しくじり先生
※しくじり先生 俺みたいになるな!! テレビ朝日(公式YouTube)より

(2015年4月2日)
記事タイトルを『最近よくみるテレビ番組(2015年1月)』から変更し内容も刷新しました。


最近、よく観るテレビ番組のことを書いていないので、久しぶりに紹介。
…と言っても、今回紹介するのは林先生の痛快!生きざま大辞典しくじり先生 俺みたいになるな!!の2番組のみです。

(過去記事)
テレビは考えるチカラを奪う
現在観ているテレビ番組 2010年冬
現在観ているテレビ番組 2012年

しくじり先生 俺みたいになるな!!


4月20日(月)よる7:00から、放送時間が深夜枠からゴールデンに移動しました!

しくじり学園では、普通では考えられないくらい大きな失敗をしてしまった「しくじり先生」が、『自分のような人間を増やすまい!』という熱意を持って生徒たちにしくじった経験を日夜教えています。

「しくじり先生」は世間一般では、「ダメ人間」と称されているひとたちかもしれません。しかし!
実は「ダメ人間」から学ぶことこそ貴重な教材なのです!
先生たちの合言葉は、俺みたいになるな!!

公式ホームページより抜粋


成功話より失敗話のほうが好きなんです。
人の失敗をみて笑うのが好き…という意味ではありません。

成功よりも失敗から学べることのほうが多いってことです。
そんな失敗話を毎週見事にエンターテイメント化したのが『しくじり先生』

先生ということで、教室で教科書を手に取り生徒に教えていくスタイルなのですが、レギュラーの生徒(若林正恭 …学級委員長、吉村崇、澤部佑)のツッコミも神がかりに冴え渡っています。

これは企画の勝利みたいなもんです。

林先生の痛快!生きざま大辞典


※2015年3月24日放送をもって終了します。

偉大な先人の生きざまに学べ!
予備校講師・林修が熱血解説
現代に生きる人々への指針になるような情報が満載!

今やテレビでも大人気の予備校講師・林修が、偉人の生きざまにスポットを当て、知って得する&タメになる知識を紹介する。
「世界に挑んだ日本人」「チームワークが生んだ奇跡」「奇妙な運命」「驚きの大失敗」などのテーマにもとづき、その日取り上げる人物の生涯をVTRで紹介し、林がこれぞ生きざま!と思う事柄について解説。ゲストとの質疑応答を交えながら、偉人の生きざまを深く掘り下げていく。
自らも波乱万丈の人生を送り、成功をつかんだ林ならではの言葉は熱く聞く者の心に響くだろう。

公式ホームページより抜粋


毎回、様々な偉人を紹介していく番組ですが、知っている偉人もいれば、聞いたこともないような偉人も登場します。

好きな理由(よく観る理由)は、なんといっても圧倒的なボリューム!

ゲストとの質疑応答から、話が脱線することもよくあるパターンですが、何冊もの偉人に関連する著書の中から、林先生が紹介する場面があります。
その時に、林先生が手に持っている著書にある付箋の数がハンパない。

番組制作者もしっかり調査しているのですが、MCの林先生も時間をかけて調べていることがよくわかります。

チョイチョイと番組進行から外れて、膨大な文献から展開させていくシーンは面白いですし、脱線から最終的にはうまくまとまっていく編集力もスゴい。

本としてあまり残っていない偉人の話は、その会社の資料・部下からの話や、兄弟や子孫からの話などで作られていくところもあるので、本だけでは知ることもできないような情報を知ることもあるでしょう。

MCが林先生ということもあり、違う話題(別の偉人・哲学)との繋がりもまた好きなところ。

次回予告をみると、来月はスティーブ・ジョブズや孫正義などをテーマにしているようなので気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

他にもテレビは観るけれど


過去記事で紹介したテレビ番組で現在でも続いているものは見ています。
ただ、これを観るのを心待ちにしている!って意味では、今回紹介した林先生の痛快!生きざま大辞典しくじり先生 俺みたいになるな!!の2番組が群を抜いています。

ちなみに今回の2番組は深夜枠ですので、観るのはいつも録画して翌日以降です。
※しくじり先生はゴールデン進出、林先生の痛快!生きざま大辞典は番組終了しました。

スポンサーリンク