エクスペンスレシオ(日本で言う信託報酬)の低コストで個人投資家から絶大な信頼を寄せるバンガードの人気ETFが今回またまた低コスト化を発表しました

バンガードETF™ (VGK, VPL, VSS, VT, VWO)エクスペンスレシオ改定のお知らせ


ティッカー名称2013年3月現在改定前
VGKバンガード・MSCI・ヨーロッパETF0.12%0.14%
VPLバンガード・MSCI・パシフィックETF0.12%0.14%
VSSバンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF0.25%0.28%
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF0.19%0.22%
VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF0.18%0.2%

※エクスペンスレシオは毎年決算日毎に見直され変動します
※エクスペンスレシオとは、ファンドの平均資産残高に対する運用その他の経費の比率(%)です

重要なのは「バンガードでは低コストではなくアットコスト(適正なコスト)と呼んでいる」という一点でしょう(いい投資"探検日誌 from 新所沢より引用)
そう言えば今週放送したカンブリア宮殿に登場したアルペンも低コストではなく適正なコストが求められているような発言をしていたなぁ~。

アナリストの視点(ファンド) 0.1%のコスト差は20年複利では約5%の差異にによると実質信託報酬等(税込)平均の推移は上昇傾向にあります

実質信託報酬等(税込)平均の推移 ※モーニングスター社より引用
実質信託報酬等(税込)平均の推移

このグラフの注意点としては単純にファンドが高コスト化したのではなくコストが掛かる新興国や通貨選択型ファンドの比率が増えたのが要因です
※リンク先の主要カテゴリー別(株式)の実質信託報酬率(税込)平均の推移にも注目

違った面から見ると同じようなアセットクラスの信託報酬は横並びでコスト削減に向かった動きは極めて少数派になっているのが日本の現状といえます
なぜこうなっているのかは日本では純資産の伸びと共に低コストするのは運用会社のみであって削減したコストは販売会社の取り分に向かいますので支払う投資家にはまったく恩恵のないのです
参考記事 販売会社が強すぎるファンドは苦手だな

純資産の伸びに応じてコストが低減されるのではなく
純資産が伸びれば販売会社の実入り額が大きくなっているのです

これは「売れれば売れるほど販売会社さんが儲かりますから是非とも気合を入れて売って下さい!」・・・そんな感じで運用会社の顧客目線は投資家ではなく証券会社に向いています

販売会社が強すぎるファンドは苦手だなより


これをグロソブ方式とでも呼びましょうかw
いや・・・笑えないところでした(汗)

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None