日経225先物や欧州・欧米株式が米国の格付け変更で下がったようです
おそらくこの日限定の下げであり一時的&小さなニュースです

米国の「AAA」格付け、見通し「ネガティブ」に変更 - Bloomberg.co.jp
欧州株式市場=続落、S&Pによる米格付け見通し引き下げ受け - Reuters
これに伴って今日も先月に引き続き国内株式の購入です
3月は昨年春のギリシャショック以来、久しぶりの購入だったのですが2ヶ月連続でETF購入・・・と

今までは海外インデックスは別に国内株式アセットについては「楽しみ」や「遊び」の要素もあってプールしておいた金額で年に1~2回程度購入出来ればいいかな?と考えていました

しかも自分の場合はTOPIX-ETFでもなければ日経平均連動ETFでもないマニアックな存在の上場インデックスファンド日本高配当です

国内株式アセットに新たな選択肢!上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)登場!
今こそ注目!好配当利回り銘柄よりこちらでしょ?
高配当戦略に向いているETF一覧

このETFを暴落時によく観察しているのですが下げ幅が極小の日も多いし逆行高になる日もある
もちろん全面高の日に上げ幅が極小の日も当然あるのでとにかく変化に乏しい一面がある
そんなこんなで毎月購入しようが年に1~2回の購入を楽しもうが結果が大差ないと気付いてしまいました

(こちらでも関連記事として紹介しています)
2015.04.17 1週間 1ヶ月 パソコンに触れていなくても資産運用は大丈夫なんですよ

スポンサーリンク