お金・賃金・マネー

東証に上場しているiシェアーズETF-JDRに関する分配金について今までとは違った事実が見えてきました

i シェアーズ ETF-JDR の分配金確定のお知らせ(PDF)

現在のところ、上記ETF-JDRの信託財産である外国ETFの分配金には、米国において30%の現地源泉税率が適用されています。

分配金の受け取りに際し、登録配当金受領口座方式、個別銘柄指定方式および配当金受領証方式を選択し、分配金を受領する受益者は、上記ETF-JDRに係る分配金の支払いを行う受託者によって行なわれる外国税額控除を受けることができます。一方、株式数比例配分方式を選択し、分配金を受領する受益者は、受託者による外国税額控除を受けることはできません。また、実質的な支払の取扱者に当たる証券会社については、外国税額控除を行う義務が適用されません。したがって、株式数比例配分方式により分配金を受領する受益者は外国税額控除を受けることができません。

上記内容は、本お知らせ発表日現在の状況に基づくものであり、今後内容が変更される場合があります。

30%の現地源泉税率を取り戻す外国税額控除について


  • 株式数比例配分方式 →×
  • 登録配当金受領口座方式 →◯
  • 個別銘柄指定方式 →◯
  • 配当金受領証方式 →◯

外国税控除を自分でするのではなく分配金の支払いを行う受託者(三菱UFJ信託銀行)によって外国税額控除が行なわれます

希望の光どころか楽チンじゃないのこれって!?
さらにスープカレー三昧さんのブログによると松井証券では

「株式数比例配分方式」を選択されている場合でも、当該銘柄の配当金の受領方式は、「配当金領収証により郵便局等で受取る方式」となります。
そのため、外国税額控除が行われた金額を受取ります。


こんな驚きの回答もありした!
iシェアーズETFの見解株式数比例配分方式を選択し、分配金を受領する受益者は、受託者による外国税額控除を受けることはできませんとまた違う回答ですので証券会社によって微妙に違うようです

(参考記事)
iシェアーズETF 外国税額控除の必要なし!?:スープカレー大好き!サラリーマン投資家によるコツコツ投資・資産形成ブログ

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None