ようやくと言った印象ですがSBI証券・楽天証券に続いてマネックス証券でも年金積立インデックスファンド海外新興国株式年金積立インデックスファンド海外新興国債券がノーロード化

ノーロード投資信託のラインナップがさらに充実しました! - マネックス証券
年金積立インデックスファンドは現在最安値コストを競っている良好なファンドです
過去2回ほど信託報酬下げを実現しているのも高評価していいのではないでしょうか?


信託報酬年0.8975%(税込) 新興国株式のコスト

   ↓

0.8295% 2010年2月17日より適用

   ↓

0.5775% 2012年2月17日より適用



ただ間近の決算では新興国株式・債券ともに10円の分配金を吐き出しているのが好みの分かれるところかもしれません
※他社が必ずしも無分配を宣言しているわけではないので注意

マネックス証券での年金積立ホルダーにとっては朗報ですね
債券については個人的な好みもあって為替ヘッジして欲しいところ

過去記事
Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型の評価が低い - 2012.02.06
機関投資家は外債フルヘッジが常識 - 2012.04.20

これは販売会社側の努力ではないのですが債券については為替ヘッジ商品を選択できるような状況になってもらいたいのです
とくに年金積立インデックスファンドには「先進国債券為替ヘッジあり」がありますのであとは販売会社が取り扱うかどうかだけの問題ですしね

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None