投資信託・投資法人に関する法制の見直しを議論するワーキンググループが金融庁で開催しました
一連の議論を通じ、投資家が安心して投資できるような環境を整備し、市場の活性化を促す狙い
2013年の通常国会に関連法案の提出を目指すそうです(ロイター
結構長文なので自分が「これはっ!」って感じた部分のみをピックアップ

ファンド間の併合や一つのファンドに複数の報酬体系を導入可能とし業務運営を効率化・柔軟化

面倒くさい約款変更・併合手続きを簡素化するとのこと
保有期間によって運用コストを年々低下させるようなアイデアが登場するかも知れません
STAMや年金積立・・・のような同じ目的のマザーファンドが併合しやすくなるのかも

外部委託による管理事務の効率化

現状では基準価額の計算など事務作業も自社でやっていますが外部委託ができれば運用コストの低減が期待されますね

ETFの設定を弾力的にできるよう、現金と現物を組み合わせた「混合出資」を認めてはどうか

バランスETF?アクティブETF?

投資家にとって分かりやすい運用報告書にするための改善

もうちょっと普通の人にも読みやすい配慮は必要だと思いますがまずは頭の硬そうな専門用語を普通に理解できる言葉にしてみたらどうでしょう

しんたくほうしゅう ←報酬だと貰えると感じるが支払います。これ名称変更するんだっけ?
しんたくざいさんりゅうほがく ←長いって!

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None