楽天証券がNISA口座で外国ETFや米国株を対象と発表してから1週間・・・SBI証券でも外国株式(海外ETF)がNISA(ニーサ)口座に対応することとなりました(SBI証券)

SBI証券では以下の商品の取扱いを予定しています。

  • 国内株式(国内ETF、REITも含む)
  • 投資信託
  • 外国株式(9カ国:米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)※海外ETFも含む

今回のSBI証券が海外ETFでもNISA(日本版ISA)口座に対応したことでマネックス証券も動かざるを得なくなりました・・・だって海外ETFを利用している投資上級者はNISAについての理解もあるでしょうし楽天証券・SBI証券でNISA対応していてマネックス証券だけ非対応でしたら・・・大きな痛手でしょう
急かしてはいませんよ♪なにしろ5月です・・・まだ半年以上ありますから特定口座と一緒に発表なんてサプライズがあれば魅力度が大逆転です

それにしても楽天・SBI・マネックスの関係って牛丼の争いとダブって見える時あります

最初に仕掛ける楽天は[すき家]
すぐに追っかけてサプライズを殺すSBIは[松屋]
周回遅れで後追いするマネックスは[吉野家]

こんな例えをしてみたら少し独自路線を行くカブドットコム証券は[東京チカラめし]に見えてきた♪
あなたはどこの牛丼がお好み?自分は味は吉野家が好きだけど家族で食べるのは圧倒的にすき家
近所に東京チカラめしがあれば一度は食べてみたいなぁ~って感じです

証券会社もNISAも関係ないって?
まぁ・・・日本版ISAの話を真剣にするのは秋以降でも十分間に合いますから

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None