ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズはS&P500に連動する米国上場ETF「SPDR S&P500 ETF」 <1557> を東京証券取引所に重複上場すると発表しました。

世界最大のETFが東証に重複上場へ、S&P500に連動 - モーニングスター
SSgAが「SPDR S&P500 ETF」を東証へ重複上場、東証101本目のETFに - ロイター
SPDR S&P500」は1993年に上場した米国初のETFであり世界最大のETFです
「Spiders(スパイダーズ)」と呼ばれているのはティッカーシンボルが「SPY」だから(だと予想)

「SPDR S&P500 ETF」は米国初のETFとして1993年に米国に上場したS&P500指数を連動対象としたETF。
純資産総額は2011年1月末時点で約935億米ドル、ニューヨーク証券取引所における一日当たりの平均売買高は約184億ドルの世界最大のETF。


935億ドル(約7兆8000億円)…日本最大のETFである【1306】が現在6462億円なので一桁違う
世界最大である【SPY】と日本最大の【1306】そして国内ETFでS&P500と連動している【1547】を簡単に比較してみました。
ファンド名コード設定信託報酬純資産
SPDR S&P 500SPY1993年0.09%7兆8,000億円
TOPIX連動型上場投資信託13062001年0.11%6,462億円
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)15472010年0.255%11億円

この【SPY】が【1557】として重複上場されるとは良い時代になってきました
楽天証券などでも海外ETFとして購入できますがこちらなら貸株サービスも利用できるし何より東証から買えば売買コストは圧倒的に低い
※外国株式のため貸株サービスの対象外
スパイダーズが出来るとなればバンガードのETFだって今後は重複上場も不可能な話ではないでしょう?
取り戻せない「海外源泉徴収税」の件など受け入れなければならない面もあるのでしょうが大きな一歩を踏み出した嬉しいニュースです

関連記事


スポンサーリンク