2011年3月は日本人なら誰もが忘れられない1ヶ月となりました
東日本大震災・津波・原発問題・電力問題・・・大きな爪跡を残しています
ガソリンの値上げや欧州のギリシャやポルトガルでは債券の格下げもありました
欧州債:ギリシャ10年債利回り、過去最高-保証コストも上昇 - Bloomberg.co.jp
ガソリン145円突破 中東情勢受け - asahi.com
東日本大震災は企業の生産活動に大きな影響、広範囲にダメージも - asahi.com
ポルトガルの長期格付けを「BBB」に引き下げ=S&P - Reuters
ガソリン150円台突破、2年5か月ぶり - 読売新聞

国内株式の2011年3月は乱高下でしたが翌月以降はどうなるのか?
積立をしているセゾン投信から特別号の手紙が届きました

自然の力に人類は決して万能ではありません。
されどそうした自然の驚異を都度しっかりと乗り越えて、新たな成長・発展を続けてきたのも人類の歴史であります。

セゾン投信代表取締役社長 中野晴啓


自分も日本のチカラを強く信じていきます

2011年3月イールドカーブ

スポンサーリンク