと
落とし穴ってよくよくは出来た穴ではなく自分(人間)が掘った穴
リスクは市場よりも人間にある

竹川さん
元本確保型には手を出さない

朝倉さん
知識や知恵がなくても忍耐力があれば大丈夫



その後は質疑応答ですが今回から挙手ではなく会場に配布されていたアンケート用紙での書き込み
用紙の存在をその時に知ったので今年も不発弾です(笑)

Q.セゾン投信はどうですか?
Q.バイアンドホールドは棺桶まで持っていくのか?

2つめの問いは解約方法・引き出し方法について活発な議論がありました

竹川さん
積立と同じように毎月か1年に1回解約していけばいい
金額(定額)で解約すると株価低迷時にたくさんの口数を解約してしまうので注意
積み立てと同じように自動解約サービスを証券会社に望みたい

山崎さん
合理的な投資家にとって自動解約は「余計なお世話」 ←(会場爆笑)
好きなときに好きな金額を解約すればいい

竹川さん
私は山崎さんのようにそこまで合理的じゃない ←(会場爆笑)



休憩をはさんで投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010に進みます

ロイターさんが早速記事にアップしていますしオフィシャルより早いランキングも公開していますので要注目!

投信ブロガーがファンド・オブ・ザ・イヤーを選定、住信AMのグロ株インデックスオープンが受賞 ロイター

第3回インデックス投資ナイト 受賞時

STAMグローバル株式インデックス・オープン一昨年のファンド・オブ・ザ・イヤーで今回は見事に返り咲き!素晴らしいし受賞時は感動的でもありました

・・・でイベントは終了♪



せっかくなので住信AMさんと三菱UFJ投信さんに話を聴いてみました
バンガードの加藤さん、住信AMの橋本さん、三菱UFJ投信の代田さんはそれぞれ健康上の理由や都合により今回は残念ながら不参加でした

とよぴ~
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010おめでとうございます!」

住信AM 営業企画部の山田さん
「ありがとうございます」

とよぴ~
「信託報酬の引き下げを(当時)見させて頂いたのですけれど運用側が頑張っているのですが販売側も同じように引き下げるのは可能なのでしょうか?
見ていると運用側だけからの信滝報酬引き下げは限界に近いし住信AMさんはイタイ気がします
個人的な理想は運用側も頑張って下げたのだから販売側も一緒に引き下げをしてくれると投資家サイドからするともっともっと素晴らしいと思うのです」

住信AM 営業企画部の山田さん
「いろんな販売会社さんがあるので・・・。こちら側からは何とも言えないですね」

とよぴ~
「運用側を見るとSTAMは他社ともう遜色のないレベルなんですよ
これ以上、もっと下げてくれ!もっと下げてくれ!って要求も辛いなぁ~と」

住信AM 営業企画部の山田さん
「(爆笑)」

とよぴ~
「これからもCMAMなんかには負けねぇーぞ!ってな意気込みをよろしくお願いします(笑)」

住信AM 営業企画部の山田さん
「(苦笑)」

とよぴ~
「ところでSTAMさんで新ファンド、今までにないものってありますか?」

住信AM 営業企画部の山田さん
「今のところ具体的にどうこうって言えるものはないですね」

とよぴ~
「例えばSMAでSTAM外国債券インデックス 為替ヘッジありがありますがこれを一般販売用に持ってくることなんかは可能なんですか?

住信AM 営業企画部の山田さん
「もちろん可能は可能です。投資家さんもだんだんニーズが増えてきていますしね?」

とよぴ~
「外国債券ひとつにとってみても為替(リスク)がいるいらないで議論になるのですから、それなら両方用意するから投資家が好きなように選んでくれってなれば良いように感じます」

住信AM 営業企画部の山田さん
「(データとか要望とか)そういう選択肢が広がるようなのはもちろんありますね」


とよぴ~
「eMAXIS新興国株式インデックスの2位、eMAXIS 全世界株式インデックスの4位おめでとうございます!」

三菱UFJ投信 営業企画推進部の角山さん
「ありがとうございます」

とよぴ~
「自分は正直、個人投資家の要望によって開発された全世界株式インデックスはもっと上位に来るのかと思っていました

三菱UFJ投信 営業企画推進部の角山さん
「純資産もまだまだ小さいファンドを4位まで評価してくれるだけでも光栄ですよ」

とよぴ~
「あのアンケートについてなのですが選択肢から選ぶのではなく自由に書き込みができたらもっとアイデアが膨らんだ結果になったと思います」

三菱UFJ投信 営業企画推進部の角山さん
「次回がいつやるかはわからないのですがそういう声も聞きますし次回にはそうしたいです。」

とよぴ~
「以前に代田さんはMAXIS-ETFで国内外4資産を話していたことがありましたが新しいETFの情報はありますか?」

三菱UFJ投信 営業企画推進部の角山さん
「情報がいつもギリギリまで来ないのですよ(笑)
ただ税金(おそらく海外配当課税の2重とり)の問題はありますがマザーファンドから買うETFは意外と簡単に作れてしまうことがわかりました」

とよぴ~
「eMAXISについてはどうですか?」

三菱UFJ投信 営業企画推進部の角山さん
「今で10本ありますし選択肢が多くなりすぎるのより今あるファンドの純資産をどう増やしていくかですね?」





最後の会計時にサイン入りのほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイドを頂きました

第3回インデックス投資ナイト 001

水瀬さんいわく「こんなに自分の名前を書いたの始めて」とのこと
2冊目になってしまうのでどうするか迷いましたが山崎さんが壇上にて
「ほったらかし投資術を出版できたのは、皆さんのおかげ。最後にお願い。既に持っている人もいると思いますので配る本をみんなに貸したりあげたりして欲しい。普及をお願いします」・・・とのこと

自分は持っている方を図書館に寄贈する予定です

スポンサーリンク