お金・賃金・マネー

晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドさんがマネックスラウンジで「こんなETFが国内市場に欲しい!」という要望をまとめています

第42回 運用会社さん、国内市場にこんなETFを! 【ETF解体新書】|マネックス証券

内容を要約すると

日本国債ETF
日本社債ETF
日本地方債ETF
日本バリュー株ETF・グロース株ETF
アジア株ETF
ASEAN株式ETF(東南アジア諸国連合に加盟する国々)
G20ETF(G20首脳会合のメンバーである主要20ヶ国・地域)
OECDETF(経済協力開発機構の加盟国34ヵ国の株式)
グローバルセクター株式ETF
通貨ETF
先進国REITETF(日本以外の先進国のREIT)
ヘッジ型ETF(ロング・ショート、グローバルマクロ、マネージド・フューチャーズなど)

自分も「こんなETFが国内市場に欲しい!」という要望をまとめてみます

国内債券インデックスETF
NOMURA-BPI総合指数に連動するETF
カンさんはコラム内で短期国債ETF(残存期間が12ヶ月未満の国債ETF)。中期国債ETF(2-5年)(残存期間が2~5年の国債ETF)。長期国債ETF(10年超)(残存期間が10年超の国債ETF)。と3種の国債、さらには社債・地方債を分別してETFを要望していますが自分はそれら別々の債券を管理するのが面倒くさいので全部入りなNOMURA-BPI総合指数に連動するETFを運用会社さんにお願いします

バリュー株ETF
グロース株ETFはROE基準のETFとして来年にも登場しそうな感じ(該当記事)ですが個人的にはバリューETFのほうが本命

外国債券ETF 為替ヘッジ型
上場外債がありますが毎月分配型ではなく分配月はせめて4半期でいかがでしょうか
さらには為替ヘッジ型であればいうことないです♪



MAXIS-ETFシリーズでは過去に三菱UFJ証券 商品企画部の代田さんが

「ETFは一時的な流行やブームに合わせて設定するのではなく、資産運用で中心的な役割を果たすツールとして提供すべきだと考えている。そのためには、最低でも主要な4資産(国内外の株式・債券)をそれぞれカバーするETFが必要だ。


このようなコメントを残しています(該当記事
かれこれ3年・・・そろそろいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None