本日からNEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN【2035】が登場しました
日経平均株価に関するボラティリティ指数(日経平均VI先物指数)に連動する投資商品となります

銘柄コード2035
銘柄名NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN
対象指標日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数
信託財産ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ発行の外国指標連動証券(外国債券)
上場取引所東京証券取引所
上場日2013/04/19
上場日前々日の基準価格100,000円
売買単位1口
決算日毎年4月30日
分配金原則として分配金はありません
信用取引買いのみ制度信用可能
管理費用0.95%
このETNはよく理解したうえで使用しないと痛い目にあいます・・・中・上級者向けの投資商品なのです
日経平均VI先物指数とあるように先物指数に連動する商品です

「日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数」は、この指数を構成する日経平均VI先物の限月間に通常、価格差があるため、本ETN/JDRの満期時または償還時に支払われる金額が、その価格差がなかった場合と比べて、減少する可能性があります
したがって、本ETN/JDRは、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。

NEXT NOTES ウェブサイトより引用


ここにある赤字は日経平均VI先物指数ETNを理解する超重要なポイントです
満期1ヵ月の日経平均VI先物を合成し・・・」とNEXT NOTES ウェブサイトで紹介されていますがこれは「VIX短期先物指数」(1552)と同様です
VIX短期先物指数(1552)チャートを1年・6ヶ月・3ヶ月と切り替えて移動平均線を見てみるとわかりますが下げ相場のトレンドを見るようです
これは指数が下げトレンドなのではなく平常時の場合だと減少する仕組み(コンタンゴ)の影響
日経平均VI先物指数ETNを購入するということは下りのエスカレーターを逆走する感覚です

指数上昇 → 日経平均VI先物指数ETN上昇
指数横ばい → 日経平均VI先物指数ETN下落
指数下落 → 日経平均VI先物指数ETN下落

それならば信用取引で下げトレンドに乗っかれば儲かりそうだと感じるかもしれませんがこの日経平均VI先物指数ETNは買いのみ制度信用可能・・・カラ売り出来ません
VIX短期先物指数(1552)も同様にカラ売り出来ません
   ↳1552はカラ売り出来ますm(__)m 通りすがりさん情報ありがとうございます


使い方はこれからマーケットが荒れると予測しピンポイントで購入できる投資家に限ります
2012年の騰落率は -42.7%(2012年2月27日の100,000ポイントを起点)となっていますがこんな傾斜の激しいコブだらけの斜面を転ばずに無傷で滑走できるプレーヤーは神です
自分は神ではないのでヘッジとしての短期での利用も参加しません
日経平均VI中期先物指数ETNも登場すればカラ売り目的で興味もあります

【PR】今回紹介した日経平均VI先物指数ETNは各ネット証券から購入できます
SBI証券 マネックス証券 楽天証券 カブドットコム証券

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None