SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券は投資信託の販売で協力することで大筋合意しました

ネット証券4社 投信の販売協力 - SankeiBiz
ネット証券4社が初の業務協力=投信販売で―SBI、マネックスなど - JIJI PRESS
ネット証券各社は大手証券やネットを通じた投信販売を伸ばしている大手銀行に競り負けているのかもしれません
この協力によって今後何が行われるのかはわかりません
「個人投資家にアピールする合同セミナーの開催など」がJIJI PRESSに書かれていますがセミナーに来る前の時点…。
投信に関心を持っていない人達をどれだけネット証券に引き込むのかが一番重要なのではないでしょうか?
これならばパイの奪い合いではなくパイそのものを大きくします

さて、何が一番効果があるのか?

4社合同でCMを流すのが良さそうな気がします
CM広告料も分散されるので1社あたりのコストも低いでしょうしね?
なんだかんだでWBSのコマーシャルで流れている外為オンラインは秀逸です

マネックス証券もファンドオブザイヤー2010受賞ファンドのご紹介なんて大手の証券や銀行がやっている商品を扱ったって規模の大きさで負ける勝負なんですからそんな戦略は捨てて「これこそお奨めファンドだ!」と言う独立系投信をネット証券4社は競って取り扱うべきだと感じます

関連記事


スポンサーリンク