セゾンバンガード・グローバルバランスファンド基準価額1万復帰

セゾンバンガード・グローバルバランスファンド(青色)の基準価額が11,574(2013年12月29日現在)で、設定日であった1万を今年の株価上昇で回復できました。
基準価額の現在値なんてものは設定日しだいですし、普段はいくらになろうが気になる存在ではありません。

ただセゾンバンガード・グローバルバランスファンドの基準価額だけは、他の世界経済インデックスファンドやeMAXISバランス、Funds-i海外5資産バランスなどと違う意味合いでウォッチしてきました。

セゾンバンガード・グローバルバランスファンドの設定日2007-03-15を忘れない


基準価額だけを見れば、世界経済インデックスファンドの18,413(2013年12月29日現在)のほうが高い。
問題なのはセゾン投信が船出した2007-03-15・・・あの時期からリーマン・ショックに向かう嫌な流れがありました。

中国・上海市場の急落を発端とする「世界同時株安」 → 2007年2月27日
まもなくセゾン投信が登場! → 2007年3月15日
サブプライム・ショック → 2007年8月
リーマン・ショック → 2008年9月15日

なんというか、世界経済がハシゴを登り切った頂点でセゾンバンガード・グローバルバランスファンドが登場して、そのままハシゴが外されたかのように世界は不景気のドン底へと突き進んでいきました。
これは、上記のTOPIXとの比較グラフであるTOPIX(赤色)の下落を見ればわかります。

セゾンバンガード・グローバルバランスファンドで分散投資の重要性を再確認


このファンド1本で世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資することができます。
株式と債券の投資比率は原則として50:50となっています。だからリスクを分散して安定した運用成果が期待できます。

ホームページより抜粋


国内株式オンリーだけでは、まだ当時の株価に到達できていません。
もちろん選択する国やアセットクラスを間違わなければ、国際分散投資よりもハイパフォーマンスは可能です。
そのような選択集中投資をする場合は、大きくアウトパフォームする場合もあれば、大きくアンダーパフォームする可能性もあります。

株式投資が、趣味としてではなく資産運用の手段として考えているのであれば、国際分散投資はよりベターな選択となります。

(こちらでも関連記事として紹介しています)
2015.05.24 セゾン号1000億突破!歓喜する乗客!列車は進む!

[PR]今回紹介したセゾンバンガード・グローバルバランスファンドはこちらから購入できます
セゾン投信

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None