バンガード

バンガードの海外ETFに米国増配株式ETF(VIG)米国高配当株式ETF(VYM)米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)の3本のETFが新規取扱開始となりました(バンガード)
米国増配株式ETF(VIG)
バンガード・米国増配株式ETF(VIG)

「バンガード・米国増配株式ETF(VIG)」は、NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックスへの連動を目指します。
このインデックスは、10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されています。
VIGの経費率は0.10%と、同種同等のETFの平均に比べ1/3以下の低いコストを実現しています。


米国高配当株式ETF(VYM)
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

「バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)」は、FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動を目指します。
このインデックスは、米国大型株の中でも、配当利回りが平均以上の実績を持つ銘柄で構成されています。
VYMの経費率は0.10%と、同種同等のETFの平均に比べ1/3以下の低いコストを実現しています。


米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)
バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)

「バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)」は、バークレイズ米ドル建て新興市場政府債RIC基準インデックスへの連動を目指します。
このインデックスは、 新興市場国の政府、政府機関、および国有企業が発行した、残存期間が1年超の米ドル建て債券で構成されています。
VWOBの経費率は0.35%と、同種同等のETFの平均に比べ、約2/3の経費率を実現しています。


※解説はリンク先であるバンガードETF【VIG、VYM、VWOB】新規取扱開始のお知らせより引用
※画像は解説リンク内の各ETFファクトシート内より引用


まだ13本ものバンガード商品がラインナップ予定


今回3本の新規取り扱いETFの発表でしたがバンガードでは新たに16本のETFについて9月27日付で金融庁への届出を完了しています
つまり13本ものバンガードETFがラインナップ予定です
何を届けたのか楽しみですね
個人的には新たなETFの取り扱いを金融庁へ届けをだすのではなく
既存のVTやVWOなどニーズの高いETFを東証へ重複上場するための金融庁への届出を期待したいところ

何はさておき今回の3本はグッジョブ!
特に米国高配当株式ETF(VYM)はこのブログ方針に向いているし購入したい気持ちもあります
マネックス証券の海外ETF手数料最低5.25米ドルに変更したこともNISAでの手数料がキャンペーン競争になったりこれを機会に米国株取引口座の開設もありかな
特定口座対応の発表と同時に祝として手続きになりそうな感じも・・・。

[PR]今回紹介したバンガードの海外ETFはこちらのネット証券から購入できます
SBI証券 マネックス証券 楽天証券

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None