子ども番組であるが大人から見ても面白い作品「仮面ライダーオーズ
欲望をテーマに1年間続いてきましたが明日がいよいよ最終回
大人でもオーズが面白かった理由のひとつに毎回、名セリフが登場していたからかもしれません
そんな名言や会話をネットや記憶から拾い集めてみました
仮面ライダーオーズの名言集

「人間なんて一皮向ければ欲望の固まりだ」
「手が届くのに手を伸ばさなかったら、死ぬほど後悔する。それが嫌だから手を伸ばすんだ。」

第3話「ネコと進化と食いしん坊」


「欲望は世界を救う。欲望による世界の再生だ」

第16話「終末とグリードと新ライダー」



後藤 悪い奴をやっつけるヤミーなんだよな。それでも倒さなくちゃいけないのか?

映司 倒さないと。

後藤 なぜ?

映司 いっぱい見てきた。誰かを守りたいって気持ちや自分たちの正義を守りたいって気持ちがどんどんエスカレートすることがある。正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ。

後藤 正義のためなら・・・

第22話「チョコと信念と正義の力」


映司 あれが神林さんが考える正義ですか?あれがやりたかったことなんですか?

----------

映司 誰が正しくて、誰が間違ってるってとっても難しいことだと思います。自分が正しいと思うと周りが見えなくなって、正義のためなら何をしても良いって思ったり、きっと戦争もそうやって起こっていくんです。

神林 戦争ですか。でも、悪い奴らを放っておいていいわけじゃないですよね。

映司 目の前で起こってることに一生懸命になるしかないんです。小さな幸せを守るために。

神林 小さな幸せ?

映司 自分が出来ること以上のことはできませんし。

神林 難しいですね。

映司 でも、やるしかないんです。自分に関わった人みんなを幸せにするために。そうすればひどい奴もきっと分かってくれます。


「でかく使って、でかく稼ぐ。良い言葉ですね。好きです」

第24話「思い出と恋と海のコンボ」


失敗から学ぶことが出来れば成長するチャンス

第27話「1000と映画と戦闘員」


伊達 バカヤロ!死にてえのか!

映司 ほっとけませんよ!伊達さんだってそうでしょう!

伊達 生憎俺は医者でな。医者の仕事はまず自分が死なないことだ!でなきゃ誰も助けられない!

映司 じゃあ、俺に医者は無理ですね。

----------

伊達 前から危なっかしいと思ってたが、原因はこれだ。他人を助けようとするくせに、自分の命は無視してる。

映司 そんな!俺は別に死ぬ気だったわけじゃ…

伊達 それが軽いんだよ!死ぬつもりならいいさ。懸ける命の重さが分かってるからな。お前は懸けてさえいない。昔はちゃんと懸けてたのに。そうだろ?

第32話「新グリードと空白と無敵のコンボ」


映司 夢が無くなったら人間はどうなるんだろう?

アンク 欲望も無い、夢も無い。お前も似たようなもんだ。

祥子 夢ってなんだと思いますか。夢を失ってつらい想いをするくらいなら、はじめから夢なんか見ないほうがいい気がします。

映司 急がないことが大事だと思うんだ。大きな夢になればなるほど、叶えるために時間がかかる。俺もそれで失敗しちゃったしね。

祥子 映司さんが?

映司 突っ走って、大失敗して、何も無くなった。だからゆっくり育てていきたいと思ってる。焦って夢がただの欲望になっても困るし、だからゆっくり、じっくり育てていかないと。

第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」



アンク 夢なんてのはお前ら人間が欲望を都合良く言い換えただけだ。きれいも汚いもあるか。

第38話「事情と別れと涙のバース」


ヤミー 助けてほしいならオーズに頼め。

『助けて、助けて。オーズ!』

比奈 やめて。勝手に呼ばないで。映司くんは神様じゃない!やめて!やめて!!やめてぇぇぇ!!!

信吾 結局、俺たちが望んだように戦うんだな、彼は。

比奈 なんで?わたし映司くんに戦ってなんて。

信吾 比奈はアンクのことだって助けたいと思ってたんじゃないのか?同時に俺のことも助けたい。けど映司くんが戦うのはやだ。俺も同じだよ。さっきの人たちもそうだ。みんな勝手な望みを言う。それを黙って全部引き受けるんだ、彼は。そんなことを出来る人間だけがきっと......。

信吾 しっかりしろ!比奈が映司くんの手をつかむんだろ?このまま彼を都合の良い神様にしちゃいけない。

第42話「氷とグリード化と砕けた翼」


映司 アンク。俺はコアメダルを砕く。これ以上誰も完全復活も暴走もしないように。信吾さんをメダルの器なんかにさせない。

アンク 思ったとおりお前の言いそうなことだ。だから俺も決めてきた。俺が必要なもののために邪魔なお前を潰す。

映司 お前の欲しい物ってなんだ?人間か?

アンク もっと単純だ。世界を確かに味わえるもの。命だ!
グリードは生きてさえいない。ただの物だ。そのくせ欲望だけは人間以上ときてる。食っても見ても触っても、絶対満たされない欲望。それがどれほどのことかは、

映司 分かるよ。っていうか分かった。それでもやる。

アンク 自分はグリードになってか?

映司 ああ。

アンク 何が分かっただ!映司!お前は何も分かってない。グリードも何も欲しくないって顔するな。むかつくんだよ!!

映司 お前は欲しがりすぎなんだよ!命が欲しいなら人の命を大切にしろ!

アンク 知るか!お前もなんか欲しがってみろ。そうすれば分かる。お前、なんか欲しいと思ったことあんのか?あんのか映司!

映司 俺は、俺は欲しかった。欲しかったはずなのに、諦めて蓋して、目の前のことだけを。どんなに遠くても届く俺の腕、力。もっともっと。もう、叶ってた。お前から貰ってたんだ。一度も言ってなかった。アンク、ありがとう。

第46話「映司グリードとWバースとアンクの欲望」


仮面ライダーオーズの主人公「火野映司」は自分がグリード(化け物)になっても止めたい世界の終末
メダルが砕かれ消えかけている相棒アンクはそんな映司を救えるのか?感動の最終回・・・ってテレ朝の番組宣伝みたいになってきた

スポンサーリンク