NightWalker's Investment Blogさんのブログで海外債券は為替ヘッジでいいのではないか?というテーマの3記事が投稿されていて興味深く拝見しました

年金積立インデックスF海外株式 ヘッジ有、ヘッジ無のパフォーマンス比較
年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有、ヘッジ無のパフォーマンス比較
年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較
ちなみにNightWalkerさんはポートフォリオの見直しをした結果、為替リスクのある海外債券アセットを可能な限り除外しています
ちなみに自分の場合は外債ヘッジを希望しつつもアセットアロケーションの点検やリバランスの面倒臭さからヘッジなし商品である世界経済インデックスファンドを積み立てています
今回の記事は自分も共感できるところが多いので自分の過去記事で似たものがあるのか探してみました

海外債券為替ヘッジありに投資価値はあるのかの実験 2010/06/15
外債不要論(ヘッジなし)の真偽の審議 2010/06/18
本気で円高だと思うのなら金融機関は為替ヘッジを捨てろ 2010/08/25
先進国債券の為替ヘッジが欲しいのさ 2012/07/16
外債不要論は為替ヘッジなしに限る 2012/09/05
外国債券に安定を求めるならば 2012/11/18
ヘッジ外債とヘッジなし外債の歩みを比較 2013/01/21

・・・うわぁ~出るわ出るわw まるで定期ポストみたい
NightWalkerさんとは為替ヘッジといい高配当株式が好みだといい考え方が近いのかもしれません

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None