先月末にiPath VIX中期先物指数連動受益証券試し買いしてみて1ヶ月経過しました
数カ月程度で手放す予定ですのでたまに記事にしていく予定です
購入時点で高値圏だと思っていた株価も今月は上昇一辺倒だったのでどれだけ損失を出すのか興味をもって確認してみるとプラス収益を確保していました

TOPIXは1ヶ月で10%程の上昇、iPath VIX中期先物も一時は下落したものの5%の上昇

VIX中期と短期とTOPIX比較

ほったらかしで結果OKでしたが1ヶ月間のちょっとした期間でも-8% ~ +7%と振れ幅が非常に大きいので長期保有にはやっぱり向いていないでしょう

【2030】iPath VIX短期先物ETFはマイナス幅が大きくプラス局面でも中期を超えない・・・そして期間が長くなるほど衰退していくので基本的には投資家は手を出さないほうがいいでしょう

VIX短期先物ETNは半年程度で-40%も下落

目減りしていくVIX短期先物

VIX短期先物ETNは仕組み上、復活はあえりえないのでデイトレ感覚でしょうね
株価が上昇一辺倒でもVIX中期が必ずしも下落しないのはVIX指数がすでに20を切っている安全域だったからなのと必ずしも株式と逆相関する指数ってものではないってことかな
短期ほどではないけれど中期も保有しても数ヶ月~半年・・・1年持っていたら持ちすぎです

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None