なぜ投資のプロはサルに負けるのか?でおなじみ藤沢数希さんのコラム「5年前に100万円投資していたら・・・」はデータが結論に都合よい期間を使われていて話題となっています

こちらは吊られた男さんの傑作記事
都合がよい期間を選んだデータに騙されるな - 吊られた男の投資ブログ

まずは5年前に投資をしていたら・・・


※この先のデータはいずれもYahoo!Financeから参照
※年金積立インデックスファンドは分配金を出しているのでチャートは分配落ち後
年金積立インデックスファンド日本債券

年金積立インデックスF海外株式(ヘッジ無)
年金積立インデックスファンドTOPIX

藤沢数希氏のコラム通りに国内債券の一人勝ちした結果ですね5年前に投資をしていたら.gif

10年前に投資をしていたら・・・

ここでも国内債券のひとり勝ちですがよく見れば折り返し地点までは株式投資の圧勝
10年前に投資していたら.gif

1年前に投資をしていたら・・・

昨年末までは暗黒の時代でしたが最近は金融緩和の成果で株式市場に好影響ですね
1年前に投資していたら.gif

6ヶ月前に投資をしていたら・・・

株価上昇の大きな波がここ数カ月続いている結果が如実にあらわれています
6ヶ月前に投資していたら.gif

3ヶ月前に投資をしていたら・・・

3ヶ月で上昇率が20%になるほどの勢い・・・国内債券は置いてけぼり
3ヶ月前に投資をしていたら.gif




5年前に投資をしていたら・・・現在は国内債券ひとり勝ちの時代だったのですが問題は5年前にどれだけ国内債券を注目していた投資家がいたのかどうかです
5年前~現在が今回の都合のよいデータでしたので今度は10年前~5年前のデータにとって国内債券がどれだけよいパフォーマンスだったのかを検証してみます

10年前から5年前に投資をしていたら・・・

10年前から5年前に投資していたら

どうでしょうか?10年前~5年前は株式の時代で債券・・・特に国内債券を積極的に投資しよう・・・なんてあまりなかったのではないでしょうか?
もっと言えば国内債券ひとり負けの時代だったからその後の5年間は伸びしろがありました
株式が大きく上昇したからその後の5年間は停滞していたのかもしれません

ならば現在は選ぶべきは大負けしている株式こそ5年後には成果を勝ち取るアセットクラスになるのではないでしょうか?
もちろん投資は自己責任ですので「絶対」も「株を買え」も言いませんけれどもねぇ

スポンサーリンク

 タグ
None