※記事公開後からアブラハム社さんといくつかやりとりがあったので更新

2013/02/19更新

いつかはゆかしをご存知でしょうか?
ネット広告などで最近良くみるので知っている人も多数だと思われますが毎月5万円の積立で1億円を目指す投資助言会社です
いつかはゆかし
そして個人投資家が選んだ積立したい商品第1位を獲得したそうです
素晴らしい!・・・ん?どういう選考基準で他の積立商品がどんなランクインをしたのか気になる・・・。

個人投資家、損益ゼロはわずか7% 損失平均額はマイナス525万円にも - MONEYzine
「いつかは ゆかし」が積立1位になった理由とは? - いつかはゆかし公式ブログ
アラフォーに人気の「積立商品」ランキング、第1位は?(富士経済調べ) - MSNマネー
「いつかは ゆかし」が「積立したい商品」ランキングで第1位に選ばれました - アブラハム・プライベートバンク
日経ビジネス12月3日号(p.84)
週刊文春 12月13日号(p.117)
調べてわかったことは国内投信2社、総合証券1社、ネット証券大手2社とアブラハム社の計6社のようです

アンケート調査概要

<調査期間>2012年11月20日~2012年11月26日まで
<調査対象>日本国内に居住している30歳~49歳の個人投資家(何らかの投資を行っている人)で、積立投資に興味がある人
<調査方法>WEBアンケート調査
<有効回答数>300人
<調査機関>株式会社富士経済

いつかはゆかしが第一位を獲得

「いつかは ゆかし」が「積立したい商品」ランキングで第1位に選ばれましたより引用


勝手ながら順位予想してみました

国内A証券はSBI証券
国内B証券は野村證券
国内C証券は楽天証券
国内D投信はさわかみファンド
国内E投信は鎌倉投信・・・・・違うかな?

答えはどうなんだろ?ってことで富士経済さんで調べてみました
ちなみに上記にあるリンクすべてが富士経済調べになっていますしMONEYzineで書かれているアンケートは富士経済さんとアブラハム・プライベートバンク社の共同アンケート調査のようです

市場調査会社である富士経済さんは過去に調査したレポート一覧を拝見することができます
少し見るだけで素晴らしい調査とレポート内容であることがわかります
いつかはゆかしのリンク先を見ると『5月21日から6月18日にかけて投資実績に関するアンケート調査を実施』と『調査期間2012年11月20日~2012年11月26日』とあります
これなら探すのも簡単・・・あれ?ない!?・・・レポートを探しても見つかりませんでした

そんなこんなで先週から直接富士経済さんに問い合わせをしていたのですが先ほど返答が来ましたので報告します♪

質問内容

『いつかはゆかし』のネット広告にある御社による調査について質問させて下さい

http://blog.itsukaha-yucasee.jp/about/247/
http://abraham-bank.co.jp/news/20121206.html
http://moneyzine.jp/article/detail/204688

上の2つのリンクは『調査期間2012年11月20日~2012年11月26日』と思われます
3番目のリンクでは『アブラハム・プライベートバンクは富士経済と共同で、累計投資金額300万円以上の個人投資家1,000人を対象に、5月21日から6月18日にかけて投資実績に関するアンケート調査を実施』と書かれています

しかし御社のレポート紹介を拝見しても「積立投資をしたい商品・サービス」についての調査がわかりませんがどこで詳細がわかるのでしょうか?
回答の協力をよろしくお願いします



回答内容

とよぴ~様 ※実際のメールは実名です

お問い合わせありがとうございました。

お返事が遅くなりましたが、社内、社外と確認作業などを行い、
ご指摘いただきましたアブラハム・プライベートバンク様に対し、
弊社名の表記などの削除を要請し、対応頂くこととなりました。

ご連絡、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。



ご連絡、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。


ご連絡、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。

ご連絡、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。


ご連絡、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。
・・・知らんかったのか???

どうやら富士経済さんはこの広告の存在そのものを知らなかったようです
再度、アブラハム・プライベートバンク社との関係や調査の事実について聞いてみたのですが

当社ではお取引先企業多数と業務請負にともなう守秘義務契約がありますので、
ご指摘の会社との関係につきましても、またご指摘のデータの真偽もお答えできません。
ご指摘の会社に直接ご確認下さい。


そりゃそうだよな・・・とりあえず【富士経済調べ】とある表記などは今後削除されるかもしれません

もしもこの調査記事が大切だと思うのならばリンク先をキャプチャーして保存してくださいね。

2013/02/28更新

その後にアブラハム社さんの公式ツイッターから連絡がありました


これは以前の記事ソーシャル時代の面白さ・恐ろしさでも書きましたが「回答の件については自分の氏名など個人情報があるのと発信元の富士経済さんの許可ないのに原文メールを転送しろって言うのは社会人としてどうかなと思いお断りさせて頂きました」です

その後に富士経済さんとやり取りがあった(らしい)ので続報が到着しました


富士経済さんが「弊社名の表記などの削除を要請」をしているのにアブラハム社さん側に著作権があって現在も記事(広告)内容を修正してないのは疑問に思ったので質問をしているのですが連絡が途絶えてます

ご質問等があれば当社宛にお願いします」とのことなので疑問・質問などはアブラハム社さんの公式ツイッター宛に連絡してみてはいかがでしょうか?
もしも自分の疑問の回答が誰かわかりましたら是非とも連絡よろしくお願いします

こちらからは以上であります

スポンサーリンク

 タグ
None