投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

今回の投票に至るまでの過程が長いので目次を作成しました
こういった読者に対する「おもてなし」の心を当ブログから学んで帰っていただきたい所存です。

[目次]
  1. 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearとは
  2. 自分の投票スタンスについて
  3. 過去の投票はこんな感じでした
  4. 今回foy2013でのノミネート候補ファンドはこちら
  5. 今年は投票ファンドと配分を公開

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearとは


猫画像4
by d1-04.twitpicproxy.com

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。


雑誌や格付機関では純粋な票ではなく宣伝・広告行為でランキングに左右される可能性があります
この投票では個人個人が『いいね』と感じたファンドに願いをこめて5票を投じる純度の高いイベントです
自分もブロガーのはしくれとして第一回から投票しています

自分の投票スタンスについて


猫画像3
by twitpic.com

各自いろんな願いを込めて投じるのですが自分の場合は1年1年選択するファンドを変えています
本来ならば実際に投資しているファンドの中から選択するのがスジなのでしょうが自分の場合は投信ブロガーの一員として様々なファンドを探したり紹介している立場から『これこそが今年を象徴するファンド』って視点で毎年「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」を見ています

例えば東日本大震災のあった2011年は『セキュリテ被災地応援ファンド』に全力で投票しました
ランキングは当然ながら圏外でしたがなんら悔いはありません

過去の投票はこんな感じでした


猫画像
by twitpic.com

今回で7回目になるのですがいままで投票してきたファンドを振り返ったことがありません
投票先の記憶を失わないうちにブログで初公開してみます
もしかしたら投票の配分が間違っているかもしれませんがファンド名は正しいはず

2007年
マネックス資産設計ファンド 4票
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 1票

2008年
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 3票
STAMグローバル株式インデックスオープン 2票

2009年
世界経済インデックスファンド 2票
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 2票
ニッセイ日経225インデックスファンド 1票

2010年
世界株式インデックスファンド 2票
STAMグローバル株式インデックスオープン1票
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 1票
上場インデックスファンド日本高配当 1票

2011年
セキュリテ被災地応援ファンド 5票

2012年
SMT グローバル株式インデックス・オープン 3票
Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型 2票

今回foy2013でのノミネート候補ファンドはこちら


猫画像2
by p.twimg.com

以前の記事2013年 ブログで取り上げたファンドでもいくつものファンドをピックアップしてきましたが今日に至るにあたって『今年はこれかな!』ってところを厳選してみました
今年はすべて新設ファンドとなっています

  • 野村日本株高配当70
  • 上場インデックスファンド日経225(ミニ)
  • EXE-i グローバル中小型株式ファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型
  • 米国高配当株式ETF(VYM)
  • eMAXIS 新興国リートインデックス


今年は投票ファンドと配分を公開


猫画像 水瀬さん
by randomwalker.blog19.fc2.com/

投票後~投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year発表の間に投票したファンドを公開することは今回がはじめてとなります
最終的にはこちらのファンドに投票させていただきました

投票フォームに書いた内容野村日本株高配当70 3点
現在保有している高配当ETFのひとつ
ブログタイトルがこんなだから投票しないわけにはいきませんw

野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型 2点
ありそうでなかったアセットクラスの登場
安定を求める人には為替リスクをヘッジした債券はもっともっと評価されるべき

投票に至らなかったファンドにはまだまだ新しすぎて実質コストの判明後に見直されていくものもあるでしょうしニッセイについては外国株式インデックスなどの登場により興味の矛先が変わってしまいました



画像は一部を除いてこちらを参考にさせていただきました
ブログオブザイヤーはいただきます♪
一部のブロガー様 毎度ながらご迷惑をおかけしておりますm(__)m

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None