パッと見はまるで副業のススメの様なタイトル
実際は芸人は売れている間に将来の生活の備えをしている
つまり働いている間に退職後の準備をしておく資産運用のススメである
実は今回の東日本大震災を海外メディアが被災地レポートをしていて誰もが口にしていて外国人が一番驚いた言葉が「しょうがない」

・・・地震や津波のような「ランダムなショック」がある環境に囲まれています。
天変地異のみならず、庶民から見れば、戦争や明治維新のような政変も、ある種の「天災」だったといえるでしょう。

そうした無数の体験を重ねた結果、人間の力の及ぶ範囲を超え、日本の外からやって来る力には、「しょうがない」と素早くあきらめの境地に到達する性格を形成したのです。
同時に、受け入れてしまったあと、そこからの「新規巻き直し」の局面でしぶとさを見せるという特徴もあります。


P.93「日本人のメンタリティを考える」でもまったく同じ「しょうがない」について触れていた
その時にこの本で紹介されている投資法は投資嫌いな日本人でも唯一受け入れられる手段と感じた

文中では目標〇〇億円や利回り〇〇%などとハデな言葉は登場しません
おそらく著者の目的は有り余るカネで「お金持ち」になることではなく将来の不安を取り除き「しあわせ持ち」になることを願っているのでしょう


スポンサーリンク