日本国内の株価を見ると自民党政権に移行したことによる日本銀行による金融緩和、政府の財政出動、経済成長戦略・・・このあたりの期待感から株が急上昇しています
買いや売りの短期的な過熱感を示す騰落レシオを見ても現在142.65と高値圏と言われている120を超えたまま推移しています

では海の向こうの米国はどうなっているのか見てみると「財政の崖」問題で年末(年始にズレ込む!?)は良い年越しになりそうにありません

米上院、超党派で年内成立目指す 「財政の崖」対策 - 日本経済新聞
「財政の崖回避を」麻生氏が米財務長官に促す…電話会談 - 読売新聞
社説:米「財政の崖」交渉 世界が注視している - 毎日新聞
正直な感想・・・「またかよっ!」ってところです
以前も米債務上限問題をクリアしても問題は続いていくの中で

米国に限らず日本以外の国では量的緩和で自国安に持って行ってリーマンショックから景気回復を果たしましたが今後はその爪痕に悩まされないのでしょうか?
どうも財政政策で問題は解決しないような気がします
本質は別にあるのだけど目には見えなくされている
血管からピューピューと血が吹き出ているのだけれども根本の治療はせずに絆創膏を何枚も貼っては出血を塞いでいる

そんなモヤモヤとした印象です

米債務上限問題をクリアしても問題は続いていく - 2011/07/28


絆創膏を1年半前に貼ったのだけれどまた今回、新しい絆創膏を貼る必要が出てきました
借金で経済を回している米国にとっては毎度のことになのかな
日本の今後の舵取り次第では他人事ではありませんし米国の「財政の崖」対策は注目ですね

恐怖指数も年末・・・最後の最後で20超えまで上昇しました(米国Yahoo!financeから株価チャート引用)
前回の米債務上限問題の時も25程度まで上昇しているので危機レベルはこんなもん!?

VIXが20まで上昇
P.S.明日から旅行に行くので年内のブログ更新は終了です。良いお年を~♪

スポンサーリンク

 タグ
None